戦闘犬ポチの雄姿を映像で確認。『メタルマックスゼノ リボーン』で過酷になった新生デストキオの様子も

電撃オンライン
公開日時

 角川ゲームスは、本日10月19日に開催した“角川ゲームス大感謝祭2019”にて、今冬発売予定のPS4/Nintendo Switch用ソフト『メタルマックスゼノ リボーン』の最新情報と、“行くぜ!30周年!!新世代メタルマックス・ティザーPV”を公開しました。

 『メタルマックスゼノ リボーン』は、2018年4月に発売された『METAL MAX Xeno』を原作に、ゲームエンジンから各種システムにいたるまですべてを一新したフルリメイク作品。戦闘犬“ポチ”の復活だけでなく、まったく新しいゲーム性を楽しめます。

 公開されたPVは、記念すべき2021年“30周年YEAR”に向けて、開発・構想中の新たな3プロジェクトのティザーPVであり、今冬発売予定の第1弾『メタルマックスゼノ リボーン』の開発中の画面を中心に、内容を確認できます。

“行くぜ!30周年!!新世代メタルマックス・ティザーPV”

 公式チャンネルで公開された映像では、帰ってきた戦闘犬“ポチ”の雄姿はもちろん、パワーアップして生まれ変わった鋼の愛機“クルマ”の疾走する様子や、大地に徘徊するおなじみのモンスターの姿を見て取れます。


さらに過酷に生まれ変わった“新生デストキオ”の大地

 新生“デストキオ”は、モンスターの群れがつねに徘徊し、百戦錬磨の賞金稼ぎにとってさえ、片時も気の抜けない文字通り“死の大地”へと生まれ変わります。

モンスターたちが跳梁跋扈する危険な荒野

 橋の上からのぞく川底に、多数のモンスターの様子が確認できます。本作より、シリーズ伝統のランダムエンカウントによるモンスターとの遭遇は廃止。生まれ変わったデストキオの大地では、徘徊するモンスターの中から、ハンター自ら狙いを定めて獲物を狩ることとなります。

奴等は群れでやってくる……油断大敵ハンターライフ

 巨大アリの群れに遭遇。一匹一匹は、くみし易い相手ですが対象の動きを見誤って迂闊に手を出すと、群れに包囲されピンチに陥ることも!?

これぞデスマーチ! デストキオの闇夜は危険度もMAX

 夜になると、危険度はさらにヒートアップ! 本作より導入されたライトによる灯りを頼りに、一寸先に潜むモンスターに警戒しながら慎重に探索を行う必要があるようです。

© 2019 KADOKAWA GAMES/KADOKAWA
※ゲーム画面は開発中のもの。実際のゲーム画面とは異なる場合がある。