ドラマ『六本木クラス』最終回で描かれる衝撃のラスト。16年越しの復讐はどんな結末に!?

電撃オンライン
公開日時

 テレビ朝日系にて、9月29日21時に『六本木クラス』最終回(第13話)が放送されます。

 本作は、チョ・グァンジン作の漫画『梨泰院クラス』を日本向けにローカライズした漫画『六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~』と、大人気ドラマ『梨泰院クラス』を原作に、日韓共同プロジェクトによってリメイクした作品です。

 主人公は、竹内涼真さん演じる宮部新。彼は日本最大の巨大外食産業“長屋ホールディングス”の跡取り息子が引き起こしたある事件により、絶望の淵に立たされます。

 この跡取り息子に罪を償わせること、そして息子のために強大な権力を駆使して事件を揉み消した長屋ホールディングス会長に、“土下座して罪を償わせる”こと。

 そんな復讐が人生の目標になり、新は父から教えられた“信念を持って貫くこと”を胸に突き進みます。

 下剋上、ラブストーリー、青春群像劇――究極のエンターテインメントが、ここに誕生!!

第13話あらすじ

 意識不明で病院に運ばれてきた宮部新だったが、やがて意識を回復。

 そのニュースを目にした長屋龍河(早乙女太一)は何かを企み、長屋茂(香川照之)に電話で麻宮葵(平手友梨奈)と長屋龍二(鈴鹿央士)の居場所を伝えた上で、「僕から最後に、父さんにプレゼントを贈るよ」と告げる。

 一方、龍河からあるメールを受け取った新は、涙ながらに訴える楠木優香(新木優子)の制止も振り切って、体を引きずりながら内山亮太(中尾明慶)と共に茂のもとへ向かう。

 龍二たちの居場所を聞く新に、この期に及んで茂は「この私に、土下座できるか?」と言い放ち……!

 その頃、倉庫内に閉じ込められていた葵と龍二は、龍河に反撃して部屋から逃げ出すも、追ってきた龍河と木野(松田賢二)らに追い詰められ……!

 「俺は葵を助ける」――命を懸けてでも葵を助けることを決意する新。無事に葵を救い出すことができるのか!? そして、亡き父・信二(光石研)の仇である茂に対する新の《復讐》は、どんな結末を迎えるのか――!

※画像は公式Twitterのものです。
© tv asahi All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら