立川での『アイドリープライド』ライブ“約束”レポ。“星の海の記憶”の演出に涙!【電撃夏アニメ×ゲーム】

ことめぐ
公開日時

 サイバーエージェントグループとミュージックレイン、ストレートエッジが協力して、メディアミックスで展開しているプロジェクト『IDOLY PRIDE(アイドリープライド)』

 単独ライブとしては、2回目の開催となる『LAWSON presents IDOLY PRIDE VENUS STAGE 2022 “約束”』が、7月2日(土)に東京の“立川ステージガーデン”で開催されました。

 出演者は、“星見プロダクション”、“月のテンペスト”、“サニーピース”、“TRINITYAiLE”の4組。

 アイドル達とファン(マネージャー)が一体となって盛り上がったライブのレポートを、『アイプラ』が大好きなマネージャー“ことめぐ”がお届けします。

 なお、電撃オンラインではこの夏おすすめしたいアニメに関連するゲーム、ゲームに関連するアニメを特集する“夏だ! アニメだ! ゲームも遊ぼう(電撃夏アニメ×ゲーム)”を展開中。この記事もその企画の一環として、Twitterでのプレゼントキャンペーンを実施中ですので、ぜひご参加ください。

立川に多くのマネージャーさんが集結! 電車の中でも…!!

 今回のライブ開催地は、東京・立川。

 会場の最寄り駅“立川駅”に着くと、今回のライブグッズを持ったマネージャー(『アイプラ』ファンの呼び名)さんたちが、た~くさん! 今回は、カラフルなグッズがいくつかあったので、人混みの中でもとても目立っていました。

 筆者が立川に向かう電車に乗っている時も、偶然隣に『アイプラ』の痛バッグを持ったマネージャーさんが座っていたり、前回のライブグッズ“VENUS STAGEリュック”を背負ったマネージャーさんが目の前に! という奇跡が起きました……!

 ライブの日って、こういうことがあるからいいですよねぇ。立川に来たのは、実に10年ぶりくらい。『アイプラ』グッズを身に着けたマネージャーさんについていきながら、会場の“立川ステージガーデン”に到着しました。

  • ▲筆者は、この日初めて“立川ステージガーデン”に来たのですが、建物がガラス張りでめちゃくちゃおしゃれでびっくりしました。この会場、夜になると、すっごく綺麗になるんですよ……!(あとで夜の写真もお見せしますね♪)
  • ▲今回もかわいい「新型コロナウイルス感染対策」のお知らせが、所々に貼ってありました。
  • ▲ロビーには、先日発表された“ボイス入りのイヤホン”の展示も。




  • ▲どのモデルも、マジでめちゃくちゃカッコイイ……かわいい……。全部欲しい。7月8日(金)から予約開始とのこと。

 会場に入ると、約2000人のマネージャーさん達で埋め尽くされていました。

 会場が暗転すると、ステージのモニターには、出演ユニットの紹介映像が流れ始め、“月のテンペスト”、“サニーピース”、“TRINITYAiLE”、“星見プロダクション”の順に紹介されていきました。

 その後、『IDOLY PRIDE』のロゴが映し出され、ライブがスタート!

それは…夏のせい! サニーピースの“EVERYDAY! SUNNYDAY! ”や“サマー♡ホリデイ”が激熱!!

 先陣を切ったのは、元気いっぱい! 太陽のように明るい“サニーピース(以下:サニピ)”!!

 おなじみの衣装“アセンブルハーモニー”を纏った5人がステージに現れた瞬間、まるでステージに、ぱっと花が咲いたようでした。

 こうして『アイプラ』単独ライブ“約束”は、“EVERYDAY! SUNNYDAY! ”でスタート。

《サニーピース(順不同)》
・川咲さくら:菅野真衣さん
・一ノ瀬怜:結城萌子さん
・佐伯遙子:佐々木奈緒さん
・白石千紗:高尾奏音さん
・兵藤雫:首藤志奈さん

 ステージ上のスクリーンには、マネージャーのみなさんの間で“国宝”と呼ばれている“EVERYDAY! SUNNYDAY! ”のミュージックビデオが……!

 元気いっぱい、笑顔いっぱいで弾けるようなダンスを披露する“サニピ”のみなさん。見てるだけで、こちらもニコニコ笑顔に。

 続いて、全マネージャーがお披露目を全力待機していたであろう、夏にぴったりな“サニピ”の“あの曲”が、ついに初披露されました!!

