アニメ『呪術廻戦』18話が本日再放送。突如現れた謎の侵入者…交流会の行方は!?

電撃オンライン
公開日時

 MBS/TBS系全国28局ネットにて、毎週日曜午後5時より再放送中のアニメ『呪術廻戦』18話のあらすじを紹介します。

 18話は伏黒と加茂のバトルからスタート。

 伏黒は、加茂の赤血操術に苦しめられながらも、鍛えた体術と新たな式神を用いて応戦します。

 しかし、2人の戦いが佳境に差し掛かるころ、想定外の事件が発生。

 交流会に謎の侵入者が……!?

第18話“賢者”あらすじ

 各所で勝敗が見え始めた交流会1日目。伏黒は御三家の嫡男・加茂と対峙していた。

 自身の血を操る“赤血操術”を使う加茂に、伏黒は式神と体術で対抗する。

 同じ頃、狗巻は言霊の増幅・強制術式である“呪言”を生かして場を進めていく。

 その狗巻が突如感じた不穏な気配に振り返るとそこには――。

 想定外の事が起こり始める交流会。戦いの行方は――。


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

関連する記事一覧はこちら