『SOA』×『P5R』コラボ開催中。『ペルソナ』ファンはジョーカー、鳴上 悠、結城 理をゲットして遊ぶしか!!

電撃オンライン
公開日時

 タッチ&スワイプ操作で戦う爽快感あふれるバトルシステムと、業界屈指といえる美麗なグラフィックで人気のiOS/Android用アプリ『スターオーシャン:アナムネシス(SOA)』。現在は、2019年10月31日にアトラスからリリースされる『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)』とのコラボ企画である『Siren’s Lament』が開催されており、多くのRPGファンの関心を集めています。

 『P5R』の主人公であるジョーカーをはじめ、佐倉双葉(ナビ)や芳澤かすみ(なんと『P5R』のリリースに先駆けて先行登場!)、さらには『ペルソナ3』の主人公・結城 理や『ペルソナ4』の主人公・鳴上 悠も参戦するということで、これまで『SOA』を遊んでいなかった『ペルソナ』ファンのなかには、気になって仕方ない方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、おもに“まだ『SOA』を遊んだことがない人”に狙いを定めた特別企画を公開! 単刀直入に言ってしまえば、せっかくの夢のコラボが実現した今、記事を読んで『ペルソナ』ファンにもぜひ『SOA』の魅力を知ってほしい(そしてぜひ遊んでみてほしい)という願望を込めまくった記事をお届けしたいと思います。筆者は『SO』も『ペルソナ』も大好きなので、おかしな使命感に燃えているのです!

 ……暑苦しかったらごめんなさい。でも、ちゃんと“読んで役に立つ記事”に仕上げるつもりなので、まずは軽い気持ちで読んでみていただきたい! 

『ペルソナ』ファンに伝えたい『SOA』の魅力1:美し過ぎるグラフィック

 自分がまず最初にオススメしたいのは、グラフィックのすばらしさ。“どこかの議員さんとかのキャッチコピーか?”ってレベルの見出しになっちゃいましたが、本当のことなんだから仕方がない。見た目に惹かれるというのは、そのゲームに興味を抱く大きな要因になると思いますし、やっぱり大事ですよね。

 その点この『SOA』のグラフィックレベルは、このスマホアプリ戦国時代の2019年においても業界屈指レベル。これ、誇張じゃないです。イラストの品質はもちろんのこと、3Dモデリングの出来栄えのよさ、そしてモーションのカッコよさがハンパじゃない! ジョーカーたちが、そりゃあもうバリッバリのアクションを繰り出しながら動くんです。動きまくるんです! 自分の思ったとおりに動かせちゃうんですよッ!(……アクションに慣れたら、ですけど 笑)

▲鳴上 悠の勝利モーションとか、マジでセクシー! 何この笑顔。ジョーカーも結城 理もそうだけど、“魅力”のステータスがあったら魔性の男だわ、絶対。

 残念ながらスクリーンショットはしょせん静止画なので、動きのすばらしさまでは表現できないのですが……モーションの作り込みっぷりはファン納得の完成度であることを保証します。PVでもその片鱗を感じてもらえると思いますので、ぜひ以下の動画もご覧くださいね。

『ペルソナ』ファンに伝えたい『SOA』の魅力2:ミステリアスなコラボシナリオ! 本編のSFストーリーも必読

 せっかくRPGを遊ぶのだとしたら、ストーリーに重きを置かれた作品をたしなみたいというのがゲーマー心理。その点『SOA』はグラフィックのみならず、シナリオの出来栄えもハイクオリティ! SF色豊かな本編のシナリオもおもしろいのですが、とくに『P5R』コラボで本作に興味を抱いたみなさんが気になるのは、コラボシナリオの出来栄えでしょう。

 記事を執筆中の現在、公開されているのはまだ“前編”のみなので、オチを読んだうえでの感想を語ることはできませんが(後日“後編”まで読んだら別の切り口で記事化しますね)、すでに“前編”だけでかなりハートをキャッチされています。

