3周年まであとわずか! 『スパロボDD』は“今始めるとお得だよ!!” 【スパロボDDコラム#71】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 バンダイナムコエンターテインメントより配信中のiOS/Android用アプリ『スーパーロボット大戦DD』の第71回コラムをお届けします。

 『スパロボDD』が3周年を迎える8月22日まで、ついに残すところわずか! ゲーム内でも、3周年に向けてさまざまな施策がスタートしています。今回は8月2日に配信された『生スパロボチャンネル[アプリ版]魂の3周年』で明らかになった新情報や、3周年に向けたキャンペーンの数々をご紹介していきます!!

「今始めるとお得だよ!」なキャンペーン続々実施中!! Dクリスタル3000個配布の使い道は!?

 現在ログインするだけで、“魂の3周年”ということでDクリスタル3000個がプレゼントされるキャンペーンが実施中! 『スパロボDD』3年間の歴史の中でも、これまでになかった規模の大盤振る舞いです!!

 また、任意の特殊スキルオーブ50個をもらえる“特殊スキルMAXキャンペーン”も行われています。

 育成の進んでいないパイロットを一気に主力に押し上げるもよし、これまで頼りにしてきた主力パイロットを仕上げるもよし。余った特殊スキルオーブは、汎用スキルオーブに変換できるのでムダになりません!

  • ▲筆者は「やっぱりメインヒロインだから」という理由で“フェノメナー(メグ)”を選択。もともとレベル9まで育っていたが、一気にレベル20に。戦闘力も大幅に向上した。

 さらに、任意のSSR必殺技パーツ1個がもらえる“SSRセレクトキャンペーン”もラインナップが更新。これまでは各ユニットの“最初に実装されたSSR必殺技パーツ”だけが対象だったのですが、一部を除き、2つ目のSSR必殺技パーツも選べるようになりました。利用は1回限りなので、どれをもらうべきか……迷いますね!!

 そのほか、大量のブックコードが手に入る“パイロット養成キャンペーン”や、デイリーミッションの報酬が2倍になる“デイリーミッションパワーアップキャンペーン”、豪華なラインナップの“魂の3周年 カウントダウンログインボーナス”など、さまざまな施策が行われています。毎週1枚(期間中に最大9回)、SSR1個が確定排出される10連ガシャチケットも配布中です。

 ……と、まさにオオチPお得意の「今始めるとお得だよ!」状態なのですが、やはり何と言っても、Dクリスタル3000個配布がありがたい!

 もちろんDクリスタルの使い道は各自の自由ですが、現時点でのオススメは“SSR10個確定 スペシャルステップアップガシャ”。1周限定ですが、4ステップにわたって、排出されるすべてのパーツがSSRという、空前絶後の10連ガシャになっています。

 その分消費するDクリスタルは1ステップにつき500個と多めなのですが、4ステップ回しても2000個。配布される3000個から、差し引き1000個が余るという計算です。ということで、筆者も1周(4ステップ)に挑戦してみました! 結果はこちら!!




 いやあ、この“SSR10個確定”ってのは何度見ても壮観ですな! 個人的には、ガンレオン用の“ライアット・ジャレンチ”が出てくれたのが特にうれしいですね。実装時の4ステップアップガシャに挑戦した際、結局手に入れることができなくて諦めたパーツなので……。挑戦された皆様はいかがでしたでしょうか?

 そういえば『生スパロボチャンネル』では、寺田貴信スーパーバイザーが“SSR10個確定 スペシャルステップアップガシャ”を1ステップだけ回して「(残りのDクリスタルは)後々に取っておこう」と言っていたんですよね。筆者などは「もしかして、まだなにか開発スタッフしか知らない隠しダネがあって、そのために温存しているのか?」なんて勘ぐってしまったのですが、はてさて、どうするのが正解なのか……。

仲間たちとともに強敵に挑む新イベント“共闘戦”開催決定! “対決戦”も正式版にパワーアップ!!

 『生スパロボチャンネル』では、今後の『スパロボDD』の更新内容も明らかに! なんと、新機軸のイベントとして“共闘戦”がスタート予定!!

 こちらは、『スーパーロボット大戦X-Ω』で言うところの“強敵イベント”のように、複数のプレイヤーで強敵に挑戦するというもの。敵のHPがプレイヤー間で共通となっており、これをみんなで削り、撃破を目指すことになるそうです。

 しかも、ショートシナリオ付きで、メグやサキミらMARTのDTテストパイロットチームの物語が楽しめるとのこと!!

