映画『ヒロアカ』の主題歌を歌うのは?

電撃オンライン
公開日時

 12月20日から全国東宝系で公開されるアニメ劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』の予告映像が解禁されました。

 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』は、シリーズ累計発行部数2300万部を突破した堀越耕平さんの人気コミック。これまでTVアニメ第1期~3期が放送され、今年10月12日からは第4期のテレビ放送が始まります。

 映画シーンにおいても2018年夏に初となるアニメ劇場版が公開され、観客動員数139万人・興行収入17.2億円のヒットを記録した『ヒロアカ』の最新作が、この冬12月20日に公開となります。

ド迫力アクションバトル満載の予告映像が解禁!

 雄英高校1年A組全員で訪れた日本のはるか南に位置する離島・那歩島(なぶとう)。クラス全員が胸を高鳴らせる“ヒーローっぽい”活動と、そこで出会う姉弟との絆! そして、そんななか現れる最凶の敵<ヴィラン>“ナイン”との大バトル! すべてのシーンが必見の本作。

 予告編では、解禁時に大反響を巻き起こした井上芳雄さん(ナイン役)と今田美桜さん(スライス役)の演じるキャラクターボイスをいち早く聴くことができます。

 さらに、この熱いバトルを盛り上げる主題歌がsumikaの新曲『ハイヤーグラウンド』に決定しました。

 『ハイヤーグラウンド』は“高みを目指して”という意味を込められて名付けられた、本作のために書き下ろした楽曲で、予告編では一部を聴くことができます。

 sumikaのボーカル・ギター片岡健太さんは「脚本を読んで、この映画に賭ける思いが伝わって、ただごとではないと感じました。僕らも完成を、そして公開を楽しみにしています。」と語っています。

sumika/片岡健太さんコメント

 はじめて逆上がりができた日。「昨日と今日は違うんだ」と知って、明日が楽しみになったあの瞬間のことを、もう一度思い出させてくれる大切な作品に、音楽家として携わることができて幸せです。

 『ヒロアカ』の一ファンとして、映画の公開を心待ちにしています。

プロデューサー/岡村和佳菜さん(東宝) コメント

 片岡さんとはじめてお会いした時、第一印象は爽やかで穏やか、でもお話するとすぐに中身が真っ直ぐで熱くエモーショナルな方だと感じました。それはヒロアカが大切にしている芯の部分であり、きっと素晴らしいコラボレーションになると確信したのを覚えています。

 主題歌『ハイヤーグラウンド』に込めて頂いた、「似通らないそれぞれの旗を掲げて、光の方角へ進んでいこう」というメッセージは、まさにこの作品そのものが持つ大切なメッセージでもあり、素敵な宝物を頂いた気持ちです。

sumikaプロフィール

 神奈川県川崎市出身、片岡健太(Vo./Gt.)、荒井智之(Dr./Cho.)、黒田隼之介(Gt./Cho.)、小川貴之(Key./Cho.)からなる4人組バンド。さまざまな人にとっての“sumika(住処)”のような場所になって欲しいとの願いを込めて、2013年5月に結成。

 2017年7月に発売した1stフルアルバム『Familia』はインディーズながらオリコン週間チャート5位を記録し注目を浴びる。

 2018年はTVアニメ『ヲタクに恋は難しい』OPテーマ、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のオープニングテーマ・劇中歌・主題歌と異例の3曲、そして数々のビッグアーティストがテーマソングを担当したことで知られる“JR SKISKI 2018-2019”のキャンペーンテーマソングに抜擢される。

 3月には2ndフルアルバム『Chime』をリリースしiTunesアルバム総合チャート1位、Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート1位、総合アルバム・チャートでは2位、オリコン週間デジタルアルバムランキング1位を獲得。

 発売日翌日から日本武道館公演を皮切りに横浜アリーナ、大阪城ホール公演2デイズを含む全国16都市24公演の自身最大規模のツアーを開催し、全箇所SOLD OUT、大成功を収める。

 春にはあだち充原作のTVアニメ『MIX』のOPテーマを手掛けるなど、今最も目が離せないバンド。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』作品概要

公開日
12月20日全国東宝系でロードショー

スタッフ(敬称略)
原作・総監修・キャラクター原案
堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

©2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社