『とある魔術の禁書目録 幻想収束』ユーザーの質問に開発陣はどう答えたのか?

電撃オンライン
公開日時

 スクウェア・エニックスより配信中のiOS/Android用RPG『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)』。その開発陣が、電撃オンラインに寄せられた読者の質問に答えてくれました。

 この記事で答えていただいている質問は、8月22日~9月4日にかけて読者の皆様からお送りいただいたものから、多かった質問を選出し、若干内容を調整させていただいたものとなります。質問をお送りくださった皆様、ありがとうございます。

 それではさっそく、質問とその答えをご覧ください。また記事の最後には中倉岳大プロデューサーから本作をプレイしているユーザーの皆様へのメッセージもありますので、最後までお見逃しないように。

【質問】新しいキャラの性能を確認するためのテストプレイは行っているのでしょうか?"

 性能のプレイテストは行っています。ただ、今後登場するキャラクターや既存キャラクターのバランスも含めて調整をしているため、ある時点で切り出すとバランスが悪いように見えてしまう場合もあるかもしれません。

【質問】スポットをすべて訪れてから3日間訪れなかった場合、更新回数はどうなりますか?

 更新回数は1回以上は増えません。

【質問】原作小説のどこまでをストーリーにするつもりでしょうか? またスピンオフの『超電磁砲』や『一方通行』などのストーリーの追加予定はありますか?

 オリジナル/スピンオフ問わずゲームが続く限りストーリーは追加していきたいと思っています。できるだけいろいろなストーリーをお伝えできればと考えています。

【質問】今後、キャラはどのくらいのペースで増やしていくのでしょうか? 異能決戦ではもっと戦略を練りたいので、いろいろなタイプのキャラがほしいです。

 現在鋭意製作中です! まだアニメに登場していないキャラなども作成中ですよ。ただし、アニメに出ていないだけあって調整は難航しています。

【質問】イラストにいるが未実装のバードウェイやオティヌスは本編登場が割と後ですが、早期の実装予定はありますか?

 本編に則ると数年後になってしまうため、人気のあるキャラクターは早めに実装しようと考えています。ぜひご期待ください!

【質問】『とあるIF』を作る時に一番がんばったまたは一番こだわったところはありますか?

 初めて触れる方にもすんなり楽しんでいただけるようにという点と、ファンの方にも納得いただけるようなボリュームにすることを重視しています。『とある』シリーズはとにかくシナリオとキャラクターがぼう大なので、全然終わりは見えませんが……。

【質問】実装済みキャラの3Dモデルを改善していく可能性はありますか

 実装済みのキャラクターは新規キャラクターが落ち着いてからになるかもしれません。気になる部分があれば、ぜひお問い合わせいただければと思っていおります。

【質問】新規実装キャラのサイドストーリー追加の予定はありますか

 すべてのキャラクターではありませんが、サイドストーリーは順次作っています! どのキャラクターのサイドストーリーが読みたいのかなどのご希望もお待ちしております。

【質問】メインシナリオに未登場のキャラの実装順はどうやって決めているのですか? (直近では垣根のような)

 キャラクターの実装順は通年で決めていまして、イベントや機能実装のバランスを考慮しています。垣根帝督については定常キャラクターの追加の必要性と黄色属性の強キャラである点とキャラクター人気からあのタイミングとなりました

【質問】今後、実装済みキャラの性能に関するテコ入れは起こり得ますか

 今後実装していくキャラクターと、既存のキャラクターのバランスについては常に検討しています。今後追加されるキャラクターとの掛け合わせで活きてくる既存キャラクターももちろんいます。

【質問】現状、星1キャラや一部を除く星2キャラをバトルに参加させる意義が薄い気がしますが、低レアリティのキャラに唯一性のある能力をもたせる可能性はあり得ますか

 先述の通り、今後追加されるキャラクターとの組み合わせでより生きてくるキャラクターも出てきますし、実は星2キャラクターしか持っていないスキルも結構あるので、ぜひいろいろ試してみていただけると嬉しいです。

【質問】キャラのタイプ(異能、物理)はバトルでどのような影響があるんですか? 異能パや物理パなどの違いとは? 魔術サイドと科学サイドについても上と同様、どのような影響があるんですか? 

 まず、科学サイドと魔術サイドについては、スキルの効果対象の違いがある場合があります。(ベクトル操作は科学サイドの攻撃を反射など)。

 異能と物理に関してですが、物理なら物理攻撃力のパラメーターと相手の物理防御力が、与えるダメージに影響するといった要素になっております。また連携時にもその影響があります。異能攻撃をするキャラクターをベースにすると、連携させるキャラクターは異能のパラメーターで攻撃します。敵の防御パラメーターは異能か物理かどちらに寄っているかの違いがあるので、連携を有効活用することで攻略しやすくなります。

【質問】モデリングにおけるこだわりはどこですか?

