『ガンダムエボリューション』やっぱりメタスは回復支援。でも攻撃面も意外に優秀です【ガンエボ戦闘録#6】

シュー
公開日時
最終更新

 バンダイナムコエンターテインメントおよびバンダイナムコオンラインは、新作FPS 『GUNDAM EVOLUTION(ガンダムエボリューション)』PC版の正式サービスを開始(※PS4/PS5など家庭用版は12月1日のサービス開始を予定しています)! シーズン1が9月22日から11月30日まで行われています。

 この記事では、『ガンダムエボリューション』の担当ライターがプレイレポートや攻略情報などをお届けしていきます。第6回目は回復役としてのイメージが定着しているメタスを紹介します。

意外にも豊富な武装が取り柄

 ユニコーンガンダムが範囲回復ならメタスは単体回復、といった感じで回復支援機の性能も差別化されてる『ガンダムエボリューション』。

 今回は、ガンダム界で回復支援機としてのポジションを確立しているメタスについて解説していきまーす!

 回復支援機ながらも武装のバリエーションは豊富なメタス。メインは一定間隔で連射できるアーム・ビーム・ガン、味方を回復できるリペアケーブル、変形、設置式のガンターレットと他MSにはない器用さを持ちます。

 Gマニューバはケーブルを繋げた味方機の性能を上昇させるもの。与ダメージ増加と被ダメージ軽減を同時に付与するため、強力なGマニューバを持った味方機に随伴するのがお仕事ですね。

 基本はリペアケーブルによる回復が中心。このケーブルに繋がれた味方はHPが常時回復し続けるため、味方機に耐えてほしいとき、切り込む仲間を支援するなどの戦線維持、支援が基本です。

 またこのリペアケーブルで中破した味方機を蘇生することも可能。離れた味方機を安全な位置から蘇生できるのはメタス独自の強みなので、積極的に活用していきたいポイントです。

 リペアケーブルは射程があり、離れ過ぎると自動で接続が切れます。そのほか繋いでいる味方機との間に障害物があると切れるので、地形が最大の敵とも言えますね。

 なによりもリペアケーブルにはリロード時間がありません。ワンボタンでいつでも接続のオン・オフができるため、気軽に繋げられるのは嬉しい点です。

 このリペアケーブルとメイン射撃中に忘れてはいけないのがガンターレット! 設置後、自動で射撃してくれるため射線上に顔を出さず安全に攻撃できますし、迎撃用に便利な存在です。

 正面に置くと簡単に破壊されてしまうので、敵の視線外になるよう敵の進軍ルートの後ろに設置したり、変形を駆使して高所に設置したりとガンターレットの場所は案外重要だったりします。

 そして変形。高所を素早く位置取りできるのは可変機の特徴ですね。メタスの場合はガンターレットの設置のほか、強力な単発射撃であるツインショットを上空から撃つのが強力です。

 ツインショットは着弾時に爆発するため、敵集団に撃ち込むのが有効ですね。広いマップであれば上空から敵を索敵しやすいので、撃つ場所を確認しやすいかと思います。

 リペアケーブルでの戦線維持を基本に、ガンターレットやツインショットによる射撃支援で味方をバックアップしていきましょう。HPが低めなので乱戦はやや苦手な印象ですが、変形を駆使して上手く逃げることも大切です。

 乱戦になりやすいポイントキャプチャーやドミネーションでは、回復したい味方機とリペアケーブルさえ繋がっていればいいので拠点内の位置取りに注意!

 離れた位置の味方を蘇生できる利点も活かしつつ、チーム全体を見渡せる位置で勝利に導きましょう。

©︎創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら