『タクティクスオウガ リボーン』フルボイス対応、バトルデザインをリメイクして11月11日発売

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスよりPS5/PS4/Switch/Steam(PC)『タクティクスオウガ リボーン』が2022年11月11日(金)に発売されます(Steam版は2022年11月12日(土)発売)。本記事では、『タクティクスオウガ リボーン』の見どころなどについて紹介していきます。

タクティクスオウガの遷移と系譜

古の昔
力こそがすべてであり
鋼の教えと闇を司る魔が支配する
ゼテギネアと呼ばれる時代があった

 この枕詞から始まる「オウガバトルサーガ」は、ゼテギネアと呼ばれる時代を描いた全8章からなる叙事詩です。

 1993年スーパーファミコン用のシミュレーションRPGとしてエピソード5にあたる『伝説のオウガバトル』を発売。当時の日本国内では馴染みのないリアルタイムストラテジータイプのゲームでありながら、その自由度と完成度の高さは多くのユーザーから賞賛されました。特にグラフィックや演出面、やり込みたくなるようなゲームシステムの高い評価でヒットを叩き出しています。

 1995年、スーパーファミコン用タクティカルRPGとしてエピソード7となる『タクティクスオウガ』を発売。『伝説のオウガバトル』とは異なるアプローチで、クォータービューによる高低差のあるフィールドでのバトル、独自性のある緻密なピクセルアート、マルチストーリー&マルチエンディングで進行する重厚な群像劇など、すべての構成要素が驚異的な完成度を誇り、このジャンルとしては異例のヒットを飛ばし、今なおユーザーから高い支持を得ています。

 2010年、スーパーファミコン版のオリジナルスタッフを核とし、大幅なシナリオ加筆、多彩なキャラクター育成、新システムや豊富なやり込み要素を盛り込み再構築を図った『タクティクスオウガ 運命の輪』をプレイステーションポータブルで発売。好評を博しました。

 そして2022年、タクティカルRPGの金字塔『タクティクスオウガ』が更なる進化を遂げ、今ここに新生!

 『タクティクスオウガ 運命の輪』(2010)をベースに、グラフィックやサウンドのパワーアップのみならず、ゲームデザインに踏み込むことにより、新たな『タクティクスオウガ』として時代に即した発展を遂げました。

 かつて『タクティクスオウガ』をプレイしたことのある方には“思い出を越える”体験を、初めて『タクティクスオウガ』をプレイする方には“いままでにない”体験を提供します。プレイヤーが物語の世界をより堪能できる形で現代に生まれ変わりました。

『タクティクスオウガ リボーン』の特徴

映像表現力の向上 ~グラフィックの高解像度化のみならず、操作の利便性を図りUIを一新~

サウンド表現力の向上 ~カットシーンをフルボイス対応、SEを再構築、生演奏で再レコーディングされたBGMが物語を盛り上げる~

バトルデザインをリメイク ~キャラクター育成、バトルAIをはじめとするバトルデザインをリメイク~

映像表現力の向上 ~グラフィックの高解像度化のみならず、操作の利便性を図りUIを一新~

・キャラクターとBGを高解像度化

 オリジナルの『タクティクスオウガ』から比類なきクオリティを誇っていたキャラクターとBGの描写をさらに高解像度化。このゲームの持ち味となっている「緻密に描かれたピクセルアート」の風合いを活かした形で表現を強化しています。

・UIを一新

 UIについても高解像度化のみならず、情報把握のしやすさや操作手順の簡略化を考慮して一新を図りました。



サウンド表現力の向上 ~カットシーンをフルボイス対応、SEを再構築、生演奏で再レコーディングされたBGMが物語を盛り上げる~

 カットシーンをフルボイス対応し、SEも再構築!

 様々な思想を持った登場人物たちによって構成される重厚な群像劇に、より一層の没入感を与えるのみならず、バトルシーンの臨場感もアップしました。

 音声は「日本語」と「英語」2種類の音声を収録。ゲーム内のコンフィグからいつでも切り替えが可能です。


 『タクティクスオウガ』のコンポーザー崎元仁氏の手によって、すべてのBGMを生演奏で再レコーディングしました。

 時には怪しい旋律に緊張感が走り、時には優しい旋律にほっと一息つく。生演奏ならではの音の伸びや余韻が、ゲームプレイの没入感をより一層高めます。さらに本作書下ろしの新規楽曲も収録しております。


バトルデザインをリメイク ~キャラクター育成、バトルAIをはじめとするバトルデザインをリメイク~

 オリジナルの『タクティクスオウガ』と『タクティクスオウガ 運命の輪』で良かった点を採用、さらに新規要素を取り入れ、バトルデザインのリメイクを図りました。今回はその一部をご紹介します。

