「D4DJ 2nd LIVE」は新曲・ボイスドラマを含む圧巻のパフォーマンス! 待望のCDシングルも発売決定

紅葉つかさ
公開日時

 10月14日に品川プリンスホテルステラボールで開催された「D4DJ 2nd LIVE」のレポートをお届けします。

 『D4DJ(ディーフォーディージェー)』は、『BanG Dream!(バンドリ!)』、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』に続く、ブシロードによる“DJ”をテーマにした新たなメディアミックスプロジェクトです。

 10月14日に行われたライブイベントのタイトルを昼公演は“-Day Party-”、夜公演は“-Nonstop Night-”として、異なる演出で行われました。

各ユニットの新曲も発表された“-Day Party-”

 “-Day Party-”のトップバッターを務めたのはPeaky P-key。初公開となるボイスドラマの終了とともにステージに登場しました。

 そしてキャラクター紹介では、Peaky P-keyはユニットのロゴや服装のカラーで王道のユニットであることを意識していることが語られました。

 ライブパートでは、「電乱★カウントダウン」と「Let’s do the ‘Big-Bang!’」の2曲が披露されました。ライブ中にモニターでは初公開となる歌詞が流れ、会場を盛り上げました。

 ライブ後には「電乱★カウントダウン」の歌詞で好きなところとして、愛美さんが「音楽に制限なんてない」をあげていました。

  • ▲左から高木美佑さん(犬寄しのぶ役)、愛美さん(山手響子役)、倉知玲鳳さん(清水絵空役)。

 次に登場したのは新衣装に身を包んだMerm4idの4人。Merm4idのメンバーは、声優にほぼ初挑戦ということで、登場時のボイスドラマの感想を会場に問いかけます。その際に、平嶋さんは「“最高”と言ってもらって今後の自信をつけたい」と話し、会場もあたたかく答えていました。

 Merm4idの1曲目は新曲となる「ING」。クラブミュージック感にあふれる楽曲で、初めて披露したにもかかわらず、会場は熱気の渦に。その勢いのまま「Floor Killer」も披露しました。

  • ▲左から岡田夢以さん(水島茉莉花役)、平嶋夏海さん(瀬戸リカ役)、葉月ひまりさん(日高さおり役)、根岸愛さん(松山ダリア役)。

 3番目には燐舞曲が登場しました。燐舞曲もボイスドラマ、キャラクター紹介を経たあとにライブパートへ。

 1曲目には初披露となる「カレンデュラ」、2曲目にもうひとつのオリジナル曲「瞬動-movement-」を演奏しました。

 「カレンデュラ」演奏後のMCでは、加藤さんの緊張した様子をメンバーからイジられます。そんな加藤さんは、つんこさんと手をつないで緊張を和らげていました。

 また、新曲のタイトル「カレンデュラ」は花の名前で、大塚さんが演じる月見山 渚の持つギターの色が、この花の色になっていることを紹介されました。

  • ▲左からもものはるなさん(矢野緋彩役)、大塚紗英さん(月見山 渚役)、加藤里保菜さん(青柳 椿役)、つんこさん(三宅葵依役)。

 4番目にはPhoton Maidenが登場。登場時に行われたキャラクター紹介で、ユニット名のロゴにモールス信号が隠されていると語られました。

 ライブパートでは、新曲「Here’s the light」と「Photon Melodies」を披露。「Photon Melodies」のパフォーマンス前には、会場のお客さんに協力してほしいコールのレクチャーが行われました。

 コールが入るパートは紡木さんから歌い始めるのですが、紡木さんはそのことを忘れていて、会場からは笑い声が上がるシーンも。しかし、本番ではしっかりと歌い、会場も練習したコールで一体となって盛り上がりました。

  • ▲下段左から岩田陽葵さん(花巻乙和役)、佐藤日向さん(福島ノア役)、上段に紡木吏佐さん(出雲咲姫役)。

 “-Day Party-”の最後を飾ったのはHappy Around!。前回のライブでは、全員そろっていなかったこともあり、4人そろっての登場に会場からは大歓声が挙がります。キャラクター紹介ではそれぞれの担当パートが説明されましたが、楽曲によっては担当が変わることもあるとのことです。

 そんなHappy Around!がライブパートで披露したのはオリジナル曲「Dig Delight!」と「Direct Drive!」。「Dig Delight!」では、観客も一緒になってラップを歌うなど盛り上がりをみせました。

 今回がライブ初出演となる志崎さんは、「Dig Delight!」のラップの終盤にある「世界へ紹介」のフレーズがお気に入りだそうです。

 そして「Direct Drive!」の前にはお客さんといっしょにコールの練習が行われました。コールではメンバーが「D4D…」といったあとにお客さんが「J」と叫ぶもの。

