社長が社員とダンジョンでバトル!? 新作SRPG『社長、バトルの時間です!』の多彩な要素に迫る

L
公開日時

 KADOKAWAとでらゲー、プリアップパートナーズによる新作SRPG『社長、バトルの時間です!(シャチバト)』のプレイのレポートをお届けします。

 『社長、バトルの時間です!(シャチバト)』は、やりこみ要素満載の異世界シミュレーションRPG。プレイヤーは社長となり、冒険者(社員)を雇ってモンスターが巣食うダンジョンを攻略していきます。

 配信されたばかりでゲーム内容が気になっている人に向けて、ゲーム内容や特徴を紹介します。

社員を作ってダンジョンでお宝をゲットするのが社長の仕事!?

 上記のように本作は、社員をリクルート(育成)してチームを編成し、お宝を狙ってダンジョンを冒険(バトル)していきます。これだけだとごく普通のゲームに感じるかもしれませんが、実際はユニークな独自要素が満載。何も知らずにプレイするとビックリすること間違いなしの内容になっています。

 まず大きな特徴の1つが、ただ社員を雇うのではなく、イチから育成するところ。プレイヤーは社長で実際に戦うのはNPCの社員なのですが、そのキャラメイク=リクルートが本格的な育成SLGさながらで、職業はもちろん能力値から習得スキルまで、すべて自分で決められるようになっています。

 バトルは、基本は味方フェイズと敵フェイズを交互に繰り返すターン制というもので、オートで進行するため、いたってノーマル。ですが、戦士や魔法使いといった職業ごとに属性があり、その強弱関係でバトルはラクにも難しくもなります。さらに、何よりユニークなのが、会社の仕事らしく1つのチームでずっと戦うことができないところ。長時間戦おうとすると、なんと残業代(けっこう高額!)を要求されてしまうのです!

 そして、もう1つ独特な要素が、育成とバトルを助けてくれるサポメン(サポートメンバー)の存在。このサポメンがガチャで入手するキャラで、彼らの力を借りることで育成時の能力が高くなったり強力なスキルを習得できたりする他、バトルでもサポメンは秘書スキルを使用して冒険者を手助けしてくれます。

  • ▲一見、カワイらしいキャラが戦う普通のSRPGのようですが、中身は独自の要素が盛りだくさん。

リクルートでの育成はシンプルながら奥深い

 社員を作成する“リクルート”は、基本的に体力や筋力など5項目の中から1つを選んで訓練するだけでOK。それにより経験点を獲得でき、最終的に獲得した経験値を自由に割り振ることで、HPをはじめとする能力値が決まります。また、例えば体力を選んだ場合、同時に他の項目の経験点も得られる場合が多い親切設計なのもうれしいですね。

 そして訓練のポイントが、場合によっては事前に編成したサポメンも参加してくれるところ。一緒に訓練することで通常より多くの経験点を獲得できます。さらに、サポメンと一緒に訓練するとイベントが起きることがあり、それにより親密度が上がったり経験点を獲得できたりする他、強力なスキルを習得できることも。お目当てのサポメンと仲よくなりつつ強くもなれる。これは素晴らしい!

 なお“リクルート”は、冒険者専門育成学園の生徒となって兵科の授業をこなして卒業し、冒険者として企業に就職する=社員になるという設定。サポメンのもの以外にも学園の行事として多彩なイベントが用意されています。

  • ▲訓練は項目を選ぶだけでOK。項目ごとに得られる経験点もわかるうえに、サポメンが参加する場合は、どの訓練に誰が参加するかもバッチリわかる。
  • ▲サポメンと訓練するとイベントが起きることも。場合によっては選択肢も出現し、選び方しだいで得られる経験点が変化。これは、まさに育成SLG!
  • ▲攻撃重視や防御重視など、どのような社員にするかはプレイヤー次第。また、経験点を消費することでアクティブ&パッシブの2種類が用意されたスキルも自由に習得できる。

勤務時間は8時間!? 2チーム交代制がメインのバトル

 育成した社員でチームを編成して挑む、ダンジョンでのバトル。基本的にオートで進行し、味方フェイズ開始時に社員が“敵を攻撃”、“○○を回復”といった行動を提案してくるので、それを“承認”すればバトルが開始されます。プレイヤーが細かく指示を出す必要はありません。

 ただ、敵味方ともに戦士は赤、僧侶は青といった3色の属性があり、それぞれ3すくみの強弱関係があるため、敵に有利な属性の編成で戦うことが重要に。ちなみに、全属性に不利な無色(無属性)もアリます。

 そんなバトルの最大の特徴が、社員に就労可能ターンがあるところ。なんと本作のバトルは1ターン=1時間なのか、8ターン経過すると社員を行動させるのに残業代が必要に! そうなった場合にどうするかというと、じつはメイン社員と控え社員の2チームが編成できるので、メインと控えを交代することでバトルを続けられます。しかも、控えにいると就労可能ターンが回復していくので、8ターン後に再び交代すればエンドレスでバトル可能!! ちょっとブラック企業な感じですが気にしてはいけません。

 なお、バトルの基本はオートですが、ダンジョンの特定の階に出現するボス戦などでは苦戦することも。その時は、チームとは別に編成できる秘書サポメンのスキルを使うことで形勢逆転を狙える他、スキルの“直接指示”を使えばプレイヤーが社員を操作できます。どのようなスキルを使えるかは、編成した秘書サポメン次第。バトルでもサポメンは超重要です。

  • ▲社員の提案を“承認”するだけで進行するので、難しいことは一切ナシ。社員の右上の数字が就労可能ターンです。
  • ▲就労可能ターンが0になると残業代を要求されます。支払って勝利&会社に帰還できればいいのですが、次のターン以降もバトルが続くと、残業代はどんどん増えていくので要注意。

サポメンや各種装備の強化など、とにかく要素が豊富!

 社員を育成してバトルするのがメインの本作ですが、他にもサポメンや武器・防具などもレベルを上げて強化できたり、他のプレイヤーとのシェアプレイが可能だったりと、とにかく多彩な要素が用意されています。また、無限ダンジョンの階を攻略(1階を繰り返すだけでもOK)していくと解放される、新米社長の奮闘記(?)を描くメインシナリオも魅力的です。

 個人的には、アプリの常識を打ち破るSRPGという感じの本作。バトルだけでなく育成もオートで進めることも可能と、大ボリュームながらお手軽に進められるのもポイント。やりこみゲームが好きな方は、ぜひこの機会に遊んでみてはいかがでしょう!

攻略まとめwikiがオープン!

 やりこみ要素満載の『社長、バトルの時間です!(シャチバト)』攻略wikiがオープンしました。

 本作の攻略情報はもちろん、さまざまな最新情報もまとめていくwikiとなるので、ぜひブックマークしてください。

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019 (C)でらゲー (C)PREAPP PARTNERS
※画像は開発中のもの。

社長、バトルの時間です!

  • メーカー: KADOKAWA
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年10月17日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

社長、バトルの時間です!

  • メーカー: KADOKAWA
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年10月17日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金