<Collaboration Story Introduction>

 宇宙歴366年。仲間と共に宇宙を救った功績や高い向学心を認められたレナは、レオンやプリシスとともに地球への留学生に選ばれる。

 地球留学の開始直後から、レオンは紋章科学の分野で、プリシスは機械工学の分野で注目される存在となるが、レナにあるのはネーデ人特有の高い紋章力だけ。

 どんどんと留学生活に馴染んでいく仲間の中で、レナに付きまとう劣等感や疎外感、そして孤独――。

 そんなある日、レナは学生たちの間で囁かれる一つの噂を耳にする。

 『鏡の天使さま』

 とある施設の最奥にある鏡に向かって悩みを打ち明けると、未来の自分から着信があり、問題を解決してくれるという。

 悩めるレナの足は、噂を疑いながらも自然にその施設へと向いてしまうのだった……。

 ……上記が物語の導入部分。“鏡の天使さま”っていったい……と、気になりませんか? アプリ作品のなかには、せっかくコラボしてもシナリオについてはほとんど更新されない薄口な企画も少なくありません。“原作の雰囲気を壊さないための配慮”と考えれば、それはそれでアリかもしれませんが……しかし! 本作はそんなことはないどころか、ここでしか読めない濃密な物語展開が前・後編に分かれてたっぷりと楽しめてしまうんです。

 『SO2』と『P5R』の物語&キャラクターの特徴がしっかりと反映されてブレンドされ、ミステリー色まで盛り込まれた異色のシナリオになっています。もちろん、アトラスの“P-STUDIO(ペルソナの開発チーム)”もしっかりと監修した内容となっていますので、まずはダウンロードしてコラボシナリオだけでも遊んでみてはいかがでしょう?

  • ▲なお、コラボシナリオ序盤はジョーカーたちをレンタルキャラとして自由に操作できますよ! ここで各自の操作感を確かめてから、お気に入りキャラの召喚を検討してみるのもアリ。

『ペルソナ』ファンに伝えたい『SOA』の魅力3:さまざまなところから匂い立つ『ペルソナ』要素にふるえる!

 そもそも『SOA』って、星の海(=宇宙)を股にかけた壮大な物語が展開する作品。当然、見た目もSFチックな部分が多いのですが、今回はさまざまなところを『ペルソナ』シリーズがジャックしていて、ファン心理をこちょこちょしてきます。

 たとえば、トップ画面からしていきなり『P5R』色豊かな構成&色合いになっていたり。

 キャラや武器を召喚するスペース(いわゆる“ガチャ”)の画面は、コラボガチャに関してのみ、背景がベルベットルームになっていたり。

 キャラが装備するアクセサリーに、『ペルソナ』所縁のアイテムが登場したり。

 ホーム画面やコラボイベント内のロード画面にモルガナが出現したり(通常時はヒロインやマスコットキャラの役割)、バトル中のBGMが『P5R』コラボ仕様になっていたりと、こまかい部分まで『ペルソナ』シリーズへのリスペクトが目白押し。『SOA』の開発スタッフに熱烈な『ペルソナ』ファンがいることは間違いないですね。

 戦闘中に攻撃を繰り出す際、キャラの背後にうっすらとペルソナが出現するのもこだわりポイント。取材におうかがいした際、スタッフさんにお聞きしたところ、カットが変わるラッシュコンボだけでなく通常の戦闘画面でもそれらしくペルソナを出すのに苦労したそうで……すさまじいこだわりを感じてゾクゾクしました。

 何度でも言いますが、記事を読んでちょっとでも興味を持った『ペルソナ』ファンのみなさん、そしてRPGファンのみなさんは、ぜひプレイしてみてほしいと思います。

現在登場しているコラボキャラ3人(ジョーカー、鳴上 悠、結城 理)の性能をチェック!

 上にも書いたとおり、現在はプレイアブルキャラとしてジョーカー、鳴上 悠、結城 理の3人が実装されており、彼らはコラボガチャで入手することが可能です。スタート直後は、ストーリーミッションを積極的にこなすことでガチャに必要な紋章石をたくさん入手できるのもポイント。初心者さんはそれだけ、ガチャに挑戦しやすい環境ともいえますね。

 せっかくですので、ここではジョーカーたちの性能を簡単に説明しておきましょう。

遠距離でも近距離でも戦える万能アタッカー
ジョーカー

声優:福山潤/イラスト:曽我部修司(FiFS)
※★6進化時の性能

 ダガーを装備して戦うジョーカーは、遠距離では銃による射撃、近距離ではダガーによる連撃を繰り出します。バトルスキル(=キャラ固有の技)も遠距離用に“ダウンショット・バタフライ”、近距離用に“スラッシュ”と、それぞれに高威力&ヒット数に優れる技が備わっているので、自分のプレイスタイルに合わせてカスタマイズできるのがうれしい万能アタッカーです。


■ジョーカーのバトルスキル

【スラッシュ】
ダガーとペルソナによる連携攻撃を繰り出す

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×1,150%
最大ヒット数:5
消費AP:40

【エイハ】
標的の足元から呪いの力を吹き上げる

レンジ:L
属性:闇
威力:ATK×420%
最大ヒット数:2
消費AP:24

【エッジ・アンド・ガンスモーク】
斬りつけてから続けざまに銃撃を放つ

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×350%
最大ヒット数:2
消費AP:19

【ダウンショット・バタフライ】
華麗に宙を舞いながら銃撃を繰り出す

レンジ:L
属性:無
威力:ATK×830%
最大ヒット数:6
消費AP:33

【アルセーヌ・コズミックフレア(ラッシュコンボ)】
星の爆発のごとき核熱の力で標的を攻撃する

レンジ:L
属性:無
威力:ATK×5,500%
最大ヒット数:1
追加効果:消費AP-65%(20秒間)

 キャラ固有の能力となる“タレント”では、アタッカー&シューター&ディフェンダーのATK(物理攻撃力)、キャスターのINT(魔法攻撃力)をそれぞれ700(100ヒット以上時は1000)上昇させる“心の怪盗団”が優秀。ATKやINTを固定値で伸ばせるタレント持ちは現状少ないので、居るだけでパーティの攻撃力を底上げできます。いわゆる“バフキャラ”として有能!

 また“エッジ・アンド・ガンスモーク”や“スラッシュ”、“ダウンショット・バタフライ”のバトルスキルを使用時に一瞬だけ被ダメージを-100%にする“アルセーヌ”、スワイプによる緊急回避の消費AP減&回避速度が上昇する“世直しの賊”も持つので、バトルスキルや回避を連発するごり押しプレイでも、ある程度なら被ダメージを抑えられるのも扱いやすいポイントです(ちょっと慣れは必要ですけど)。ぶっちゃけた話、超当たりキャラといえるでしょう!

■ジョーカーのタレント

【心の怪盗団】
ATK+700。100ヒット以上時ATK+1000(全アタッカー、全シューター、全ディフェンダー)。
INT+700。100ヒット以上時INT+1000(全キャスター)。

【アルセーヌ】
エッジ・アンド・ガンスモーク使用時に被ダメージ-100%(0.5秒間)。
スラッシュとダウンショット・バタフライ使用時に被ダメージ-100%(1秒間)。

【反逆の意志】
標的正面以外時に消費AP-20%。バトルスキルに与ダメ5%分の追加ヒット発生。
200ヒット以上の時にクリティカル発生率+50%。

【世直しの賊】
通常攻撃のAP回復量+100%。100ヒット以上の時にATK+30%。
攻撃中に空中で回避可。回避の消費AP-80%。回避速度+100%

パーティの耐久力を上げてくれるのが頼もしい
鳴上 悠

声優:浪川大輔/イラスト:雉本ユーヒ
※★6進化時の性能

 大剣を装備して戦う鳴上 悠は、ディフェンダーとしてパーティの防御面、そして攻撃力も底上げできる貴重なキャラ。威力の高いバトルスキル“スラッシュ”や“十文字斬り”を主体とした、近距離戦で真価を発揮します。