 その曲は……“サマー♡ホリデイ(通称:“サマホリ”)”!!

 この日も、外は灼熱。そんな日にぜひとも聞きたかった曲でした。

 まだ、大きな声を出すことは叶いませんでしたが、みなさんがサイリウムで呼応する姿が最高すぎました!! 声が出せなくても、超楽しかった!!

 発声できない状況でもこんなに楽しいのに、いつか大きな声が出せるようになったら、“サマホリ”は一体どうなっちゃうの!?!? という、変な心配をしてしまうほど(笑)。

 セリフのような歌詞パートも、CD音源とはまた違った歌い方をしていて、ものすごいライブ感! たまらなかった?!
そして、“ Dance Time!”では、なんと“サニピ”のみなさんによるダンスが披露されました。

 “さくら! さくら!”のパートでは、さくら役の菅野さんが可愛くダンス♪ 曲の後のMCで判明したのですが、このダンスは、“サニピ”のみなさん自身で考えたダンスとのこと。
マネージャーさん達も超ノリノリで、会場がまるで“お祭り”のようでした!

 “サマホリ”の後は、“サニピ”のMCタイム。「立川ステージガーデンのみなさん、こんにちは! 私達、“サニーピース”です!」と、みんなでご挨拶。

 菅野さんが「暑い中お集まりいただき、有難うございます! 太陽サンサン! 盛り上がっていきましょう!」と、熱くなった会場をさらに盛り上げ、怜役の結城さんは「水分補給をこまめにしてください。」と、マネージャーのみなさんを優しく気遣い、千紗役の高尾さんは、今回もお得意のダジャレを披露し、メンバーも会場も沸かせました。

 雫役の首藤さんは「マネージャーさんと一緒に思い出をいっぱい作りたい……。」と囁き、遙子役の佐々木さんは「2月(のライブ)から半年経ってないのに、嬉しい。」と、マネージャーのみなさんに、再び会えた喜びを語りました。

 そして、楽しいMCの後は、“サニピ”としては最後の曲。なんと、またまた初披露!

 その曲は、“SUNNY PEACE for You and Me!”。

 しかも、世界初のフルバージョンでのお届けという、スペシャルすぎる初披露となりました。

 優しいメロディが流れる中、菅野さんがマネージャーさん達に、「一緒に手拍子をしてね!」と伝える声がとても優しくて、さくらそのもので、ジワッと涙が……。

 間奏で、“サニピ”のメンバーがそれぞれセリフを言うパートがあったのですが、もう“サニピ”のみんなが愛おしくて、たまらなくなりました……。

 “サニピ”のメンバーがピースをする度に、マネージャーさん達も“ピース”で返す。そんな光景がとてもしあわせに満ち溢れていて、その光景をずっとずっと見ていたくなるステージでした。

月のテンペストが“月下儚美”や“恋と花火”を披露!

 元気いっぱいな“サニピ”のステージのあとは、“月のテンペスト(以下:月スト)”によるステージへ。

 “月スト”の登場を待っていたかのように、会場が一瞬で青一色に。こうして、“月スト”のステージは、“月下儚美”からスタートしました。

《月のテンペスト(順不同)》
・長瀬琴乃:橘美來さん
・伊吹渚:夏目ここなさん
・白石沙季:宮沢小春さん
・成宮すず:相川奏多さん
・早坂芽衣:日向もかさん

 スクリーンには、アニメ6話の“月下儚美”のシーンが流れ、映像とシンクロするかのように、メンバーが歌う演出でした。

 この演出は、前回の“奇跡”でもあったのですが、映像とのシンクロは、何度見ても鳥肌モノ。

 照明が当たると、キラキラと輝く・衣装“クイーンオブザナイト”を着ての妖艶なダンスは、本当に美しく、彼女たちは月が照らす星の輝きのようでした。

 続いて披露したのは、この季節にぴったりな“恋と花火”。

 この曲は、振り付けがほぼゲームと同じなので、ゲームのライブを思い出しながら楽しめました。

 「会場の隅々まで届けよう」という気持ちが込もった、ハリのある“歌声”、指先から足先まで、全神経を体に集中させたかのようなキレのある“ダンス”。とても見ごたえのあるパフォーマンスでした。

 MCでは、琴乃役の橘さんが「私達、“月のテンペスト”です!」と、最初に挨拶。「マネージャー! ゲーム1周年おめでとうございます!」と、琴乃のように少し照れながらゲーム1周年をお祝いし、渚役の夏目さんは「マネージャーのみなさん、来てくれてありがとう!」と伝え、沙季役の宮沢さんは「今は“月スト”だけのことを考えて楽しんでください。」と、全マネージャーを胸キュンさせました。

