奈落の底まで、君を守ろう。ゲーム『メイドインアビス』発売前にキャラの魅力を振り返る【電撃夏アニメ×ゲーム】

カワチ
公開日時

※『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。
※18歳未満の方は購入できません。

 スパイク・チュンソフトより、9月1日に発売予定のPS4/Nintendo Switch/Steam(※Steam版は9月3日発売予定)向け3DアクションRPG『メイドインアビス 闇を目指した連星』の特別企画をお届けします。

 そして電撃オンラインではこの夏おすすめしたいアニメに関連するゲーム、ゲームに関連するアニメを特集する“夏だ! アニメだ! ゲームも遊ぼう(電撃夏アニメ×ゲーム)”を展開中。この記事もその企画の一環として、Twitterでのプレゼントキャンペーンを実施中ですので、ぜひご参加ください。

『メイドインアビス』の魅力的なキャラクターたちの活躍を改めて振り返る!

 『メイドインアビス』は探検家見習いのリコと人間そっくりのロボット・レグのふたりが底知れぬ巨大な縦穴“アビス”の深層を目指すストーリー。

 かわいいビジュアルのキャラクターと相反して、ハードなシーンが多いのでSNSで話題になることもしばしば。そのため、作品名や「度し難い」などの有名なセリフを聞いたことはあるけど、詳しい内容は知らない人も多いハズ。ここではキャラクターたちの基本情報をお伝えするとともに各キャラクターの活躍を振り返っていきます。

 コミックやアニメを見ている人は懐かしみながら、『メイドインアビス』にまだ触れていない人は「こんなシーンがあるんだ!」と楽し……いや、興味を深めていただければ幸いです。記事の性質上、『メイドインアビス』のネタバレになってしまう記述があります。その点のみご承知おきください。

 とはいえ、テキストで読むのとコミックやアニメを実際に見るのとでは衝撃の度合いが違います。『メイドインアビス』を未見のライターにこの原稿を読んでもらってからアニメを見てもらったのですが、「事前に知っていても心に来るぞオイ」との言葉をいただけましたので。声優さんの演技を含め、描写が本当にすごいんですよ……。興味を持った人はコミックやアニメ、そしてゲーム『メイドインアビス 闇を目指した連星』に触れていただければ幸いです。

 なお、『メイドインアビス 闇を目指した連星』はプレイヤーが新人探窟家を操作してアビスに挑むゲームオリジナルのストーリー“DEEP IN ABYSS(ディープインアビス)”のほか、『メイドインアビス』の物語を追体験する“HELLO ABYSS(ハローアビス)”も収録されているので、アニメや原作コミックを知らなくても本作から『メイドインアビス』の世界に入り込むことができます。



あらすじ

 まずは『メイドインアビス』がどういったストーリーなのか簡単に説明しましょう。本作の舞台は約1900年前に発見された巨大な縦穴・アビス。

 主人公は、探窟家が築いた街・オースにある孤児院で育った探検家見習いのリコ。探検家であった母の「奈落の底で待つ」という封書を読んだ彼女は、ロボットのレグとともにアビスの深層を目指すことになります。以下で主要キャラクターたちの魅力を紹介していきます。

リコ

 英雄“白笛”のライザを母に持つ探検家見習い。金髪のツインテールと大きなメガネがトレードマークの女の子です。なお、“水晶板を通してものを見ないと頭痛を起こす”という体質でメガネをしているため、視力が悪いわけではないです。

 リコが母に会うため危険なアビスを冒険するというのが本作の大きなテーマですが、彼女の出生の秘密に関してはアニメの6~7話で明かされます。

 アビスに関する知識が深く、とっさのトラブルに対する判断力・応用力を持っていますが、その半面で戦闘力はほとんどありません。また、彼女の強さのひとつはメンタル面の強靭さです。彼女のアビスに対する情熱はアニメ1話から描かれていましたが、それは探検を始めてからも変わらず。

 また、リコといえば料理は欠かせないポイントです! アビスに生息する生物を仕留めて調理するシーンがありますが、味噌汁やステーキ、鍋などどれも美味しそうなものばかり。もとの生物のことなどを忘れるぐらい食欲をそそります。もちろん、ゲーム内でもリコの料理は登場します!

 ゲームの“ハローアビス”ではリコを操作して進めていくことに。

 原作にも登場した危険な原生生物たちが襲いかかってくるのですが、彼女はとても非力。油断するとすぐにやられてゲームオーバーになってしまうので気を付けながら進む必要があります。

 また、高い場所へ移動すると“アビスの呪い”が発生してペナルティを受けるため、その点からもアビスの緊張感をリアルに味わえます。

 一方で原生生物を近づかせなくさせる“発煙筒”や、原生生物を観察して図鑑に登録する“単眼鏡”などの多彩なアイテムを駆使することができ、その知識で過酷な冒険を生き抜いていくことができます。

 倒した原生背物を解体した食材や採取や採掘で手に入れた素材は“クラフト”で料理や道具、武器に変えることができます。とくに料理の種類は豊富で、原作に登場しなかったものもたくさんあります。

リコの名言ピックアップ

「1人だったら、絶対無理だった。レグのおかげでここまで来れたんだ。ありがとね、レグ!」

 リコの名言はアニメ9話からピックアップ。深界三層“大断層”にたどり着いたリコ。その名の通り巨大な垂直の壁になっている“大断層”ですが、白笛のひとりである“不動卿”オーゼンに教わった縦穴を利用して下を目指すことに。

 ベニクチナワという原生生物に襲われたリコを救うためにレグは火葬砲を撃ちますが、その反動で眠りに。リコはレグの体を引っ張りながら冒険を進めていきます。そして、またもベニクチナワに襲われたリコを目覚めたレグが救出。

 今までレグに助けてもらっていたことを実感したリコが改めてレグに感謝を述べるというシーンです。ふたりの絆を感じることができる素敵な名言になっています!