 はじめは3Dで表情もつけていたのですが、アニメのキャラクターにより似せるために、カメラ角度によって顔がより良く見えるように作成をしております。また、素体は共通化されているものではなく、全キャラフルスクラッチなので、身長や頭身は原作設定イメージに近くできているのではないかと思っております。

【質問】現在のバトルシステムになった経緯を教えてほしい

 ある程度の戦略性と複雑になりすぎないルールと誰でも遊べる(反射神経を求められない)ことを目指しました。ただ、結果少し複雑になってしまった気はしています。

【質問】物攻アップ中などは元の攻撃力に足し算なのか掛け算なのかが気になります。

 最初の発動効果としては掛け算です。そこに加わる効果アップに関しては基本的に足し算で実装を行っております。

【質問】どうしてメインストーリーのHARDに回数制限があるのですか?

 ゲームバランス上、先に進むたびに強い敵と戦えるように、このような仕様とさせていただいております。

 HARDは強い敵を倒した報酬として覚醒結晶を獲得できるコンテンツとして用意しています。長い間遊んでいただけるように回数制限を設けさせていただいておりますが、毎日コツコツと進めて覚醒結晶を集めてみてください。

【質問】コラボはしますか?

 先日の『とある科学の一方通行』とのタイアップのように、次の『とある科学の超電磁砲』でも何か絡めたものができないか検討はしております。『とある』シリーズ以外でのコラボも今後前向きに検討したいと思います!

【質問】異能決戦で行動がオートのみでしか遊べない理由はあるのですか。

 現状だと、完全同期でのマルチ対戦ができない状態で、片方がマニュアルでの戦闘を行うとどうしても有利になってしまう状況でした。よって、双方オートで戦うものとしております。

【質問】メインストーリーはアニメになった3期部分まで更新が終わったらその後はどうするのでしょうか? 『新約』をやるのかどうか教えてほしいです。

 『新約』もやりたいと考えております。あとは時間が許してくれる限りです。

【質問】特に『禁書目録』3期はアニメで描写しきれなかった部分がたくさんありますが、ゲームでは台詞や描写の追加はあるのでしょうか?

 3期は追加の予定です。2期までは複雑な部分は読みやすいように注意していたのですが、3期についてはわかりやすさを重視しようと思っています。着手はこれからです。

【質問】夏は水着の限定キャラが連続で来ていましたが、今後の恒常キャラと限定キャラのガチャ開催頻度はどのようになっているのでしょう?

 限定キャラも恒常キャラも追加していきます。新規キャラの制作はかなり時間がかかってしまうのですが、定期的に追加していきたいと考えています。限定キャラもご希望に合わせて、よいタイミングで復刻させることも視野に入れておりますのでご安心ください。

【質問】以前、季節キャラはモーションの追加を検討しているという記事を拝見しましたが、それはすでに実装されている季節限定キャラクターなどもアプデで新規モーションに変更されるという解釈でよろしいでしょうか?

 既出のキャラクターについてモーションを差し替えるということは仕組み上難しいのですが、今後追加されるキャラクターで新モーションを実装していきます。

 先日行われたイベントの季節限定キャラクターとして登場した【黒衣の令嬢】神裂 火織や、10月11日現在開催中の“とある迷子の万聖節ガチャ”から登場する【仮面の男】ステイル=マグヌスは新規モーションになっております。公式Twitterなどで一部のモーションも公開しておりますのでチェックしてみていただけると嬉しいです。

【質問】今後はいむらきよたか先生などの描き下ろしキャラが実装される可能性はありますか?

 ゲーム独自のオリジナルキャラよりもまずは、アニメ化されていない部分を含めての原作小説のキャラをなるべく作っていきたいと思っています。

【質問】ガチャ周り(確率や天井)の改修の予定はありますか?

 細かくはお伝えできませんがあります!

【質問】イベント限定ガチャでゲットしたキャラは、もう出てこないのでしょうか。覚醒結晶を集めるのが難しいです。

 限定キャラもしかるべきタイミングでいずれ復刻の検討もしたいと思っています。復刻して欲しいキャラクターはぜひご要望お待ちしております。

 また、覚醒結晶の集め方ですが、例えば期間限定のイベント中に、目当てのキャラを開放さえできていれば、そのキャラの覚醒結晶をショップで交換してさらに限界突破させることが可能です。

 ショップでの覚醒結晶の交換には、結晶の欠片が必要になります。恒常・限定問わず星6のキャラクターがいる場合は、そのキャラクターの覚醒結晶を新たに手に入れれば、結晶の欠片にすることができるので、限定キャラも星を増やすことができますよ! そのような意味では重複してしまったキャラも無駄にならず、いずれ目当てのキャラの育成にも使えますので、お試しください。

中倉岳大プロデューサーからのメッセージ

 皆さん、『とあるIF』を遊んでいただきありがとうございます。

 まずは10月末のレイドイベントに対する新要素の追加を行いますが、それ以外でもユーザーの皆さんの間で楽しめるコミュニティ要素などの新要素の検討や、もっとストレスなく遊べるようなUIシステムなど、今後のアップデートでいろいろな“楽しんでいただける要素”や“キャラクター”、“機能”、“システム改修”を追加していくので、末永く『とあるシリーズ』ともども『とあるIF』を見守っていただければ幸いです。

 今後ともよろしくお願いします!

(C)2019 TOARU-PROJECT
(C)2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年7月4日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年7月4日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金