【初心者向け】『ポケモンGO』ドン・キホーテのパートナーリサーチ参加方法は?

ophion
公開日時

 Niantic, Inc.とポケモンより配信中のiOS/Android用アプリ『ポケモンGO』で、“ドン・キホーテ”の“パートナーリサーチ”が開催中で、現在参加券を配布中です。

 そこで、ドン・キホーテのアプリ『majica』をダウンロードするところから実際に体験。かかった期間や、実際に手に入れたポケモンをレポートします。

イチから始めるドン・キホーテのパートナーリサーチ

 ドン・キホーテのパートナーリサーチを行うには、まずドン・キホーテのアプリ『majica』をダウンロードする必要があります。

■『majica』

 ダウンロード後は、会員情報を登録。とくに難しいことはありませんが、今から会員登録をする場合はスマホひとつで『ポケモンGO』と『majica』を利用できる“アプリでmajicaを発行する”を選ぶとよいでしょう。

 会員登録を終えて『majica』を起動したら、“キャンペーン”のタブにある『ポケモンGO』のロゴが記載された項目を選択して“応募する”をタップします。


 これで『majica』の準備はOK。準備ができたら対象店舗で商品を購入する際に、『majica』のバーコード画面を提示します(※)。

 『majica』アプリには現金をチャージする機能が用意されていますがチャージする必要はなし。

 現金で商品を購入する際に、アプリ内のバーコードを提示すれば『majica』を提示して商品を購入した履歴、つまり“『Pokémon GO』パートナーリサーチ参加券を受け取れる権利”がアプリに保存されます。

※majicaのバーコードを提示して買い物を行ったあとに『ポケモンGO』のキャンペーンに応募しても問題ないそうです。

 あとは、パートナーリサーチ参加券が届くのを待つだけ。公式には『majica』の利用から2週間以内を目安に参加券が届くとされています。こういったケースでは“基本的に即クーポンは届くけれども、万が一に備えて期間を長めに設定している”と考えがちですよね。少なくとも自分はそう思っていました。

 ですが、今回実際にクーポンが届くまでにかかったのは8日。あくまで一例に過ぎませんが、クーポンは即届くとは限らないようです。パートナーリサーチ参加券は“メッセージ”の“サンキューメール”に届くので、待ちきれない人は小まめにチェックしてもいいかもしれませんね(笑)。

 パートナーリサーチ参加券が『majica』に届いたら、画面の指示に従って『ポケモンGO』にサインインすれば、パートナーリサーチを遊べるようになります。

ドン・キホーテのパートナーリサーチでゲットしたポケモンは?

 こちらのパートナーリサーチで最初に提示された内容は“ポケモンを30匹捕まえる”、“カーブボールを20回投げる”、“ステッカー付きのギフトを5回送る”の3種類。リワードは、ズリのみ20個やおこうなどが含まれていました。

 これらを達成して、出会ったポケモンはカリキリ。まだパートナーリサーチには続きがあるので、ポニータ(ガラルのすがた)かプロトーガのせめてどちらかは色違いに出会いたいですね!


 参加権の配布は7月18日まで。ドン・キホーテのパートナーリサーチを楽しみたい人は、そろそろドン・キホーテでのお買い物までは済ませておいたほうがよいでしょう。



※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)2022 Niantic, Inc. (C)2022 Pokémon. (C)1995-2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

関連する記事一覧はこちら