【スパクロ】ペルフェクティビリティ[Ω]、ネオ・ジオング、ナラティブ(A装備)を評価(#449)

うどん
公開日時

バンダイナムコエンターテインメントが配信中のiOS/Android用アプリ『スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)』のコラムを更新。『スパロボ』歴25年のライターうどんの無課金連載コラム第449回です。

※攻略内容やガシャに関する情報などは、基本的に執筆時点のものです。最新のゲーム内容とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

連載第449回:サイコ・フレームを通して出る光を感じない…

 いえいえい。進撃イベント“超越並行世界の旅であります!”の真っ最中、みなさん周回してますかあああ!

 はい、イベントストーリーで『ナラティブガンダム』のDVDが近々(5月24日)発売されることを知ったうどんさんです。うどんさん、『ポケ戦』『ν』『F91』『UC』あたりのDVDは持ってるので買っておくかなあ、みたいなダイマ。ゾルたーん!

  • ▲人気キャラだと信じてるんだけど、今回新ユニット無しのゾルタンたん。IIネオ・ジオングはよ!

 というわけで特効SSRの残り3機について。

盾 SSR ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ[Ω]

【ユニットデータ】盾 SSR ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ[Ω]

 ユニコーンモード、デストロイモード、結晶、覚醒、フルアーマーに続く6機目のユニコーンガンダム、その名はペルフェクティビリティ! はい、派生の多さは人気の印。これ略称は青コーンとかペルコーンとかでいいんですかね!?

 そんな青コーンの性能は、エース級の盾大器に多い広範囲攻撃持ちユニット。攻撃速度大アップ効果の素早いモーションで敵をざっくざっくまとめて斬り捨てていきます。

 バリ貫+防御無効でダメージの安定感にも優れており、とくに征覇28Cは範囲攻撃+防御無効+装甲一部無効で完全適応。

 安定した火力の範囲攻撃持ちなんですが、ダメージそのものは大アップ止まりなので対ボスの瞬間火力には欠ける感じかしら。まあそこはΩ必殺でズドンと!

〇ペルフェクティビリティの強み
・通常攻撃がファイターめいた広範囲属性
・攻撃速度アップ、防御無効で安定ダメージを量産
・装甲一部無効で征覇征覇28A、28C対応機

×ペルフェクティビリティの弱み
・単体への通常攻撃ダメージは普通程度

  • ▲Ω必殺演出! ダメージ倍率は100%×6+800%=合計1400%。た、たぶん。

【Vアビ評価】

 命中と火力を兼ね備えた、コス12の単体乱舞エースユニット。いつもの火力計算で、PAガンファイトのみだと880941とアルトΩ級。ガンファイト+必殺アップなら1174588と底力特式カレン級。盛りに盛って突破戦術+ガンファイト+必殺アップなら1594084となんかもう凄い。

 命中アップ+ガンファイトでしっかり回避系を捉えられるPA構成(必殺命中+750%)にしたいところですが、その場合は自前行動が+3000止まり。突破戦術を入れると行動+1500まで伸ばせる反面、命中率は-100%。命中を取るか、火力と行動力を取るか、状況次第でPA構成を使い分けられれば理想なんですが、そこはほら素材がががが。

 かなり強烈な必殺ですが、コアアビを持たないので初手のコア4確保は必須。ここでハリー大尉のスモーがいればベストパートナー。ただ、2発目以降のことを考えるとコア獲得役そのものが欲しいところ。ほのかとか?

 ちなみに必殺に装甲無効がないので、装甲極まったグレンダイザーあたりは苦手かも。必殺アップを取れば一発200%なので倍率+浸蝕でなんとかなるかもしれませんが、保証はできかねます! 一方、浸蝕で被弾回復のアルトアイゼンや13号機の撃破は得意とするはず。

 なにげに反撃性能が強烈で、3連続の通常攻撃は無効無効浸蝕山盛りかつ反撃確率100%。特殊装甲や自前ダメ軽減60%(プロテクション習得で最大100%)、4度の特殊タフネスである程度の自衛も可能です。ただ、被弾強化をはじめ、極端に優秀な防御アビを持つというわけではないのでトップ環境でカウンター壁役を務めるのは厳しいかなあ。

 運用するなら行動の中途半端さを支えるため、一気呵成組の随伴は不可欠。ランクマ11想定なので、コス1一気呵成×3+コスト5ユニットが想定されます。そこは相手次第ではあるんですが、正直随伴負けしやすいコスト配分。

 総じて火力強烈で、自衛力も悪くないというコスト12らしいスペック高のバランス機。ただ、コス12機って総じてそう突き抜けた性能ではないので、随伴負けしやすくなかなか運用難しい面も正直あったりなかったり(鍛え上げたヴァンレイズΩを見ながら)。

