アニメが劇場版になる『鬼滅の刃』2020年1月舞台化決定。公演概要をチェック!

ガルスタオンライン
公開日時

 9月30日発売の集英社「週刊少年ジャンプ」にて、『鬼滅の刃』の舞台化決定を発表しました。舞台『鬼滅の刃』の脚本・演出を舞台「刀剣乱舞」や「TRUMP」シリーズでも知られる末満健一氏、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー」シリーズなど、2.5次元ミュージカル作品の音楽を数多く担当している和田俊輔氏が音楽を手がけ、人と鬼との戦い、家族や仲間との絆を重厚に描く原作の世界観を丁寧に描きます。

 『鬼滅の刃』は、シリーズ累計発行部数が1200万部を突破し、「週刊少年ジャンプ」にて大好評連載中の吾峠呼世晴氏による漫画作品。大正時代の日本を舞台に、心優しき少年・炭治郎が家族を殺した鬼を討つため、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すために、“鬼狩りの道へと進む。少年漫画らしからぬ独自の画風と世界観が話題を呼び、劇場版アニメーションの製作も決定するなど、今注目の作品が舞台化となります。

 さらに、「少年ジャンププラス」にてチケット最速先行の実施も決定。舞台『鬼滅の刃』の続報に乞うご期待!!

『鬼滅の刃』とは

 「週刊少年ジャンプ」にて大好評連載中の、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年同誌11号より連載開始。

 人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、シリーズ累計発行部数が1200万部を突破(2019年9月時点)。

 今なお注目を集め異彩を放つ本作。独自の世界観を構築し続け、新たな少年漫画の金字塔として存在感を示している。

 2019年4月より放送を開始したTVアニメも絶大な人気を博し、BlurayDVD第1巻は初週オリコン11,594ptを獲得、2019年4月に放送開始された新作TVアニメの中で堂々の第1位を飾った。

 さらに、TVアニメの最終回にて劇場版アニメーションの製作が発表。その勢いは止まらない――

STORY

 時は大正、日本。
 炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
 さらに唯一生き残った妹の禰豆子は、鬼に変貌してしまった。
 絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。
 人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる――!

(※禰豆子の「禰」は「ネしめすへん 」、鬼舞辻の「辻」は「一点しんにょう」が正式表記となります。)

公演概要

タイトル:舞台『鬼滅の刃』

期間・場所:2020年1月東京・兵庫
原作:『鬼滅の刃』吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載
脚本・演出:末満健一
音楽:和田俊輔
協力:集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)
一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会
主催:舞台「鬼滅の刃」製作委員会

『鬼滅の刃』関連記事はこちら

©吾峠呼世晴/集英社
©舞台『鬼滅の刃』製作委員会2020