『アズレン』に続くYostarの本気。『エピックセブン』が大作RPGたる3つのポイント

げっしー
公開日時

 Yostarは、2019年配信予定のiOS/Android用アプリ『エピックセブン』のメディア向け体験会を開催しました。

 本作は、Smilegate Megaportが韓国・北米・台湾などでグローバルサービスを行っている、スマートフォン向けの美麗アニメティックRPGです。

 本記事では、メディア向け体験会で行われた『エピックセブン』に関するプレゼンテーションの模様をお届けします。

代表取締役社長・李衡達さんからの挨拶

 会場にはまず、Yostarの代表取締役社長・李衡達さんが登壇し、挨拶を述べました。

 『アズールレーン』のヒットで知られるYostar社は当然ながら『アズールレーン』に続く新作アプリの展開をつねに考えていましたが、そのなかでSmilegate Megaport社の『エピックセブン』が気になったとのこと。

 『エピックセブン』は、韓国・北米・台湾などですでにグローバルサービスが行われており、Yostar社内でも多くの人がプレイしていましたが、ほとんどの人が「このゲームはおもしろい!」という感想を持ったため、開発のSUPERCREATIVEに日本での展開を打診したそうです。

 なお、Yostarは『エピックセブン』の日本でのローカライズやカルチャライズ、サポートを担当していくとのこと。

『エピックセブン』の軸となる3つの要素とは?

 体験会の前には、本作に関する説明を実施。まずは、PVとともに作品のベースとなる世界観について紹介されました。

 本作は神話的、ファンタジーな世界の中で、濃密なストーリーが展開される2Dターン制アニメRPG。主人公・ラスが女神からの命を受けて、魔神との戦いに挑む物語が展開されます。

 続いては、その物語を彩るキャラクターについて紹介が行われました。

 数多く登場するキャラクターの中から、ラス(声優:広瀬裕也)、メルセデス(声優:櫻庭有紗)、アルカサス(声優:吉田有里)、アイテール(声優:高森奈津美)がビジュアルとともに紹介されました。

  • ▲女神からの命を受け、魔神との戦いに挑むラス。このキャラクターを中心に物語が展開されていきます。
  • ▲人間とは異なる“ホムンクルス”という種族のメルセデス。そのため人間に興味があり、時折行動や言葉を真似するようです。
  • ▲かわいらしい見た目のアルカサス。しかし、バトル中は本来の姿である神々しい獣へと変身します。
  • ▲こちらもかわいらしい見た目のアイテール。……王子ということで性別は男です。

 また、本作の特徴としては“ハイクオリティな2Dグラフィックス”、“妥協のないクオリティを追求した戦闘中の2Dアニメーション”、“没入感を高めるストーリーアニメーション”が挙げられていました。

  • ▲本作では2Dグラフィックスに注力。メニュー画面や戦闘シーンなど、ゲーム内では一貫してハイクオリティな2Dグラフィックスを維持しています。
  • ▲戦闘でのスキル発動時には、カットインアニメーションが挿入。迫力満点の演出で戦闘をさらに盛り上げます。
  • ▲ストーリーパートにも随時アニメーションを挿入。ストーリーへの没入感をより高めてくれます。

 さらに、本作では“戦略”、“クオリティ”、“スピード”を軸に注力。この3つの要素によりターン制RPGの新たな体験を提供していくとのことでした。


 なお、本作の事前登録は10月7日より開始されています。詳細は公式サイトをご確認ください。また、実際にゲームを先行プレイした感想は、近日中に別記事で紹介します。

  • ▲キャラクターをイメージしたドリンクも。メディア向け体験会用に作られたものですが、実際にコラボメニューとしても飲みたくなるレベルでした!

『エピックセブン』の事前登録受付中!

 公式サイトでは『エピックセブン』の事前登録を受付中です。

 事前登録者数に応じて、最大10回召喚分の天空石をもらえるので、事前登録をお忘れなく!

(C) 2019.SUPERCREATIVE Corp. All rights reserved. Published by Smilegate Megaport, Inc. & Yostar, Inc.