電撃ラリホー隊。Lv45追憶の賢者(りゅうおう、ストーンマン、キースドラゴン)が眠る確率は?【電撃DQW日記#103】

そみん
公開日時
最終更新

 今回の『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記は、電撃ラリホー隊の隊長であるそみんが、モンスターにラリホーをかけて検証した眠り確率をレポートします。

ストーンマンとキースドラゴンにラリラリホー~

 今回ラリホーをかけてみたのは、追憶の賢者その2(推奨レベル45)のボスである“りゅうおう”とともに出現する、“ストーンマン”と“キースドラゴン”。

 あらかじめご報告ですが、自分が調べた範囲では、この“りゅうおう”にもラリホーがききませんでした……(一応10回チャレンジ)。

 追憶の賢者その1では、手下の片割れであるゴーレムがすぐ寝てくれたので攻略がラクでしたが、ストーンマンはどうなんだろう……。

 ちなみに、前回の追憶の賢者その1(推奨レベル40)でも何度か全滅しながら検証をしましたが、今回はもっとたくさん全滅しました……。普通に強いよ!

 さておき、ストーンマンへの1発目のラリホーは……。

 寝た!

 じゃあ、キースドラゴンへのラリホーは……!

 これまた眠った! なんだよ、ラリホー最強じゃんか!

 ……と調子に乗ったのもつかの間、その後、ストーンマンにもキースドラゴンにも3連続でラリホーが失敗することに。世の中、そう甘くはなかったということですね。

 というわけで、20回検証の結果がこちら。

【ストーンマンへのラリホー検証(45%)】
〇×××〇××〇〇〇
××〇××〇〇××〇

【キースドラゴンへのラリホー検証(20%)】
〇×××〇×××××
×〇〇×××××××

 キースドラゴンはほとんど寝ませんでした。ストーンマンもけっこう苦しいところですが、理論上は2回に1回くらいは寝る計算なので、ラリホーに頼るのはアリですね。

まとめ:とにかく取り巻きを1匹減らさないと厳しい!

 まず注意したいのは、“りゅうおう”のあまいささやきでの状態異常。“魅了”の時はあきらめムードですが、“混乱”の時は早目に“天使のすず”で混乱を解除しましょう。

 りゅうおう戦のセオリーですが、ラダトームの盾などの“まもりのたて”で、せめて回復役だけでも状態異常耐性をつけておくのがおすすめです。

 さて、ストーンマンもキースドラゴンもやっかいなので、どちらかを集中攻撃して、片方を倒してしまえれば戦いは楽になります。なるのですが……全体攻撃でダメージ効率アップを狙うのもやむなしといったところです。

 編集部が調べた範囲での敵たちの弱点や耐性はこちら。

属性 りゅうおう ストーンマン キースドラゴン
メラ 弱点 耐性 耐性
ギラ 耐性 耐性
ヒャド 耐性 耐性
バギ 弱点 弱点
イオ 弱点 弱点 耐性
デイン 弱点 弱点
ドルマ 弱点 弱点 弱点
ジバリア 未調査 未調査 未調査

 ……ごめんなさい。まだ盗賊の育成が進んでいないので、ジバリア系は調査中なのです。

 さておき、イオ系(ゴッドスマッシュなど)やデイン系(雷光さみだれ突きなど)、ドルマ系(ドルモーア)などを用意しておくと効率的な感じ。バギ系も悪くありませんが、ちょっとダメージ量的に微妙かもですね。

 逆にギラ系(など)やヒャド系(氷結らんげきなど)は避けたいところです。

 そして、敵の攻撃に関する注意点をば。キースドラゴンは“こおりのいき”や“かえんのいき”での全体攻撃やラリホー、ストーンマンは単体への強力な攻撃が危険です。もちろん、2回行動をするりゅうおうのベギラマやドルクマにも注意。マホトーンに備えて、“いやしのかぜ”を用意しておくことも大事です。

 ……いやあ、なかなか強敵だなあ。実際、自分は数回負けましたし、なんとか勝った時も30分くらいの長期戦となりました。推奨レベル以下のレベル43前後で戦ったということもあると思いますけど。

 自分の場合はドルモーアとゴッドスマッシュを軸にしながら、先にキースドラゴンを撃破。その後、ストーンマンを倒して、残るりゅうおうを倒した感じです。


  • ▲最後は世界樹の若葉もきれて、3人でジリ貧になりながらの戦いに。辛かった!

 振り返りとしては、やっぱりラリホーでストーンマンを眠らせて戦えば、もっと安定したはずかなと。自分の検証では45%と、2回に1回くらいは眠る算段なので。

 ただ、ラリホーを優先して、ドルモーアや“いやしのかぜ”を使える武器をはずすかというと……うーん。やっぱり、アルミラージのこころSなど、ラリホーが使えるこころ集めをしておくほうがいい気がしてきました。

 こころスキルでラリホー要員を2人以上確保できると、相手の手数をかなり減らせますからね。そこで敵が起きにくい魔法攻撃を中心に戦えば、安定して戦えるような気がします。あくまで理論上の話ですが。

 ぶっちゃけ、僧侶は“まもりのたて”を使う余裕がなく、「僧侶にささやかないで!」とお祈りしながら戦っていたので、勝利の秘訣は運だった部分もあります(え?)。

 武闘家は、ダメージがばらけやすい雷光さみだれ突き(ランダムな敵に威力80%のデイン属性斬撃攻撃を4回:らいじんのやり)ではなく、敵1体に威力300%のイオ属性体技ダメージを与えるゴッドスマッシュ(クリスタルクロ―)を選びました。とにかくストーンマンかキースドラゴンのどちらかを倒したかったので。

 あと、戦士はメタスラの剣で戦いましたが、ダメージソースとしてはかなり微妙でしたね。グレートアックスの鉄甲斬で相手の守備力を落としながら戦ってもよかったかもしれません。まあ、ロトの剣を用意するのがベストではあるんでしょうけど!

 魔法使いが早めにルカニやバイシオンを使えば、戦士ももっと活躍できた気がします。でも、せっかく味方を強化しても、りゅうおうの“あまいささやき”でおじゃんになることが多かったんですよね。結果論ですが、ドルモーア連発は間違いじゃなかった気がします。

 そんなこんなで、もはやラリホー検証というよりも、そのあとのりゅうおう撃破に時間がかかってしまいましたが、みなさんも“銀のりゅうおう勲章”を目指して、追憶の賢者その2に挑戦してみてはいかがでしょうか?


※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金