 客席とより一層盛り上がるためにと2回のコール練習をはさみ、いよいよ最後の楽曲へ。

 キャストの息の合ったパフォーマンスに客席もコールで応えます。練習以上の一体感を見せ、Happy Around!によるライブパートも大盛況になりました。

  • ▲左から志崎樺音さん(渡月 麗役)、西尾夕香さん(愛本りんく役)、三村遙佳さん(大鳴門むに役)、各務華梨さん(明石真秀役)。

4th LIVE開催&CDシングル発売が決定

 昼公演では新情報も公開されました。1月31日開催予定の「D4DJ D4 FES. -Departure-」に続いて、4月に「D4DJ 4th LIVE(仮)」が2DAYSに渡って開催されることが決定しました。

 また、各ユニットのオリジナル楽曲を収録したシングル「Dig Delight!」が2種類のバージョンで発売されます。

 【Aver.】はHappy Around!、Peaky P-key、Merm4id。【Bver.】はHappy Around!、Photon Maiden、燐舞曲の楽曲が収録。同時購入特典として、2nd LIVE昼公演の模様を収録したBlu-rayをプレゼントするキャンペーンも開催される予定です。

 さらに、各ユニットにはそれぞれ音楽プロデューサーがつき、楽曲が作成されることも発表されました。

夜公演直前に新ユニット“Lyrical Lily”が発表!

 夜公演“-Nonstop Night-”が始まる前には、サプライズの重大発表として6つ目のユニット“Lyrical Lily”が公開されました。

Lyrical Lilyの詳細はこちら

止まることなく突き進んだ“-Nonstop Night-”

 トップバッターをつとめたのは燐舞曲。挨拶代わりに「Leia」、「名前のない怪物」、「unravel」を連続で披露しました。

 楽曲中には、加藤さんと大塚さんが背中を預けあうようにして歌ったり、つんこさんが観客を煽ったりと、激しいパフォーマンスで会場を沸かせました。

  • ▲燐舞曲のパフォーマンスの様子。

 そして、燐舞曲がオリジナル楽曲の「カレンデュラ」と「瞬動-movement-」で会場をさらに盛り上げたところで次のユニット、Happy Around!が登場。

 最初に「ココロオドル」のカバーで会場のボルテージが上がるなか、続けて「ムーンライト伝説」と「恋愛レボリューション21」が歌われました。「ココロオドル」では、会場全体でタオルを回して盛り上がりました。

 MCで自己紹介をして一呼吸したところで次の曲「Dig Delight!」へ。Happy Around!らしい元気あふれる曲で会場を魅了し、最後に「Direct Drive!」を披露しました。

  • ▲Happy Around!のパフォーマンスの様子。

 3番目にはPhoton Maidenが登場しました。最初から怒涛の展開で「ブルー・フィールド」、「HOT LIMIT」、「シドニア」のカバーで会場を盛りあげます。

 オリジナル楽曲「Here’s the light」と「Photon Melodies」では圧巻のダンスパフォーマンスも披露され、終始会場は熱狂したままPhoton Maidenの全楽曲が終わりました。



  • ▲Photon Maidenのパフォーマンスの様子。

 入れ替わりで出てきたのはMerm4idです。こちらもユニットのイメージにあわせた「CAT'S EYE」、「キューティーハニー」、「HONEY」のカバーが、色気たっぷりで披露されました。

 「ING」と「Floor Killer」はコールを入れる箇所が多いこともあって、会場全体で盛り上がりました。特に「Floor Killer」はYouTubeで1st LIVEの映像が公開されていることもあり、息の合ったコールをみせていました。

  • ▲Merm4idのパフォーマンスの様子。

 “-Nonstop Night-”、そして「D4DJ 2nd LIVE」のラストを務めたのは、Peaky P-key。最初から「夢見る少女じゃいられない」、「アゲハ蝶」のカバーで会場を盛り上げていき、3曲目には初公開となる「CYBER CYBER」のカバーが披露されました。

 MCでは“-Day Party-”でも発表された「D4DJ 4th LIVE(仮)」やオリジナル楽曲を収録したシングル『Dig Delight!』の発売などが紹介されました。

 MCが終わるとオリジナル楽曲「電乱★カウントダウン」でラストスパート。楽曲中のカウントダウンも会場全体で息ぴったりのコールで応えました。

 そして、トリにふさわしい盛り上がりをみせるなか、最後の楽曲「Let’s do the ‘Big-Bang!’」へ。ここでも勢いは衰えず会場のコールも後押しして、大きな盛り上がりをみせたままライブは終了しました。

  • ▲Peaky P-keyのパフォーマンスの様子。

©bushiroad All Rights Reserved.
Illust: やちぇ
Photo:福岡諒祠