『宝石姫 Reincarnation』レビュー。放置系RPGなのに目が離せない理由とは!?

カワチ
公開日時

 EXNOAの新作3D放置RPG『宝石姫 Reincarnation』のシステムをレビューをお送りします。

放置系でラクだけどヒロインたちがかわいいので目が離せない!

 宝石姫と呼ばれるキャラクターたちを率いて“魔晶”と呼ばれる存在と戦う本作。ジャンルは放置系で、ゲームをログインしていない間も戦闘は行われており、ふたたびログインしたときに装備や経験値をゲットできるという仕組み。


 なお、放置で報酬がもらえるとはいえ、物語を進めて先のステージに進んだほうが報酬もよくなります。ゲームを攻略するために放置するのが重要になるというよりは、ゲームをプレイしていないときも報酬が手に入るというイメージです。

 とくに5章をクリアするぐらいまでは次々に新機能が解放されるのでどんどん進んでいくのがいいです。


 敵とのバトルはオート進行。通常攻撃とスキルで戦うほか、EXスキルのゲージが溜まったときに強力なEXスキルを使用することができます。発動は任意ですが自動で発動させることも可能です。バトルのスピードは2倍速にすることができ、4倍速は課金するかゲームを先に進めることで解禁されます。普通にプレイする分には2倍速でもストレス無く快適に遊べました。


 重要なのはバトル前の編成。配置する位置によって攻撃範囲などが変わってくるのでしっかりセットしましょう。キャラクターは3種類のスキルとEXスキルを1つ持っていますが、パッシブスキルもあるのでどのような効果があるのかしっかりチェックしておくことが重要。また、編成するときは回復系のスキルを持っているキャラクターを必ず編成しておきましょう。

 便利な自動編成もあり、攻撃重視や防御重視などで簡単に編成することが可能。敵が弱いときはこの自動編成でOKです。

多彩なやり込み要素が存在!

 ストーリー以外のバトル要素も豊富。育成したキャラクターを使って攻略するコンテンツがたくさんあるのはゲーマーとしてうれしいところ!

 たとえば“幻影樹海”、“秘境調査”というモードはダンジョンを進んでいく形になっており、通常とは違った形のシステムで新鮮です。全滅するまで奥に進むことができ、ここでしか手に入らないキャラクターなどもあるのでやり込みがいがあります。

 アリーナも実装されており、PvPも楽しむことができます。今回は先行プレイだったのであまりやり込むことはできませんでしたが、対人戦だと攻略法も変わってくるので通常のバトルとは活躍するキャラクターも変わってきそう。本作には多彩なキャラクターがいて、それぞれスキルなども異なるので、いろいろな使い道があるのはいいですね。

 対戦だけでなくギルドも用意されており、仲間たちと協力して強敵に挑むようなコンテンツも用意されています。

 キャラクターに関しては通常のレベルアップや装備のほか、同キャラクターを合成することでランクアップさせることが可能、

 低レアのキャラクターはガチャでも出現しやすいのでランクアップさせやすいという利点があります。高ランクのキャラクターが揃うまでは頼りになるのですが、使っているうちに愛着が湧いてきてしまい、パーティから外せなくなってしまうなんてことも(笑)。


 本作をプレイしていて感心したのはキャラクターたちの動きにこだわりを感じるところですね。何気ない動きなどもかわいいので、放置バトル中やオート戦闘中もキャラクターについつい見とれてしまいます。そのため、放置しておくつもりがキャラクターたちに会いたくてログインしてしまうこともしばしば。



 いい意味で放置できないRPGになっているので、ぜひみなさんもこの沼に使って欲しいですね!

※画像は開発中のものです
(C)2022 EXNOA LLC

関連する記事一覧はこちら