倍速モードが手軽で便利!『ミンサガ リマスター』TGS試遊版で遊びやすさを実感【TGS2022】

電撃オンライン
公開日時

 “東京ゲームショウ2022”に出展されていた『ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター』のプレイレポートをお届けします。

今の時代に合ったプレイアビリティの向上を実感

 試遊版の内容は、8人の主人公からいずれかを選んで物語冒頭から20分間プレイできるもの。本プレイではアルベルトを選択しました。

 試遊版で目に留まったのは、まずグラフィックの美麗さ。

 リマスター前の『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』は2005年発売のPS2タイトルですから、比較するのも変な話ですがビジュアルは間違いなく進化しています。


 そして、倍速プレイがとにかく快適! 遊びやすさが向上しているのはもちろんですが、限られた試遊時間を有効に活用できるというTGS特有の事情も含めてありがたかったですね(笑)。

 マップの移動や戦闘中、イベントシーンでキャラクターが移動しているときと、ほとんどのシーンを倍速化可能。R3ボタンを押すだけで倍速プレイのオンオフを切り替えられるので、敵が密集しているところにきたら倍速を解除するといったことも手軽に行えます。

 細かい話になりますが、戦闘中に決定ボタンを押しっぱなしにしていると直前のターンに選んだ行動を素早く選択できるので、これに倍速機能を組み合わせるとかなり戦闘を高速化できます。『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』に限らず、どんなRPGでも基本的な攻撃だけでサッと済ませたいバトルは生じるものなので、必要に応じてバトルを高速化できるのは、うれしいですね。

 ただ、どんなシーンでも倍速機能が対応しているわけではありません。キャラクターのボイスが流れるシーンは倍速機能が自動的にオフに。うっかり倍速機能を使ったままイベントシーンに入ったとしても大事なセリフを聞き逃すようなことはありません。

 といっても、本作には新たな仲間や強敵が登場することも発表されているため、プレイヤーのなかには「『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』はプレイ済みだから、従来のイベントは飛ばし気味に遊びたい」という、リマスターやリメイクでよくある要望を抱えている人もいるでしょう。

 安心してください。倍速機能はボイスが流れるシーンでは使えませんが、イベントシーン自体のスキップ機能もあるのでじっくり遊びたい、手早く遊びたい、新要素までは飛ばし気味に遊びたい、といったリマスターだからこそ起きるプレイスタイルの違いにもしっかりとこたえてくれます。

 また、UIが『ミンストレルソング』に比べて進化しており、試遊版では技やアイテムなどのヘルプメッセージが充実している様子が見て取れました。

 その技が持つ斬撃などの属性や、行動タイミングが通常と変化するアクションなのか、そして追加効果などが下段のヘルプメッセージに表示されるので、個々の技や術をより戦術的に使いやすくなりそうです。

 試遊時間の20分は、イベントや街並みをある程度じっくり見つつもシナリオの進行を重視していくと、バルハラントに流れ着いたアルベルトがシフと出会う辺りまでプレイできる長さ。全要素を遊ぶには到底時間が足りず、発売が待ち遠しくなる体験でした。

© 1992, 2005, 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION:TOMOMI KOBAYASHI

関連する記事一覧はこちら