僕が信じないで、どうする……っ!!(久森)【ワヒロ名言集】

長雨
公開日時

 スクウェア・エニックスのシチュエーションスタイルRPG『ワールドエンドヒーローズ(ワヒロ)』の名言集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

僕が信じないで、どうする……っ!!(久森晃人)

●メインストーリー第3章“終わる世界”第51話“人間離れした肉体”


 地球の運命を守るため、喰核生命体“イーター”と戦うヒーローたちの熱いドラマが描かれるシチュエーションスタイルRPG『ワールドエンドヒーローズ』(iOS/Android)。

 個性豊かなヒーローたちの名言を特集する連載企画第3回目は、一般人を自称する風雲児高校のナンバー2・久森晃人(声優:島﨑信長)の名言をお届けします。

 久森は札付きの不良ばかりが通う風雲児高校の2年生ですが、本人はケンカを嫌う常識人です。

 特殊能力“未来視”を持っており、興味のないヒーロー業をすることに……。ヒーローに憧れ、慕う人間が多い本作において、彼のような人物は少し珍しいかもしれません。

 キラキラしたヒーローたちに気後れしたり、ゲームが大好きだったり、親しみの持てる性格なのも彼の魅力です。

 普通の生活を何より大事にしている久森ですが、学校のトップ・矢後勇成(声優:赤羽根健治)と共にヒーロー活動をしているせいで、周囲からはナンバー2と目されています。

 風雲児高校は上下関係がしっかりしていて団結力も高く、久森もほかの生徒に“副長”と呼ばれて慕われていますが、本人としては大迷惑。

 静かに暮らすためににぎやかな不良生徒たちも、ジャージや上履きにほどこされるいかにもヤンキー的な和刺繍も、遠ざけたい彼の気持ちは痛いくらいわかります。

  • ▲メンバーストーリー“【放課後】久森晃人 緋鎖喪離副長”より。

 自分のことを日陰の人間だと思っている久森は“未来視”という特別な能力をもっと特別な人が持つべきだと考えており、ヒーローの地位も本気で蹴落としてほしいと願っています。

  • ▲サイドストーリー久森1話“日光の人”より。
  • ▲メインストーリー第2章“5つ目の学校”第35話“残り時間”より。

 それでもサボりがちな矢後を見張りつつ役目をこなし、“未来視”もヒーロー活動でしか使わない彼の姿勢は十分過ぎるほど立派です!

 ゲーマーの彼なら、絶対にガチャを引くときに使いたくなるはずなのに……。そのまじめさは、尊敬しかありません(物欲センサーを警戒して、指揮官や頼城紫暮(声優:梅原裕一郎)に頼っていたりしましたが、それはまあよくあることですよね)。

  • ▲サイドストーリー久森1話“日光の人”より。

 自己肯定感がかなり低い久森ですが、彼が供述通りの人物ではないことがわかるのが第51話“人間離れした肉体”のエピソードです。

 強敵と遭遇して苦戦するラ・クロワ学苑のヒーローのもとへ、援軍として派遣された久森と矢後。

 強いものと戦えることにウキウキして突っ走る矢後を、久森は久森は武器の糸で引き戻し、今回の作戦を改めて確認します。静と動といいますか、攻撃と戦略といいますか、風雲児高校の2人はお互いを補えるバランスのいいヒーローのようです。

 実は久森の“未来視”は絶対ではなく、なんらかの条件で未来が変わることがあるよう。

 久森も1度目の“未来視”で“最悪の敗北”を視ましたが、2度目の“悪くない結末”を信じて矢後と共に戦うのでした。

 今回だけでなく彼は過去にも幾度となく、過酷な未来を視てきたのだと思うと胸が痛くなります。それでも自分の能力から逃げず、ヒーローをしている久森は強い。

 ヒーローが関わると未来が変わるケースが多いため、目の前で矢後が苦戦していてもあえて手を出さない久森。自分の指示通りに戦ってくれる矢後のことを、久森も信頼しているからこそできる行動です。

 果たして彼らは、願った通りの未来を手に入れることができたのでしょうか? 物語の結末は、ぜひみなさんの目で確かめてくださいね。

© 2018, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金