アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』2020年1月30日発売

電撃オンライン
公開日時

 オーイズミ・アミュージオは、PS4用ソフト『ウォーハンマー:Chaosbane』国内版を、2020年1月30日に発売します。価格はパッケージ版が7,800円+税、ダウンロード版は7,800円(税込)で、10月18日より全国の取扱店にて順次予約が開始されます。

 本作は、世界中で絶大な知名度を誇るシリーズ『ウォーハンマー:ファンタジーバトル』の世界で描かれる、ハック&スラッシュ型のアクションRPGです。

 ファンタジー系の世界を舞台にしたダークなテイストの物語で、シリーズのファンにはおなじみのナルン、プラーグといった土地も登場し、豊富なスキルやシステムで敵を倒す爽快感が魅力の作品となっています。

『Warhammer(ウォーハンマー)』とは?

 『ウォーハンマー』はミニチュアゲームと呼ばれるジャンルの1つで、チェスのようにミニチュアを盤面に並べて対戦するのが特徴。海外では古い歴史と根強い人気を誇っており、日本でも各地に専門店があります。

 SF系の世界が舞台となっていた前作『ウォーハンマー 40,000:Inquisitor - Martyr』とは異なり、今作は魔法やエルフ、ドワーフといったファンタジー要素の強い作品となっています。

ストーリー&タイプ別のプレイヤーキャラクター

 プレイヤーは、敵側の勢力ケイオス軍がオールドワールドを制圧する中、帝国を託されたヒーローとして戦います。敵を倒し、囚われた人間たちを解放しながら、侵略を止めるために奔走しましょう。

 キャラクターは、甲冑を身にまとう“帝国兵士”、近接戦闘に特化した“ドワーフ”、魔法による遠隔攻撃を得意とする“ハイエルフ”、弓矢による高速の攻撃が可能な斥候“ウッドエルフ”から選択可能です。自分のプレイスタイルに合ったキャラクターを選んで戦いに挑みましょう。

10段階の難易度

 “簡単”から“難しい”、“混沌”まで、自分に合ったレベルで楽しむことができます。難度が高いほど戦闘は難しくなりますが、取得できる戦利品のレア度も上がります。

さまざまなスキル、協力プレイで敵を圧倒

 スキルはキャラクター合計で180種以上用意されています。また、ゲージを溜めて力を解放し、特殊な攻撃を繰り出す“血渇スキル”も使用できます。

 中ボスとなるモンスターだけでも70種が存在し、倒したボスに再挑戦できる“ボスラッシュモード”など、爽快で工夫を凝らした戦闘システムでゲームを楽しめます。

 ストーリークリア後に開放される、高難度のダンジョンに挑む“遺物狩り”などエンドコンテンツモードも。また、オフライン環境でも1つの画面で最大4人まで協力プレイができる“カウチCo-op”が可能です。

(C)Copyright Games Workshop Limited 2019. Chaosbane, the Chaosbane logo, GW, Games Workshop, Warhammer, The Game of Fantasy Battles, the twin-tailed comet logo, and all associated logos, illustrations, images, names, creatures, races, vehicles, locations, weapons, characters, and the distinctive likeness thereof, are either (R) or TM, and/or (C)Games Workshop Limited, variably registered around the world, and used under licence. Published by Bigben Interactive and developed by Eko Software. All rights reserved to their respective owners. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.

ウォーハンマー:Chaosbane

  • メーカー: オーイズミ・アミュージオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年1月30日
  • 希望小売価格: 7,800円+税

ウォーハンマー:Chaosbane(ダウンロード版)

  • メーカー: オーイズミ・アミュージオ
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2020年1月30日
  • 価格: 7,800円(税込)