【難読漢字】秋の夜長を賑わす“蟋蟀”の読み方は?

電撃オンライン
公開日時

 電撃オンラインの連載企画“難読漢字”。読み方が想像つかないほど複雑なものから、一見簡単そうだけど読みが難しいものまで、幅広く出題していくコーナーだ。

 この企画は、“杠葉 啓二(ゆずりは けいじ)”が担当していくぞ。猫と一緒に暮らすしがない書道家だ。今回も「パッとは読めないかも」という漢字を紹介していくから、みんなで一緒に考えてみよう!

今日の問題は……

 今回の出題漢字は“蟋蟀”。“虫”であろうということはわかる、画数の多い漢字だ。

 ヒントは“〇〇〇〇”。秋の夜長を鳴き通す虫、と言えばすぐに分かるかな。この鳴き声が聞こえてくると秋を感じる……。

答え

 正解は“こおろぎ”!

 童謡『蟲のこゑ』の歌詞にも出てくる、鳴き声が特徴的な虫だ。

 ちなみに、蟋蟀の部分はかつて“キリギリス”と歌われていたそうだ。

 しかし、キリギリスは昼間に鳴く虫なので、今日では“蟋蟀や”と歌われている。「キリキリキリキリ」と鳴くのは、カマドコオロギらしい。

 蟋蟀は、キリギリス亜目。……俺は虫の専門家じゃなくて書道家だから、あまりそのあたりには詳しくないが、二つは似ている虫なのかもしれないな。

 次も難しい漢字を紹介するから、更新をお楽しみに!

関連する記事一覧はこちら