 また、今年3月にβ版として開催されたPVP(対人戦)イベント“対決戦”も、ついに正式版として帰ってきます! バトルログが参照可能なスキップ機能を実装するなど、プレイヤーから寄せられた改善点をフィードバックし、快適にプレイできるようになっているようなので楽しみですね!!

 ほかにも、放置で報酬が獲得できる“派遣機能”が実装される模様。これらの新イベントは開催され次第、本コラムでも取り扱っていきますので、お楽しみに!!

幻の武器“試作型縮退砲”が新たな姿で復活! “ブラックホールディスラプター”実装!!

 イベント“ディナイ・イグジスタンス”の開催に合わせて、グランゾン用の“ブラックホールディスラプター”とZガンダム用の“ウェイブライダー突撃”、2種のSSR必殺技パーツが追加されています。

 このうち“ブラックホールディスラプター”は、8月15日(13:59)まで開催されている4ステップアップガシャでの期間限定排出となっているので、グランゾンを主力で使っているプレイヤーはお見逃しなく!!

SSR ブラックホールディスラプター

【ユニットパーツデータ】ブラックホールディスラプター



ブラックホールディスラプターの評価(SS)

 気力10上昇ごとに攻撃力・防御力・照準値が強化され、ブラックホールディスラプターの必殺技威力も増加します。あとは命中時に「覚醒」が発動。

 効果は以上で、ここ最近のものとしてはいたってシンプルですね。それでも十分なほど強力なパーツに仕上がっていますね。まさに、こういうのでいいんだよというパーツです。

 グランゾン3つ目のSSR必殺技パーツとなる“ブラックホールディスラプター”。聞き覚えのない名前なので「ナニコレ?」と首を傾げた『スパロボOG』ファンも多かったのではないでしょうか。それもそのはず、この『スパロボDD』が初登場となる新必殺技なのです!!

 とはいえモチーフとなった武装はあるようで、『生スパロボチャンネル』での寺田スーパーバイザーの発言によると、2000年に発売されたプレイステーション版『スーパーロボット大戦α』に登場した“試作型縮退砲”がそれ。

 “縮退砲”といえば、グランゾンの真の姿であるネオ・グランゾンの最強武装。ネオ・グランゾンの背面に装着されたバリオン創出ヘイロウから生み出された質量を、縮退炉で核縮退させ、ブラックホールクラスターよりも大型のブラックホールを生成、発射する兵器で、小規模ながらも超新星爆発(!!)を引き起こすとされています。『スパロボ』シリーズの長い歴史の中でも、屈指の威力を誇る必殺技として、数多くのプレイヤーに記憶されていることでしょう。

 そんな“縮退砲”の原型となった武装だけに、“試作型縮退砲”も非常に高い威力を誇る武装だったのですが、移植作品であるドリームキャスト版『スパロボα』ではなくなっており、後にも先にもPS版『スパロボα』の1作でのみ使われていました。

 “試作型縮退砲”がモチーフになった“ブラックホールディスラプター”ですが、その戦闘デモ演出は完全新規。

 名称や設定などとともに『魔装機神』シリーズの生みの親である阪田雅彦さんが監修しており、“ブラックホールディスラプター”の使用時には、サイバスターの最強必殺技である“コスモノヴァ”とよく似た魔法陣が現れます。

 『生スパロボチャンネル』での寺田スーパーバイザーの発言によると、これは全属性の魔法陣であり、“コスモノヴァ”と対比されるものだろう、とのことでした。

 ちなみに“ディスラプト(disrupt)”とは“破壊”や“崩壊”などを表す語句。ブラックホールにより、敵に致命的な崩壊をもたらす必殺技には、ピッタリなネーミングではないでしょうか。

SSR ウェイブ・ライダー突撃

【ユニットパーツデータ】ウェイブ・ライダー突撃



ウェイブ・ライダー突撃の評価(S)

 無条件で攻撃力・照準値・運動性が増加し、気力10上昇ごとにも攻撃力・照準値・運動性が強化されます。また、「宇宙」にいるとき、さらに攻撃力・照準値・運動性が増強。

 そして、ブレイクゲージ減少量の増加効果に加え、宇宙の地形適応をSにする効果もアリ。完全に宇宙に特化した性能ですね。宇宙のみを考えれば、文句なくSS評価をつけてもいいレベルといえます。宇宙以外でも、射程を伸ばしてブレイカー役など、使いどころはかなり多そうです。