■鳴上 悠のバトルスキル

【断ち割り】
斬り下ろしから斬り上げる2段攻撃

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×430%
最大ヒット数:4
消費AP:20

【ジオ】
標的の位置に雷を発生させる

レンジ:L
属性:雷
威力:ATK×380%
最大ヒット数:3
消費AP:19

【十文字斬り】
斬り下ろしから薙ぎ払う2段攻撃

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×1,240%
最大ヒット数:5
消費AP:33

【スラッシュ】
大剣とペルソナによる連携攻撃を繰り出す

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×1,500%
最大ヒット数:4
消費AP:30

【イザナギ・ジオダイン(ラッシュコンボ)】
巨大な稲妻を標的に放つ

レンジ:S
属性:雷
威力:ATK×4,500%
最大ヒット数:9
追加効果:与ATKダメージ+50%。被ダメージ-20%(全体/20秒間)

 タレントでは、味方全員のHPの総量、および一定以下のダメージを受けても怯まなくなる“自称特別捜査隊”が、地味ながら非常に強力。単体の敵に対する与ダメージを上昇させられる“イザナギ”は、スタン中の相手への与ダメージを30秒間だけ65%も上昇させられるのが強みです。“与えられた者”でミッション開始直後に“オーダー”という強力なバトルシステムを発動させられるのも、現状では唯一無二の特徴となっています。


■鳴上 悠のタレント

【自称特別捜査隊】
HP+55%。HP20%以下の被ダメージで怯まない(全体)。

【イザナギ】
単体与ダメージ+35%。150ヒット以上の時に単体ダメージ+50%(全体)。
敵がスタン発生時に味方全体の単体与ダメージ+65%(30秒間)。

【与えられた者】
ミッション開始時にオーダーゲージ100%上昇。
オーダー時間表示中に消費AP-70%(全体)

【真なる絆】
通常攻撃のAP回復量+150%。
ガード成功時に3秒ごとにHP10%回復(20秒間)。全方向ガード可。

敵をスタンさせることが得意なアタッカー!
結城 理

声優:石田彰/イラスト:ニシカワエイト
※★6進化時の性能

 結城 理は片手剣を振るって戦う近距離アタッカー。威力が高い“斬属性コンボ”や“ブレイブザッパー”で一気に大ダメージを狙えるのが強みです。バトルスキルを繰り出す速度にも優れるので、連続で攻撃をたたき込み、相手をスタン(気絶)状態にすることが得意!


■結城 理のバトルスキル

【アギ】
標的の位置に炎を発生させる

レンジ:L
属性:火
威力:ATK×390%
最大ヒット数:2
消費AP:23

【三連突き】
正面の敵に鋭い3連突きを繰り出す

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×480%
最大ヒット数:3
消費AP:26

【斬属性コンボ】
2回の斬撃と止めの突きを繰り出す

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×920%
最大ヒット数:3
消費AP:35

【ブレイブザッパー】
剣とペルソナによる連携攻撃を繰り出す

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×1,210%
最大ヒット数:5
消費AP:40

【オルフェウス・空間殺法(ラッシュコンボ)】
超高速で標的を縦横無尽に切り裂く

レンジ:S
属性:無
威力:ATK×4,500%
最大ヒット数:8
追加効果:クリティカル率+60%。クリティカルダメージ+30%(全体/20秒間)

 敵がスタン状態時に真価を発揮するタレントを2つ(“特別課外活動部”と“救世の素養”)持ち、そもそも相手をスタンさせやすくする“オルフェウス”も所持しているなど、完全にスタン特化の性能。『SOA』では、強力なボスでもスタンにさえしてしまえば、戦いが一気に楽になります。積極的に攻撃を繰り出して、1度でも多く相手をスタンさせられるよう立ち回りましょう。