ユニットごとのレベル管理

 『タクティクスオウガ 運命の輪』で採用していたクラスごとにレベルを管理するシステムから、ユニットごとにレベルを管理するシステムに変更。

 ユニットごとに、クラスによる成長の変化、武具、スキル、魔法をどのように組み合わせるか、そのうえでどのようなユニット編成でバトルに挑むかといった「考える楽しみ」をシンプルに体験いただけます。



バトルAIを一新

 バトルフィールドの形状や戦局に応じて敵の戦術が変化。シチュエーションに応じてどう戦うかを考えることが楽しい、飽きのこないバトルを演出します。



プレイアビリティの向上

 バトルのテンポ向上やオートセーブ機能などはじめとし、遊びやすさを追求してさまざまな改善を施しています。



プロローグ

 オベロ海に浮かぶヴァレリア島…。古来より海洋貿易の中継地として栄えたこの島ではその覇権を巡り、民族間で紛争が絶えなかった。そうした永い戦いに終止符を打った男がいた。後に覇王と呼ばれたドルガルアである。

 ドルガルア王は民族間の対立を取り除くことに努め、ヴァレリアは半世紀に渡り、栄えることとなる。

 しかし王の死後、その後継を巡って貴族階級のバクラム人、人口の大半を占めるガルガスタン人、少数民族のウォルスタ人の三民族が覇権を争い、ヴァレリアは再び内乱状態に陥った。

 バクラム陣営、ガルガスタン陣営が島を二分する形で一旦沈静化したかに見えた内乱だが、それがつかの間の静寂であることを知らぬ者はいなかった。


登場人物

デニム・パウエル【Denam Pavel 】 CV:前野智昭

「僕は理想のためにその手を汚すことができるのか…?」

 ウォルスタ人、18才。本作の主人公。港町ゴリアテが暗黒騎士団に襲撃された際、父・プランシーを連れ去られてしまう。以後、ウォルスタ解放軍の一員として、姉のカチュア、幼なじみのヴァイスと共にバクラム、ガルガスタン陣営に対してゲリラ活動を行う。

 正義感が強く、また、理想をかなえるための実行力を持つ。その一方で思慮深くもあり、戦う意味について思い悩むこともある。


カチュア・パウエル【Catiua Pavel 】 CV:Lynn

「約束して。姉さんから離れないって。ね?」

 ウォルスタ人、19才、闇竜の月15日生まれ。デニムの姉。ウォルスタ人。幼い頃に母親を亡くし、以来父と弟の3人で暮らしてきた。弟・デニムに、過剰な愛情を注ぐ。

 神父でもある父の手ほどきで、プリーストとしての修行を積んでおり、弟のデニム、幼なじみのヴァイスらとともにゲリラ活動に参加する。しかし、それは理想のためというより、弟・デニムを失うのを恐れるがゆえである。


ヴァイス・ボゼック【Vyce Bozeck】 CV:杉山紀彰

「戦いたくて戦ってるんじゃねぇや。犬死にしたくないだけだ、俺は」

 ウォルスタ人、18才、神龍の月14日生まれ。唯一の肉親であった父親を暗黒騎士団によって殺され、天涯孤独の身となる。

 ウォルスタ人が虐げられていることに強い反感を抱き、積極的にゲリラ活動に参加する。行動力に富み、デニムとはお互いを補い合える関係。


ドルガルア・オヴェリス・ヴァレリア【Dorgalua Oberyth Valeria】

 バクラム人、享年65才。旧ヴァレリア王国の国王。無数の国家が乱立する中、その卓抜な頭脳と深い人望によって全島をまとめた男。国王となった後は「民族融和」制作を打ち出し、人民から名君と称えられた。

 しかし、ドルガルアの死後、後継者不在によりヴァレリアは再び内乱に突入してしまう。偉大な功績を称え、「覇王ドルガルア」と呼ばれることも。

ジュダ・ロンウェー【Juda Ronwey】

「何を心配しておるのだ? 大丈夫だ、ヴァレリアの神は我らに味方している。」

 ウォルスタ人、52才、闇龍の月15日生まれ。元アルモリカ城の城主。

 内戦突入後、全人口の1割に満たない少数派民族であるウォルスタ人の指揮者としてガルガスタンに対応してきた。果敢にも半年間に渡って戦闘を続けたが、結局は敗北。現在は虜囚の身。

ブランタ・モウン【Brantyn Morne】

「この世に“公平”なんて言葉はない。人は生まれつき“不公平”なのだ。」

 バクラム人、49才、闇龍の月11日生まれ。バクラム・ヴァレリア国の国主。ヴァレリア王国のドルガルア王の亡き後、司祭の立場から一気に摂政へ成り上がり、その実権を握った野望に燃える男。