 Zガンダム4つ目のSSR必殺技パーツ“ウェイブライダー突撃”。Zガンダムはサービスイン当初から実装されていたユニットということもあり、パーツが充実してきましたね。

 ウェイブライダーに変形しての突撃は、原作『機動戦士Zガンダム』最終話で、パプティマス・シロッコが乗るジ・Oに対して放った、カミーユが操るZガンダムとしては最後の攻撃。

 Zガンダムに搭載されたバイオセンサーが超常的な力を発動し、フォウ、ロザミア・バダム、エマ・シーン、3人の女性の残留思念を伴って敢行されました。ウェイブライダーの機首はジ・Oのコクピットを貫き、カミーユはシロッコを討ち果たしますが、代償としてその精神を連れて行かれることになってしまいました。

 ……と、悲劇的な結末につながったウェイブライダーによる突撃ですが、TVシリーズから実に20年を経て公開された『劇場版 機動戦士ZガンダムIII ‐星の鼓動は愛‐』では事情が異なります。こちらではフォウ、ロザミア、エマ、レコア、4人の残留思念とともに放たれ、シロッコ撃破後にモビルスーツ形態へと再変形。カミーユは精神を崩壊させることなく、無事にハッピーエンドを迎えています。

 『スパロボDD』の戦闘デモは、劇場版の演出がモチーフ。変形前にモビルスーツ形態で、グレネードランチャー、ビーム・サーベル、脚部での強烈なキックを繰り出すなど、TVシリーズにはなかった動きが非常に忠実に再現されています。

 なお『スパロボDD』では原作と違い、フォウが生きているため「4人分の残留思念のうち1人分は誰なのか」という疑問が浮上しますが、これについては寺田スーパーバイザーが『生スパロボチャンネル』で説明されていましたね。

 劇場版、『スパロボDD』ともに、突撃後の再変形時にはZガンダム本体から、シールドや背面のスタビライザー、フライングアーマー(ウェイブライダー時にウイングになるパーツ)などがパージされる様子が描かれています。

 作中には登場していないのですが、フライングアーマーは大気圏内での性能を強化したもの(ウイングバインダー)に換装可能であり、これ(と専用シールド)を装着した飛行形態をウェイブライダーではなく、ウェイブシューターと呼びます。

 もともとは、設定から変形機構を簡易化して発売されたガンプラ“(旧)HG MSZ-006 ゼータガンダム”のオリジナル形態として設定されたものですが、近年でもウエイブシューターに変形できる“HGUC・1/144 ゼータガンダム(ウェイブシューター)”が発売されるなどしています。

 かくいう筆者も旧HGガンプラ直撃世代なので、モビルスーツ形態ではZプラスに似たシルエットを構築する、ウェイブシューター仕様のZガンダムは結構お気に入りです(笑)。

“2章Part11”で『コードギアス 反逆のルルーシュR2』参戦!! 紅蓮可翔式

 7月20日にメインシナリオ“2章Part11”が開放。これに伴い『コードギアス 反逆のルルーシュR2』が参戦を果たし、同作からカレンが乗る新ユニット・紅蓮可翔式が追加されました!!

紅蓮可翔式&SSR 輻射波動機構(可翔式)


【ユニットデータ】紅蓮可翔式

【ユニットパーツデータ】輻射波動機構(可翔式)



紅蓮可翔式&輻射波動機構(可翔式)の評価(S)

 紅蓮可翔式は攻撃&命中タイプ、通常攻撃が射程3の斬撃で登場。新機体ではありますが、紅蓮弐式を元にした改造機的な扱いなので、基本的な性能は変わりません。また、SSRパーツであれば、紅蓮弐式用のパーツも必殺技が使用可能となっています。

 輻射波動機構(可翔式)の性能は、気力10上昇ごとに攻撃力・照準値が強化され、気力120以上かつ自分のアクション時のみ、与ダメージ増加し、被ダメージ軽減バリアを展開します。そしてブレイクゲージ減少量増加の効果もアリ。圧倒的というほどではないですが、紅蓮らしいブレイクが特徴で、射程も長めなので使いやすい性能となっています。