  • ※『SOA』ではスタン発生時に“エレメンツバースト”と表示されます。

■結城 理のタレント

【特別課外活動部】
ATK+40%。150ヒット以上の時にATK+60%(全体)。
敵がスタン発生時に味方全体のATK+80%(30秒間)。

【オルフェウス】
スタンさせやすさ+50%(全体)。
250ヒット以上の時にスタンさせやすさ+80%(自分)。

【影時間への適性】
ヒットカウンター+2秒(全体)。
攻撃中に空中で回避可(自分)

【救世の素養】
スキル2連携以上の時に消費AP-30%。
敵がスタン発生時に味方全体の消費AP-70%(10秒間)。

 総括すると、3人がそろって出撃することで発生する、スタン発生のシナジーがものすごいですね! 結城 理のタレントで相手をスタンさせやすくする&スタン時のATKを上昇させる。鳴上 悠のタレントでスタン時の与ダメージも上昇させる。ジョーカーのタレントでバトルスキルに追加ヒットを発生させることでスタンまでの時間を短縮させる。……まさにスタンパーティ!

 前述のスタッフさんいわく、これは『ペルソナ』シリーズの特徴である“総攻撃”をイメージしてタレントを設定したとのこと。相手の弱点を突いて気絶させてボコスカに持ち込む『ペルソナ』のバトルを、『SOA』のアクションバトルで再現したらこうなったというわけなんですね。素晴らしいこだわり! こういうコラボならではの設定にまでリスペクトが感じられて、もう本当に最高でしょ!!

おまけ:なんと、主人公たちとの“コープ(コミュニティ)”を築ける?

 『ペルソナ』といえば“コープ(『P3』『P4』でいうコミュニティ)”を上昇させ、仲間たちと交流し、絆を深めていくのも大切なゲーム性の1つ。じつは『SOA』にも“会話モード”なるものが存在し、ここでキャラをタッチすることで会話したり、プレゼントを渡して好感度を高めたりすることができちゃいます。

 『ペルソナ』シリーズでは主人公=自分であるため、プレイヤーからすると“主人公を操作してさまざまなキャラと絆を深めていく”ことになりました。対して、この『SOA』では主人公=宇宙船の艦長。すなわち……もうお気付きですね? 

 そう! 本作ではプレイヤーが艦長を操作することで、ジョーカーたち『ペルソナ』シリーズの主人公たちとのコープ(コミュニティ)を上げていく感覚を楽しめるわけです。これまでとはちょっと違った視線で彼らに感情移入することができるので、超オススメ! ファン必見の要素といえますね。

  • ▲なんか、ここだけ別のゲームみたい(笑)。
▲『ペルソナ』の主人公たちが、『SO』のマスコットキャラであるバーニィを抱えているシーンには、ちょっと変な声が出そうになりました。

 なお、じつは特定の『SO』キャラが会話モード中に、『ペルソナ』キャラに関するセリフを口にするとの情報もキャッチ! 色々なキャラを設定してみるのも一興といえますね!

  • ▲ウェルチがジョーカーのことを気にしている? こんな細かいところにまでコラボ要素が詰め込まれているとはッ!! 結構な数のキャラが意外なことをしゃべるようなので、自分の目で確かめてください。

 さて、みなさんいかがでしたか? まだチェックしていなかったけど、記事を読んでがぜん遊んでみたくなったという方はいらっしゃいますか?(いたらうれしい……)

 少しでも興味を抱いてくれた方は、ぜひ『SOA』をダウンロードしてプレイしてみてください。きっと後悔はしないと思いますよ。なお、紹介してきた『SOA』×『P5R』シリーズのコラボである『Siren’s Lament』は、11月7日までの期間限定開催。この機会を絶対にお見逃しなくッ!

©ATLUS ©SEGA All rights reserved. © 2016-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by tri-Ace Inc.

スターオーシャン:アナムネシス

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2016年12月8日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スターオーシャン:アナムネシス

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2016年12月8日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金