【おすすめDLゲーム】いたずら心をくすぐるACT『Untitled Goose Game いたずらガチョウがやって来た!』

滑川けいと
公開日時

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は、PC/Nintendo Switchで配信されている『Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~』をプレイした感想をお届けします。

 タイトルに“ガチョウがやって来た!”とありますが、いたずらをしにやってきたガチョウを撃退するゲームではありません。むしろ逆で、本作はガチョウを操作して人々にいたずらしまくれちゃうアクションゲームなのです。いたずら大好き。ひゃっほい!

人間をあざむいていたずらに全力投球!

 ステージは小さな庭園や町の一角などですが、ガチョウの身には広く感じます。あちこちにいたずらすることができるポイントと、いたずらを邪魔する人間がいます。

 最初のステージは、とある農園。いたずらできそうな場所がたくさんありそうです。

 ガチョウのいたずらを妨害するおじさん。遭遇したので、はばたいてとりあえず威嚇。本当ならおじさんは悪くないんですけどね。

 本作では各ステージごとに“ToDo”として達成すべき項目が用意されています。プレイヤーは、ガチョウを操作してToDoの達成を目指していくことになります。

 最初のステージのToDo。まずは、書かれている場所やアイテムをステージ内で探しましょう!

 ガチョウは“くわえる”、“鳴く”、“はばたく”といった動作が可能で、ものをくわえて運んだり、ときには鳴いて人を驚かせたりといった動作を駆使しながら目的の達成を目指します。

 まずは無関係な場所を散らかし、おじさんが片付けをするよう仕向けます。おじさんの注意が逸れたら、ToDoを達成するために動き出しましょう。

  • ▲アイテムはくわえて引きずります。重たいものは動きがゆっくりになるので注意。
  • ▲途中でおじさんに見つかると、集めたアイテムが戻されてしまいます。
  • ▲成功すると、達成したToDoが消されます。

 おじさんはいつも庭園内を見回り、いたずらされている場所を見つけたらもとに戻そうとします。この動きを利用して、関係ない場所を散らかし、おじさんが片付けに夢中になっているうちに目的のいたずらをしていきましょう。

難易度の高いいたずらに挑戦!

 ToDoの中には、単にものを運ぶだけではクリアできないものもあります。例えば、おじさんに対していたずらをする場合。どうやったらおじさんを目的の場所まで誘導できるのか、おじさん自身からものを奪えるのか……頭をひとひねりする必要があります。

 今回は“おじさんを水にぬらす”というToDoに挑戦。農園前にはスプリンクラーがありました。これを使いましょう。

 おじさんがスプリンクラーの横を通ったところで蛇口をくわえてひねり、水を出します。……うまくいきました! おじさん、ごめんね!

 あえていたずらの最中におじさんに見つかることで、誘導もできます。湖まで誘導してぬらすという方法も。いろいろな手段が用意されているので、とても考えさせられます。いたずら道は奥が深い!

 また、複数の手順が必要なToDoもあります。例えば、いくつかのアイテムを一所に集めるようなものです。おじさんは当然、アイテムを取り返そうとしています。その前に全部のアイテムを集めきる必要があるので、収集の順番などの計画性と素早い操作が必要です。

 上では、ピクニックに必要なものを集めています。素早く、正確に!

 ラジオが難敵でした。くわえると音が出るので、おじさんが気付いてしまいます。

 もうひとつ注意したいのが、エリア内のギミックです。何かを踏み台にして高い場所のものを取ったり、背景の一部かと思っていた建物に何かがあったり……。ぱっと目に見えるものだけではなく、隅々までいじれる場所を探すのがポイントです!

 個人的には“おじさんに麦わら帽子をかぶせる”が難しかったです。立って歩いているおじさんに、どうやって麦わら帽子をかぶせるのか。そもそも高い場所にある麦わら帽子を、どうやって取るのか……。

隠れたToDoを見つけ出そう!

 実は、各ステージには隠しToDoが存在します。「ココも触れるんじゃない?」や「こんなことできたらおもしろいけど、実現できるのかな?」という発想が重要! 好奇心をもって、楽しくいたずらをするのが隠しToDo発見のポイントです。もちろん、いくつかの手順や素早い操作が必要なものが多いので、プロのいたずらガチョウの方はぜひ挑戦してみてください!

 農園からおじさんを締め出し、好き勝手できる状態に。「えっ、こんなことできちゃうの?」という感じで、いたずらに可能性を感じます。

 単純にいたずらをしまくるだけのゲームではなく、人間の反応やギミックの操作など、かなり頭を使います。また、人間に見つからないように動いたり、時にはギリギリのタイミングで走ったりといったアクション性もあります。飛べない、手を使えないなどガチョウ故に歯がゆい思いをすることもある分、うまくいった時の達成感はまた格別ですよ。

 パズル要素とアクション要素、どちらもガッチガチというわけではなく、ほどよいバランス。操作もシンプルで分かりやすく、パズルやアクションが苦手な方も受け止める、包容力のあるゲームだと感じました。何より、ガチョウの動きがとにかくカワイイ! 気付くとアテレコしながら遊んでいました。見ているだけでも楽しめるので、ひとりはもちろん、友人同士や家族でもワイワイプレイできるタイトルです。

(C) 2019 House House in cooperation with Panic

『Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~』

  • メーカー:Panic
  • 対応端末:Nintendo Switch
  • ジャンル:ACT
  • 配信日:2019年9月20日
  • 価格:1,980円

『Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~』

  • メーカー:Panic
  • 対応端末:PC(Epic Gamesストア)
  • ジャンル:ACT
  • 配信日:2019年9月20日
  • 価格:1,980円