レグ

 リコによって拾われた少年型のロボットで、本作のもうひとりの主人公です。記憶喪失で自分がロボットであることすら忘れていたため、リコが“レグ”という名前をつけました。なお、レグはリコが昔飼っていたイヌの名前になります。

 人間そっくりで食事をしたり涙を流したりすることもありますが、両腕を高速で射出するというロボットらしい性能も。また、リコを軽々と持ち上げる腕力や、並の刃物では体に刃が通らない頑丈さを持っています。

 手のひらと足裏のレンズからは“火葬砲”という光線を放つことができ、これはアビスにいる不死の存在にもダメージを与えることができます。

 レグのバトルシーンはどれも必見ですが、とくに劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』でのボンドルドとの戦いは迫力満点。『メイドインアビス 深き魂の黎明』はバトル以外も心がざわつく印象深いシーンがたくさんありますが、レグのバトルを堪能したい人にとっては見逃せない作品になっていますよ。

 ゲームでは、最初はリコだけで冒険する“ハローアビス”ですが、ゲームを進めるとレグが仲間に。後を付いてきてくれるようになります。

 彼は自動で敵を倒してくれるのですが、とても強いので頼りになります。序盤の冒険が大変なぶん、彼が仲間に加わることで一気に冒険がラクになるのでリコの気持ちがよくわかります(笑)。

 また、彼の活躍は戦闘だけではありません。本来、高いところから降りるにはロープが必要ですが、“ハローアビス”ではワイヤーで腕が伸びるレグが下まで運んでくれます。レグがリコをおぶって移動するシーンはアニメにも多いので、しっかりゲームに再現されているのはうれしいですね。

名言ピックアップ

「泣いてる場合か! ためらった分、リコが苦しむんだぞ!」

 レグの名言は深界四層を冒険するアニメ10話からピックアップ! リコが原生生物であるタマウガチの毒針で苦しみ、彼が処置をするシーンです。

 難しい決断を迫られ、泣きながら迷うレグですが、その後に「泣いてる場合か! ためらった分、リコが苦しむんだぞ!」という言葉とともに行動を実行。目を背けたくなるようなシーンですが、レグの決意が伝わってくるアツい名場面になっています。

ナナチ

 タマウガチの毒によって絶体絶命のピンチだったリコとレグの前に現れた半獣人。もともとは極寒の土地・セレニで物を拾って生活していたところ、ボンドルドの勧誘を受けてアビスにやってきたという経緯があります。

 性別は不明ですが、レグに被毛を触られそうになったときは「いやらしい」と顔を赤らめるという女性のような反応も。可愛らしい一面があります。ゲームでのナナチはどのように描かれるのでしょう? 楽しみなところです。

オーゼン

 オーゼンは深界二層にある“監視基地(シーカーキャンプ)で防人をしている人物。リコたちが最初に出会った“白笛(※探窟家のランクを表すもの。白笛は最上位)”の探窟家ですが、2メートルを超える身長だったり無類の怪力を誇っていたりとインパクトのある人物。じつは、かつてリコの母であるライザを育てたこともあります。

 リコ相手に辛辣な態度を取り続けたため、怒ったレグと戦闘になりましたが、そんなレグを一方的に叩きのめすシーンはインパクトがありました。ゲームでも彼女と戦うことができるのか楽しみですね。アニメではレグがまったく歯が立たなかったので、実際にどれぐらい強いのか体感してみたいです(笑)。

 辛辣でひねくれた性格ですが、下層で生き残れるようにリコとレグを鍛えたりと、じつは面倒見のいい人物です。

 ということで今回はキャラクターたちの魅力を振り返りました。次回は『メイドインアビス』の“呪い”について語っていこうと思うので、こちらもぜひ注目してみてください!


アマギフコードが当たる! 電撃夏アニメ×ゲーム特集を展開中!

 2022年9月4日(日)23:59までに、電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしたうえで、キャンペーン対象となる“#電撃夏アニメゲーム”のハッシュタグが付いた記事をRTしてくれた方の中から抽選で3名様にAmazonギフト券3,000円分をプレゼントいたします!

 対象ハッシュタグが付いた記事は順次公開され、キャンペーン対象となるツイートについては別記事にまとめております。当選者に対しては9月中にTwitterのDMで当選連絡を行い、Amazonギフト券のコード送付を行います。注意事項はこのページの下部を参照ください。

【Twitterキャンペーン注意事項】※あらかじめご了承のうえでご応募ください
・応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。
・電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしていることが参加条件となります。当選発表前にフォローを解除した場合、当選権はなくなりますので、ご了承ください。
・投稿に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
・投稿いただいた内容は、電撃オンラインなど、株式会社KADOKAWA Game Linkageの媒体で掲載させていただく場合があります。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
・当選通知日から1週間DMでの返信がなかった場合は当選無効となります。
・キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
・Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。

©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
Licensed to and Published by Spike Chunsoft Co., Ltd.

関連する記事一覧はこちら