 ドルガルアの絶対的な信頼を得ていながら、なぜ王家をないがしろにするような行為に及んだのか、その真意は不明である。

ランスロット・タルタロス【Lanselot Tartaros】

「不満をこぼしたいからこそ、弱者の立場に身を置く。彼らは望んで“弱者”になるのだよ」

 ローディス人、38才、地竜の月22日生まれ。ヴァレリア島北方に位置する大国「ローディス教国」が、バクラムの指導者ブランタとの密約に応じてヴァレリアに送り込んだ「暗黒騎士団ロスローリアン」の総長を務める男。

 同騎士団は同国の国主・サルディアン教皇直属の騎士団であることから、ランスロットは教皇の片腕的存在と推測される。

レーウンダ・バルバトス【Leundar Balbatos】

「卑しきウォルスタ人ごときにこの私が屈するとでも思うのか!」

 ガルガスタン人、43才。ガルガスタン王国の指導者。ヴァレリア島の南半分を手にするため「民族浄化」を掲げてウォルスタ人の排斥を画策。

 その強引な制作は同民族からも反発を受けたが、それすらも軍事力によって粛清を行っている。ガルガスタン王国を支配する冷徹な男。

商品構成(パッケージ版)

■通常版 希望小売価格:5,480円(税込)

■タクティクスオウガ リボーン コレクターズエディション(e-STORE限定版)

販売価格:22,000円(税込)
内容物:
・ゲーム本編
・ミニサウンドトラックCD(全15曲)
・スクリプトブック
・公式画集
・タロットカード、収録用ポーチ、マットの3点セット

ゲーム本編に加え、
・生演奏で再レコーディングされたゲーム実装楽曲を15曲収録したミニサウンドトラック(CD)
・全章のシナリオを収録した3巻組スクリプトブック
・吉田明彦氏と政尾翼氏のイメージイラストなどを収録した公式画集
・タロットカードに収納用ポーチとマットをつけた3点セット
を特製のボックスに収めてお届けします。

■店舗別購入特典

Amazon.co.jp限定特典:オリジナルクリアファイル

e-STORE限定:抽選で500名様に当たる!「ガラスのカボチャ」
(『タクティクスオウガ リボーン』版)

 e-STOREで、パッケージ版『タクティクスオウガ リボーン』(通常版/コレクターズエディション)、Steam版(スタンダードエディション/デジタルプレミアムエディション)のいずれかをご予約・ご購入された方の中から抽選で、500名様に「ガラスのカボチャ」(『タクティクスオウガ リボーン』版)をプレゼントいたします。

※本作のPS4版は、追加費用なしでPS5版にアップグレードすることが可能です。PS4パッケージ版をお持ちの場合、PS5ダウンロード版のダウンロード/プレイに際しディスクをPS5本体に挿入いただく必要があるため、ディスクドライブ搭載モデルのPS5を所有している必要があります。
※タクティクスオウガ リボーン コレクターズエディションは、スクウェア・エニックスe-STOREの数量限定商品です。
※店舗別購入特典は、数量限定です。数に限りがございますので、あらかじめご了承願います。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※画像はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※e-STORE購入キャンペーンの賞品である「ガラスのカボチャ」(『タクティクスオウガ リボーン』版)は、今後のマーケティング施策にて他のプレゼントキャンペーンでも景品として配布される可能性があります。

商品構成(ダウンロード版)

■スタンダードエディション 販売価格:5,480円(税込)

■スタンダードエディション予約購入特典

タクティクスオウガリボーンデジタルミニサウンドトラック

 ゲーム実装楽曲の中から3曲をセレクト。作曲家・崎元仁氏の手により、生演奏でリレコーディングされた楽曲をお楽しみいただけます。

■デジタルプレミアムエディション

販売価格:8,780円(税込)
内容物:
・ゲーム本編
・『タクティクスオウガ リボーン』オリジナル・サウンドトラック

 作曲家・崎元仁氏による『タクティクスオウガ リボーン』のために新たに書き下ろした楽曲や「Fight It Out!」「Limitation」など『タクティクスオウガ』でおなじみの曲を含む生演奏で再レコーディングされたゲーム実装楽曲74曲を収録。

■デジタルプレミアムエディション予約購入特典

『タクティクスオウガ』(1995)デジタルミニサウンドトラック

 1995年に発売されたオリジナル版『タクティクスオウガ』の音源から10曲をセレクト。生演奏で再レコーディングされた『タクティクスオウガ リボーン』の楽曲とは一味違う、当時から既に完成されていた音源をお楽しみいただけます。

※デジタルプレミアムエディションはPS5版、PS4版、Steam版のみでの販売となります。
※予約特典は、2022年11月10日23:59までの予約購入で入手できます。
※各種コンテンツのご利用にはインターネット接続が必要です。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※画像はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※「『タクティクスオウガ リボーン』オリジナル・サウンドトラック」は後日単品での販売を予定しています。「『タクティクスオウガ リボーン』デジタルミニサウンドトラック」および「『タクティクスオウガ」(1995)デジタルミニサウンドトラック」は後日販売する可能性がございます。


(C)1995, 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

関連する記事一覧はこちら