〇ペルフェクティビリティの強み(Vアビ)
・高命中高火力の乱舞必殺
・浸蝕性能が被弾回復相手に刺さる
・反撃能力もかなり高め

×ペルフェクティビリティの弱み(Vアビ)
・装甲無効、コア獲得アビを持たない
・バナージ自身のPAと精神が微妙
・コスト的に随伴負けしやすい

  • ▲防御性能は高い部類なんですが、今どきの壁役を務めるほどでは……という程度。壁役が必要ならカイザーΩのような低コス機を随伴させたいッス。
  • ▲バナージ君、PAと精神が主人公系ではかなり微妙だと思う元FAUC愛好者。突破戦術がマークスマンなら……。

B SSR ネオ・ジオング

【ユニットデータ】B SSR ネオ・ジオング

 通常攻撃の吹き飛ばし効果アップを持つ強ノックバックブラスター。

 敵を近づけさせないことに長けるほか、攻撃を当てるごとのヒットアップアビ持ち。こちらはカンスト25回で攻撃力+50%にCRTダメ+25%上乗せと、長丁場では攻撃面が大きく底上げされます。クリティカルが出ないともったいないので、できれば随伴機や強化パーツでクリティカル率は上げておきたいところ。

 ちなみに分身状態の敵に対して命中特大アップは征覇30Bで有効なんですが、普通の命中アップアビを逆に所有しておらず、回避率の高い相手がこっそり苦手だったり。

〇ネオ・ジオングの強み
・強ノックバックで敵を退けさせやすい
・長丁場で大火力を発揮
・征覇28B、30B対応機

×ネオ・ジオングの弱み
・命中アップとCRT率アップアビを持たない

  • ▲Ωクロスカットイン! ダメ倍率はたぶん900%。自分中心なので敵陣でGO!

【Vアビ評価】

 高命中の全体必殺を持つ特殊装甲系壁役ユニット。防御性能がなかなか素晴らしく、プロテクション習得で自前ダメ軽減は120%。80%ダメ軽減の特殊装甲はPA回復バリアと非常に相性がよく、運用するなら是非PA回復バリアをカンスト(特殊装甲発動時にHP60%回復+状態異常回復)しておきたいところ。とくに自前の状態異常耐性は100%のみで無効系を持たないので、PA回復バリアでの状態異常回復はありがたいはず。

 特殊装甲剥がしを持たない相手にはめっぽう強く、HPアップ+プロテクション+回復バリア習得でそう易々とは落ちない頑丈な壁役に仕上げることが可能です。まあ特殊装甲剥がしを持つ相手はどうしても苦手で、そこが防御面の大きな弱点ではあるんですが。

 一方、攻撃面は素で必殺命中+400%。直感+マークスマンで+650%。相手の特殊装甲剥がしと回避の大幅デバフ(-150%)、それと浪費化+2のおまけつき。防御性能を落として命中アップを入れれば最大+800%となり、回避系に強烈な一撃を放ちつつ回避デバフで凡庸化させることも不可能ではありません。

 ただ、Vコスト8は防御性能だけの壁役専門家として使うにはちょっと重たく、運用するなら攻撃方面も利用しないとコストの元手が取れないかも風。組むならSKLやF91あたりの高コスト火力機と組んで、壁役と特殊装甲剥がし役を務めつつ、空きコストに1コス一気呵成勢を入れるとかとか。

〇ネオ・ジオングの強み(Vアビ)
・自前ダメ軽減120%の壁役
・特殊装甲+PA回復バリアが相性抜群
・高命中の全体必殺は回避デバフ、浪費化、特殊装甲剥がしあり

×ネオ・ジオングの弱み(Vアビ)
・特殊装甲を剥がせる相手には弱い
・壁役だけで利用するには重コスト

射 SSR ナラティブガンダム(A装備)☆

【ユニットデータ】射 SSR ナラティブガンダム(A装備)☆

『0083』イベのときにデンドロビウムが来ないなーと思ってたら、『ナラティブ』でA装備がやってきた! いやあ、アームドベースはロマン。最近キラ准将をあまり見ない気がするので、ここはミーティア先生にもがんばっていただきたい。

 で、そんなやたらかっこいいナラティブA装備は、通常タイプのシューターながら敵陣で攻撃力特大アップ(と移動速度、回避大アップ)を持つという珍しい手動突貫ユニット。攻撃力アップはたぶん+50%。

 自陣だとけっこう鈍足なのがネックなんですが、ヒットアップ最大25回でびゅんびゅん加速。敵エリア内での移動大アップもあり、敵を落としながら敵陣で手動操作するとかなりのスピード性能を発揮します。まあ手動操作そのものが手間ですし、普通のステージではあまり使う機会はないと思うんですが! むしろフルオート放置だと鈍足のままで並シューター級。

 また、レアなアビ効果として“必殺スキルに回復阻害効果を付与”を持ちます。これは相手の回復量を低下させるというもので、すわ26Bこれで余裕か! と、思ったんですが26Bでは効果実感できず。26Bの敵は100%回復だからかしら……。って、このネタ2回目な気がする! 調べてみたらB装備☆のときだ!

