映画みたいなハンドガン+斬撃の近接戦が気持ちいい! 『ウォンテッド:デッド』プレイレポート【TGS2022/電撃インディー】

Ak
公開日時

 9月15日~18日に開催された東京ゲームショウ2022(TGS2022)の110IndustrieブースでPlayStation5/Xbox Series X|S/PC用ゲーム『Wanted: Dead(ウォンテッド:デッド)』が試遊出展されました。そのプレイレポートをお届けします。

 電撃オンラインでは尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

『Wanted: Dead(ウォンテッド:デッド)』プレイレポート

 本作は、刀と銃で戦うアクションゲーム。近接攻撃と遠距離攻撃を使い分けてスピード感のあるアクションが楽しめます。

 戦っていて気持ちいいのは圧倒的に近接攻撃!

 ただ刀で斬るだけでなく、ハンドガンによる素早い銃撃を織り交ぜてコンボ攻撃ができるのが新鮮ですね。

 映画で見たようなスタイリッシュな近接戦が、比較的簡単にできるのが楽しいです。ハンドガンでひるませつつ、ズバズバと刀でぶった斬るのがカッコいい!

 ちなみに欠損表現アリ。主に斬撃でスバズバと手足が吹っ飛びます。断面などはそれほどグロくないですが苦手な人は要注意。

 コンボは簡単につながるので、入力自体はシビアではないです。ハンドガンで一撃入れて連続で斬撃するだけでも形になります。基本部分は、ゲーム序盤のチュートリアルだけでもしっかり理解できます。

 ただし、近接攻撃のコンボに夢中になると敵に囲まれがち。

 体力はけっこうシビアなので、状況に合わせて遠距離攻撃で敵の数を減らすのも重要になりそうです。

 ちなみに、遠距離戦の操作性は一般的なTPSのゲームをイメージすれば大丈夫。動きは比較的軽快なものの、近距離戦と比べるとそこまで縦横無尽に動けるわけではないです。

 敵のAIは賢く、遠距離戦のみで挑んでいても背後をとられるので、遠距離戦のみで戦うのも非推奨。近距離と遠距離、両方の利点を生かして戦うのが戦略的で楽しいです。

 試遊の時点では、遠距離攻撃で敵を減らしつつ、敵が少なくなったら近距離攻撃で圧倒するのがいい感じでした。

 ほかにテクニカルな要素としてはパリィも可能。パリィのタイミングは比較的緩いですが、遠距離戦では使えません。近接戦を仕掛けてくる強敵相手に有効なアクションです。

 パリィや攻撃など、体勢を崩してフィニッシュを決めると減った体力が回復するので、積極的に攻めるのがよさそう! ちなみに、身体が白くなるのでフィニッシュを決めるタイミングはわかりやすいです。

 遠距離武器のパーツ付け替えやスキル習得などのカスタマイズ要素も充実。

 とくにスキルは必殺技的なアクションを使えるようになるので、習得していくことでもっと無茶な動きができそうですね。

 シビアながらも理不尽ではない絶妙なゲームバランスで、試遊時点でも夢中になって遊ぶことができました。係のお姉さんに声をかけられるまで、時間を忘れてプレイしてしまいましたね(笑)。

 近接攻撃の気持ちよさが最大の魅力でしたが、スキルしだいでより幅広いアクションが可能になりそうなので、発売が楽しみです!

© 2022 110 INDUSTRIES ALL RIGHTS RESERVED.

関連する記事一覧はこちら