 すず役の相川さんは「今日来てくださるなんてなかなかやりますわね!」とすずらしいセリフを“恥ずかしい”と言いながら、愛らしく自己紹介。

 芽衣役の日向さんは、ゲーム内のイラスト“二人きりのサンセットビーチ”がガチャで当たった時のセリフ「今、恋してるからかもね。」を披露し、全マネージャーを悶さえました。

 “立川ステージガーデン”の会場はとても広く、マネージャーのみなさんのお顔がよく見えている、ということ、やっと“夏”に“恋と花火”を披露できた嬉しさをトーク。

 パフォーマンス中のカッコイイ5人からは全く想像ができないような、明るくて、とてもメンバーの仲の良さが伝わってくるMCを、たっぷりと見せてくれました。

 そして、“月スト”が最後に披露した曲は、“The One and Only”。

 この曲は、“月スト”らしいかっこよさもありつつ、可愛らしさもある曲です。そして、振り付けがめちゃくちゃカワなんです。やはり、サビ前の、驚いたかのような表情をしながら手のひらを口元に近づける振り付けは、可愛すぎる……。
イントロが終わった後、マネージャーさんのクラップが入るのも、ライブでの見どころ。

 曲の最後の方では、5人が散り散りになり、マネージャーさんに手を振りに行っていました。全力で感謝を伝えに行く“月スト”のみなさんの姿が愛おしくてたまらなかったです。そして、手を振り返すマネージャーさん達もかわいい。

 パフォーマンスではビシッ! と決め、MCでは、普段の仲の良い感じがふわっと伝わってくる“月のテンペスト”らしさ全開のステージでした。

“伝説のアイドル”から歌い継がれる歌…“星の海の記憶”を琴乃と莉央が熱唱!

 “月スト”のステージが終わった後は、衝撃の連続でした。

 スピーカーから聞こえてきたのは、なんと“LizNoir(以下:“リズノワ”)”のリーダー・神崎莉央(CV:戸松遥さん)の声。

 莉央は、“聞いてほしい歌がある”と、マネージャーに告げました。しかし、それは“リズノワ”の曲ではなく、“とあるアイドル”の歌、だと言います。

 次に聞こえてきたのは、琴乃の声。彼女は、その歌を“姉に届けたい”と。

 2人の会話の後、スクリーンに映し出されたのは、琴乃のお姉さんで、伝説のアイドル“長瀬麻奈”が歌う“星の海の記憶”のミュージックビデオ。

 映像が流れた瞬間、歓声が上がりました。そして、麻奈のキャラクターカラーであるピンク色に染まる会場。

 そんなミュージックビデオと共に、アルバム[約束]に収録されている莉央と琴乃が歌う“星の海の記憶”が流れ始めました。

 “星の海の記憶”のミュージックビデオは、麻奈の“らしさ”がとても詰まっているもので、筆者はとてもお気に入りです。麻奈が愛おしさ炸裂の映像なんです。しかし、今回は、本当にいろいろな感情がこみ上げてきてしまい、涙だけでは済みませんでした。声を上げて、むせび泣きそうでした……。

 そして、暗かったステージが突然パッと明るくなりました。そこに立っていたのは、なんと、莉央役の戸松さん、琴乃役の橘さん!

 2人の後ろには、点々としたライトが輝き、まるで本当の星空のようなセットに。橘さんが途中で声を詰まらせた時、事務所の先輩でもある戸松さんがカバーをするかのように堂々と歌う姿は、“LizNoir”のリーダー“神崎莉央”そのものでした。

 この歌を歌うには、時間も、勇気もとても必要だったかと思います。最後まで歌い切り、見事なパフォーマンスを見せてくださったお2人には、マネージャーとして、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今回のレポートはここまで! ライブの後半も見どころ&聴きどころが満載でしたので、別記事でたっぷりお伝えしていきます!

(ライブフォト撮影:大庭 元)

【開催概要】
■開催日時:
2022年7月2日(土)
・1部……14:30会場/15:30開演
・2部……18:00会場/19:00開演
■場所:立川ステージガーデン
セットリスト
【1部&2部】
《OP》
①EVERYDAY! SUNNYDAY! / サニーピース
作詞:藤村鼓乃美、北川勝利
作曲・編曲:北川勝利
②サマー♡ホリデイ / サニーピース
作詞:藤村鼓乃美、北川勝利
作曲・編曲:北川勝利
《MC》(サニーピース)
③(1部)SUNNY PEACE for You and Me! / サニーピース
作詞:藤村鼓乃美、北川勝利
作曲、編曲:北川勝利
③(2部)全力!絶対!!カウントダウン!!!/ サニーピース
作詞:藤村鼓乃美、北川勝利
作曲・編曲:北川勝利
④月下儚美 / 月のテンペスト
作詞:利根川貴之
作曲:利根川貴之、坂和也
編曲:坂和也 & Wicky.Recordings
⑤恋と花火 / 月のテンペスト
作詞:利根川貴之
作曲:利根川貴之、坂和也
編曲:坂和也 & Wicky.Recordings
《MC》(月のテンペスト)
⑥(1部)The One and Only / 月のテンペスト
作詞:利根川貴之
作曲:利根川貴之、坂和也
編曲:坂和也 & Wicky.Recordings
⑥(2部)裏と表/ 月のテンペスト
作詞:利根川貴之
作曲:利根川貴之、坂和也
編曲:坂和也 & Wicky.Recordings
⑦星の海の記憶(莉央&琴乃ver.)/ 神崎莉央、長瀬琴乃
作詞・作曲・編曲:やしきん
⑧Shock out Dance!!(こころ&愛ver.)/ LizNoir
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
《MC》(LizNoir)
⑨The Last Chance(こころ&愛ver.)/ LizNoir
作詞・作曲・編曲:Q-MHz
⑩Aile to Yell/ TRINITYAiLE
作詞・作曲・編曲:kz
《MC》(TRINITYAiLE)
⑪(1部)les plumes/ TRINITYAiLE
作詞・作曲・編曲:kz
⑪(2部)réaliser/ TRINITYAiLE
作詞・作曲・編曲:kz
⑫IDOLY PRIDE / 星見プロダクション
作詞・作曲・編曲:清竜人
《MC》(星見プロダクション)
⑬(1部)Shine Purity~輝きの純度~ / 星見プロダクション
作詞:利根川貴之
作曲:利根川貴之、坂和也
編曲:坂和也 & Wicky.Recordings
⑬(2部)Fight oh! MIRAI oh! / 星見プロダクション
作詞・作曲:Q-MHz
編曲:Q-MHz、伊藤翼
《アンコール》
⑭それを人は“青春”と呼んだ/ 長瀬琴乃、川咲さくら、天動瑠依、神崎莉央
作詞・作曲・編曲:HoneyWorks
《MC》(長瀬琴乃、川咲さくら、天動瑠依、神崎莉央)
⑮(1部)The Sun, Moon and Stars/ 星見プロダクション
作詞:利根川貴之
作曲・編曲:沖井礼二
⑮(2部)サヨナラから始まる物語 / 星見プロダクション
作詞・作曲:大石昌良
編曲:大石昌良、岸田勇気

アマギフコードが当たる! 電撃夏アニメ×ゲーム特集を展開中!

 2022年9月4日(日)23:59までに、電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしたうえで、キャンペーン対象となる“#電撃夏アニメゲーム”のハッシュタグが付いた記事をRTしてくれた方の中から抽選で3名様にAmazonギフト券3,000円分をプレゼントいたします!

 対象ハッシュタグが付いた記事は順次公開され、キャンペーン対象となるツイートについては別記事にまとめております。当選者に対しては9月中にTwitterのDMで当選連絡を行い、Amazonギフト券のコード送付を行います。注意事項はこのページの下部を参照ください。

【Twitterキャンペーン注意事項】※あらかじめご了承のうえでご応募ください
・応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。
・電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしていることが参加条件となります。当選発表前にフォローを解除した場合、当選権はなくなりますので、ご了承ください。
・投稿に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
・投稿いただいた内容は、電撃オンラインなど、株式会社KADOKAWA Game Linkageの媒体で掲載させていただく場合があります。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
・当選通知日から1週間DMでの返信がなかった場合は当選無効となります。
・キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
・Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。



© 2019 Project IDOLY PRIDE


IDOLY PRIDE(アイドリープライド)

  • メーカー:QualiArts
  • 対応端末:iOS/Android
  • ジャンル:アイドルマネジメントRPG
  • 配信日:2021年6月24日
  • 価格:基本無料(一部有料コンテンツあり)

関連する記事一覧はこちら