 26Bほどではない回復系の征覇ステージがもしか出たら有用かなあ……。あ、旧40がそんなステージだったような!?

〇ナラティブA装備☆の強み
・敵エリア内で攻撃力+50%!
・ヒットアップ込みで敵陣での回避率が高い
・レアアビの回復阻害効果持ち

×ナラティブA装備☆の弱み
・性能を活かすには手動操作必須
・回復阻害の使い道が現状乏しい

  • ▲Ωクロスカットイン! ダメ倍率は900%。
  • ▲今回の回復阻害も26Bには関係ないぜ!

【Vアビ評価】

 初手行動力はVアビのみで+3300。マークスマンを足して+4800。インファイトを足して+5600。初手の高速一撃に賭けた低コス火力枠で、装甲無効、軽減50%無効(PAで最大100%無効)つきの必殺は敵アタッカーをガッツリ削ることに長けています。

 ただ、単発必殺なのでタフネスを落とすことはできず、防御能力もほぼ無し。

 ナラティブA+ほのかなら、先手ナラティブで一発ぶち抜いたあとのほのか連射でアルトアイゼン+オルドリン組を倒せないかなあ。

 コスト2の報酬機なので多くは望めませんが、高速大火力の1列必殺を放てる……という1点で、攻めでの使い道自体はある機体です。育成素材を回すかどうかはさておき!

〇ナラティブA装備☆の強み(Vアビ)
・高速、高火力の1列必殺
・Vコス2で編成に組み込みやすい

×ナラティブA装備☆の弱み(Vアビ)
・必殺が単発でタフネス潰し用の随伴機はマスト
・防御力や汎用性の低さはコスト2相応

  • ▲高速必殺で初手ズドン! 素材が無限にあるなら、使い道自体はあると思うんですががが。

 そんな塩梅。

――現在のうどんさん――

ランク 166
Ωクリスタル 150個
ストーリー進行 第16章3話終了
課金額 0円


Leader F SSR キュベレイ[Ω]
2nd F SSR Hi-νガンダム[Ω]
3rd 拳 SSR キングゲイナー[Ω]
4th B SSR グレートゼオライマー
Sub-1 盾 SSR ダン・オブ・サーズデイ
Sub-2 射 SSR ヴォルケイン改
戦艦 SSR ナデシコC


©石森プロ・東映
©GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会
©賀東招二・四季童子/ミスリル
©賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
©賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
©カラー
©Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
©サンライズ
©サンライズ・R
©サンライズ・バンダイビジュアル
©SUNRISE・BV・WOWOW
©SUNRISE/PROJECT ANGE
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006-2008 CLAMP・ST
©サンライズ・プロジェクトゼーガ
©SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT/Project AQUARION EVOL
©創通・サンライズ
©ダイナミック企画
©東映
©BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
©藤原忍/ダンクーガノヴァ製作委員会
©PRODUCTION REED 1980
©PRODUCTION REED 1981
©PRODUCTION REED 1983
©PRODUCTION REED 1985
©PRODUCTION REED 1986
©PRODUCTION REED 1987
©BONES/キャプテン・アース製作委員会・MBS
©BONES/STAR DRIVER THE MOVIE 製作委員会
©BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
©1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
©2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
©2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
©2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
©1999 I.G/GAINAX/KGI
©2000 もりたけし・GONZO/KADOKAWA
©2003 GAINAX/TOP2委員会
©2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
©2005 BONES/Project EUREKA
©2012 BONES/Project EUREKA AO

©SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design ©2006-2011 CLAMP・ST
© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
TM&©TOHO CO., LTD. ©カラー
©SEGA
©創通・フィールズ/MJP製作委員会
©BNEI/PROJECT iM@S
©ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
©ラグランジェ・プロジェクト
©ダイナミック企画・東映アニメーション
©松本零士・東映アニメーション
©ロボットガールズ研究所
©DeNA Co,Ltd. All rights reserved.
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©BNP/BANDAI, HEYBOT! PROJECT, メ~テレ
©2017 TRIGGER/吉成曜/「リトルウィッチアカデミア」製作委員会
©2015 ビックウエスト
©2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
©SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
©2017 鎌池和馬
キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか
Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS
©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media
©宮川サトシ伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会
©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
©1984 ビックウエスト
©Go Nagai/Dynamic Planning-Project CHU
© anchor All rights reserved.
© 2016 HEADGEAR
©2008 清水栄一・下口智裕/GONZO/ラインバレルパートナーズ
©なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国
©ちみもりを・AIC
©ブロッコリー・バンダイビジュアル
© Imagineer Co., Ltd.
©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST
©森下裕美・OOP/Team Goma
©オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会
©BNP
© 2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
©吉崎観音/KADOKAWA・BNP・テレビ東京・NAS・BV

スーパーロボット大戦X-Ω

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2015年10月5日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スーパーロボット大戦X-Ω

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2015年10月5日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金