『レッツプレイ!オインクゲームズ』Steam版が7/7に配信開始

電撃オンライン
公開日時

 オインクゲームズは、Nintendo Switch用ソフト『レッツプレイ!オインクゲームズ』のSteam版を7月7日に配信することを発表。Nintendo Switch版に無料で新ゲーム“藪の中”を追加しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

「レッツプレイ!オインクゲームズ」待望のSteam版が7月7日リリース!さらにNintendo Switch版にも無料で新ゲーム「藪の中」追加。Steam版とNintendo Switch版でクロスプラットフォームでオンライン対戦が可能。Nintendo Switch版にもブラフ&推理ゲーム「藪の中」を無料アップデートで追加。

 オインクゲームズは2022年7月7日、「レッツプレイ!オインクゲームズ」のSteam版をリリースします。Steam版ならではの機能を追加し、クロスプラットフォームでオンライン対戦が可能です。さらに同日、Nintendo Switch版も無料アップデートし、遊べるボードゲームに「藪の中」を追加します。

 ボードゲームやデジタルゲームの開発を手がける株式会社オインクゲームズは、2022年7月7日、ボードゲームをデジタルで遊べる「レッツプレイ!オインクゲームズ」のSteam版をリリースします。

 Steam版「レッツプレイ!オインクゲームズ」の価格は2,500円で、現在販売中のNintendo Switch版と同様、一本のソフトで複数人で遊んだり※、クロスプラットフォームでのオンライン対戦が可能です。Steam版では実績を解除していく楽しみが追加されるほか、高画質モードが追加され、4K120FPSに対応するなど、よりリッチなゲーム体験を楽しむことができます。

※5人以上でオフラインプレイする場合、コントローラーを共有する必要があります。

 さらに同日、Nintendo Switch用ソフト「レッツプレイ!オインクゲームズ」を無料アップデートし、遊べるボードゲームに「藪の中」を追加し、遊べるボードゲームが合計6本となります。「藪の中」は、オインクゲームズ初期の代表作で、芥川龍之介の名作小説をモチーフにした推理&ブラフゲーム。事件の目撃者となり、他のメンバーの目撃証言と照らし合わせて真犯人を探し出しましょう。同じ事件を目撃しているはずなのにみんなの証言がくい違い、事件の真相が謎に包まれていきます。

 今後も追加アップデートで、遊べるタイトルがさらに増える予定です。プレイモードやプレイ人数はタイトルごとに異なります。詳細は公式ページをご覧ください。


無料追加タイトル「藪の中」

 この町には、事件も探偵も多すぎる!今日も複数の探偵がある事件を目撃した。あなたは自分だけが知っている情報と、他の探偵の推理をもとに、自分だけがうまく得をするように誰が犯人かを宣言しなければならない。あなたはライバルたちを蹴落とし、この町で最高の名探偵になれるか?それぞれの思惑が複雑にからみあう対戦推理ゲーム。

・プレイ人数:2~5人
・対応モード:1人プレイ(CPUと対戦)/オンライン対戦※/ローカル通信※
※人数分の本体とソフトが必要です

「レッツプレイ!オインクゲームズ」とは

 ボードゲーム業界で世界的に知名度を伸ばしているオインクゲームズのゲーム群が、ついにNintendo Switchで遊べるようになりました。「海底探険」や「エセ芸術家ニューヨークへ行く」など、オインクゲームズの人気タイトルを収録。直接会うことができなくても、ひとつのテーブルを囲んでいるかのように気軽にボードゲームが楽しめます。おうちで家族と遊ぶもよし、友達や知らない人とオンラインで遊ぶもよし。気軽に笑えるゲームから、頭を悩ませる本格ゲームまで。CPUと対戦して腕試しできるタイトルも。

 収録タイトルは、「藪の中」で6作目。その他のタイトルは、全世界で20万部のヒット作「海底探険」に、おえかき人狼ゲーム「エセ芸術家ニューヨークへ行く」。投資家となってお金を稼ぐことを目指す「スタータップス」に、宇宙飛行士となりミッションに挑む協力ゲーム「月面探険」。今年の3月には顔づくりパーティーゲーム「この顔どの顔?」が追加されたばかり。今後も、順次タイトルを追加予定です。

© Oink Games Inc.

関連する記事一覧はこちら