 紅蓮可翔式は、カレンの愛機だったKMF(ナイトメアフレーム)・紅蓮弐式が、新開発の飛翔滑走翼を装着して飛行可能になった姿。初登場となった原作『コードギアス 反逆のルルーシュR2』第6話(TURN6)では、ログレス級浮遊航空艦を強襲した紅蓮弐式(甲壱式型腕装備)が、ランスロット・コンクエスターの攻撃により頭部と右腕部を損傷し、海に落下しそうになった際、ラクシャータが飛翔滑走翼と徹甲砲撃右腕部を射出。これらを空中で装着することにより、紅蓮可翔式が誕生しました。さらに壊れた頭部も新たなものになっています。

 飛行機能の追加によるパワーアップは、マジンガーZとジェットスクランダーに代表されるロボットアニメの王道的展開なので、このロマンあふれる空中換装シーンに心震わせた視聴者も多かったのではないでしょうか。

 改良された輻射波動機構を備えた徹甲砲撃右腕部は、格闘戦で高い威力を発揮するだけでなく、輻射波動砲弾を発射しての遠距離攻撃が可能となっており、さらには収束、拡散の切り替えもできるように。

 初陣では、ロングレンジ照射でギルフォードが乗るKMF・ヴィンセントなど3機を一撃で撃破したばかりか、ワイドレンジ照射でジノのトリスタン、アーニャのモルドレッド、2機のナイトオブラウンズ用KMFを無力化することにも成功しました。

 このように華々しい初陣を飾った紅蓮可翔式ですが、次に登場した第10話(TURN10)では、満足な補給を受けられなかったことによるエナジー切れが原因で、黎 星刻が駆るKMF・神虎によって捕らえられ、結果としてパイロットのカレンともどもブリタニアの手に落ちてしまいます。輻射波動砲弾は、神虎の胸部に備えられた必殺武器・天愕覇王荷電粒子重砲と互角に撃ち合える威力だったのですが……。

 この後、ろ獲された紅蓮可翔式はロイドらの手が加えられて紅蓮聖天八極式へと生まれ変わるので、残念なことに紅蓮可翔式としての作中での活躍は、ごくわずかとなってしまいました。

 ラウンズ用KMFとすら渡り合える高性能を誇るも、作中では不遇だった紅蓮可翔式。『スパロボDD』では思う存分、縦横無尽に活躍させてあげましょう! 専用のSSR必殺技パーツ“輻射波動機構(可翔式)”がピックアップ排出される4ステップアップガシャは、8月15日(13:59)までの開催です!!

今年も来たぞ! 水着ガシャ!!

 今回最後のトピックは……みなさんお待ちかねの水着ガシャ! 前回「例年だと8月上旬に開催されているので、今年も……」なんて言っていたら、やっぱり今年もありました!! SSR支援パーツとしての性能評価などの詳細は次回掲載することとして、今回は戦闘デモをチラ見せ!


 今年は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』からアスカ、『鋼鉄神ジーグ』から珠城つばきが登場。どちらもなかなかにキュートですね!

 通常の4ステップアップガシャに加え、毎回恒例の、どちらか片方のパーツが確定排出される1回限定10連ガシャも開催されています。消費Dクリスタルは250個なので、配布された3000個のうち、筆者のようにいくらか使い込んでいても十分挑戦可能です。9月6日(13:59)までの開催なので、まだまだ間に合いますよ!!

 ……といったところで、今回の『スパロボDD』コラムはここまで! 次回は3周年を迎えたお祝いです!!





©Olympus Knights / Aniplex, Project AZ
©賀東招二・四季童子/ミスリル
©賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
©カラー
©サンライズ
©サンライズ・R
© SUNRISE/VVV Committee
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design ©2006-2008 CLAMP・ST
©SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design ©2006-2011 CLAMP・ST
© サンライズ・プロジェクトゼーガ
©サンライズ・プロジェクトゼーガADP
©創通・サンライズ
©創通・サンライズ・MBS
©ダイナミック企画・東映アニメーション
©東映
©永井豪/ダイナミック企画
©Production I.G/1998 NADESICO製作委員会
©1989 永井豪/ダイナミック企画・サンライズ
©1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
©2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
©2006 永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース
©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
©2021 テレビ朝日・東映AG・東映
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら