ゆうべはお楽しみでしたね。『DQウォーク』のローラ姫がめちゃかわ【電撃DQW日記#83】

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、RPGが好きな筆者(そみん)が、コラボイベントを遊んで思い出した初代『DQ1』の思い出をレポートします。

『DQウォーク』のローラ姫が尊い……!

 現在開催中の初代『ドラゴンクエスト』イベントでは、物語を進めるとローラ姫を助け出せます。このローラ姫が本当にかわいい!

  • ▲ローラ姫がかわいい!(画面は『DQウォーク』のもの)

 ……自分が遊んだファミコン時代のドット絵とは比べ物にならないですね(笑)。でも、あの当時にちゃんと“お姫様だっこ”する専用グラフィックが用意されていたことに感動したことも思い出しちゃいました。

  • ▲ローラ姫を守るドラゴン。なかなか強くて、中ボス的な存在でした。(画面は『DQ1』のもの)
  • ▲『DQウォーク』でも、ドラゴンがローラ姫を守っています。(画面は『DQウォーク』のもの)
  • ▲スマホ版『DQ1』でも、ドット絵でのお姫様だっこを見ることができます。(画面は『DQ1』のもの)

 ローラ姫を助けると“おうじょのあい”がもらえるのも、オリジナル版と同じ流れ。ええ、今も昔も“愛”をアイテムとしてもらえるなんて、というツッコミはあるかと思います(笑)。

  • ▲『DQウォーク』でも王女の愛を授けられます。(画面は『DQウォーク』のもの)

 オリジナル版では、“おうじょのあい”を使うことで“きたに××、ひがしに××”とか、ラダトームからの現在地の座標を知ることができ、これがとある謎解きのヒントになっていたわけですね。
(余談ですが、『DQ3』では似たような効果で“ふなのりのほね”というアイテムがありましたが……やっぱり愛のほうが風情がありますよね)

 あと、ローラ姫と言えば、彼女と一緒に宿屋に泊まった時の宿屋の主人の“ゆうべは おたのしみでしたね”は、当時子どもだった自分にとっては、いろいろと意味深なセリフでした(苦笑)。

  • ▲昨夜はお楽しみでしたね!(画面は『DQ1』のもの)

 このセリフはスマホ版『DQ1』でも健在で、息子のたつまる(小1)からも「何が楽しかったのかな?」と聞かれましたが、「トランプとかで遊んだんじゃないかなあ」といなしておきました。


  • ▲余談ですが、ローラ姫を助けた時の選択肢で「いいえ」と答えたら、たつまるに「そんなひどいことを言うと地獄に落ちるよ」とおどされました。(画面は『DQ1』のもの)

まとめ:『DQウォーク』の姫もかわいいですよ

 ローラ姫もかわいいのですが、『DQウォーク』のメインストーリーに出てくるお姫様(ココール城のお姫様)もかわいいですよ!

  • ▲なかなか個性的なお姫様です。まだ出会っていない人はお楽しみに!(画面は『DQウォーク』のもの)

 ココール城のお姫様は装備品が好きな、ちょっと変わったお姫様で、いろいろとインパクトが強いです(苦笑)。まだレベル上げ中で4章をクリアしていませんが、このお姫様のエピソードに続きを早く読みたいです!

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金