ゲームに妥協したくない! ゲーマーも納得の日本HPゲーミングノートPC『OMEN 16』の実力は?

電撃オンライン
公開日時

 ハイパフォーマンスなゲーミングノートPCとして知られるHPの『OMEN』シリーズですが、既存のモデルよりさらに性能がアップした新型が2022年8月に販売開始されました。新型は以前のものよりCPU、GPUともにパワーアップしているところがポイントです。この記事では実際に新型の『OMEN 16』を使ってみたレビューをお届けします。

スピーディなゲームもなめらかに描画。本体性能だけでなく、ディスプレイにもこだわりが光る

 『OMEN 16』は16.1型のノートPCです。ディスプレイは最大QHD(2560x1440ドット、ノングレア)で、最大リフレッシュレート165Hz、3msの応答速度に対応しています。

 パネルはIPS方式。高いリフレッシュレートと応答速度のおかげで、スピード感のあるゲームでもじゅうぶんに楽しめるでしょう。急に後ろを振り返るなど、動きの多い場面でもなめらかに描画することが可能です。

 ディスプレイはsRGBカバー率100%となっており、実はゲーマーだけでなくクリエイターにもおすすめ。基本性能が高く、さらに色の再現度も高いため、動画編集や画像編集といった用途にも向いています。

 インターフェイスは背面に電源ポート、HDMI、Thunderbolt 4(Type-C)ポートが2つ、左側にUSB Type-Aポート、ネットワークポート、オーディオジャック、SDカードスロットがひとつずつ、右側にUSB Type-Aが2つ、という構成になっています。必要なものは一通りそろっており、好印象です。

 キーボードは日本語配列でテンキーなしのため、キーの大きさや間隔も余裕があり、打ちやすくなっています。

  • ▲背面。
  • ▲左側面。
  • ▲右側面。
  • ▲キーボード。

 通気孔が背面だけでなく左右の側面にもついているため、かなり排熱を意識していることがうかがえます。

 性能はCPU Core i7-12700H、GPU GeForce RTX 3070 Ti Laptopを搭載しており、レイトレーシングにも対応しています。最新のゲームでも問題なく動かせる性能です。別モデルとしてAMDのRyzen 7 6800Hを搭載したものもあります。

 メモリはDDR5-4800 16GB(8GB×2)で、最大32GBまで増設可能となっています。ゲームをプレイするだけなら16GBでもじゅうぶんですが、ゲームと同時にさらに他のソフトを動かしたい場合などは増設するといいかもしれません。

 そしてストレージはNVMe 1TBを搭載しています。空きスロットも1つあるため、容量に不安がある方はあとから増設することも可能です。カスタマイズの余地が残されているのも、嬉しいところですね。

『OMEN 16』のパフォーマンスを検証

 それでは実際に動かしてみましょう。なお、電源モードは最適モードとパフォーマンスモードがありますが、ここではパフォーマンスモードにしています。

 さっそくベンチマークテストで『OMEN 16』の実力を確かめてみます。まずは“ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ”のベンチマークテストから。

 以下はフルHD解像度の高画質設定、標準画質設定でそれぞれ動かした結果です。

  • ▲高画質設定で結果は“非常に快適”でした。
  • ▲標準画質設定で結果は“非常に快適”でした。

 フルHD解像度であれば、高画質設定にしてもまったく問題なく動くことがわかります。

 次に“3D MARK Time Spy”を使って、ベンチマークテストをしつつ温度変化も見てみます。

  • ▲“3D MARK Time Spy”のベンチマーク結果。
  • ▲“3D MARK Time Spy”ベンチマーク中の温度変化。青色がGPU温度、緑色がCPU温度。

 さすがに負荷をかけると排気口の周辺は熱くなりますが、キーボード部分はほんのり温かくなる程度で、気になるほどではありません。

 特にゲーマーにとって重要なのは、指で触れることの多いWASDキー周辺と、手首を乗せるタッチパッド脇の部分だと思いますが、このあたりは大きな温度変化はありませんでした。わざわざ排気口に手をやらない限りは、熱さは感じないでしょう。

ゲームに必要なものが高水準でまとまったゲーミングノートPC

 昨今の情勢もあり、自宅にゲーミングPCを持つゲーマーが増えているなか、さまざまな事情からデスクトップ型は選択肢に入らない、という方もいるでしょう。いきなりデスクトップ型を買うのではなく、まずはゲーミングノートで様子見をしたい、という意見も当然あると思います。

 とはいえ、性能で妥協はしたくない。『OMEN 16』はそんな方に特にオススメのゲーミングノートPCであると言えます。というのも、『OMEN 16』は本体の性能だけでなくディスプレイの性能にもこだわっており、ゲームをするために必要なものが高水準でまとまっているからです。

 ゲーミングPCを買って、ゲームに最適なモニターも買って……となると「どれを選んだらいいのか分からない」なんてことも起きがちですが、これならば迷うことがありません。

 ゲームだけでなく、クリエイティブ用途にも向いているのがポイント。動画編集を快適におこないたい方にもオススメのゲーミングノートPCです。

関連する記事一覧はこちら