よくわかる『ワヒロ』1~2章の物語&キーワードまとめ(ネタバレあり)

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスより配信中の『ワールドエンドヒーローズ(ワヒロ)』(iOS/Android)は、地球の命を蝕む喰核生命体“イーター”と高校生ヒーローの戦いを描くシチュエーションスタイルRPG。

 本作では、ときに対立、ときに協力しつつ、過酷な運命に挑んでいく少年たちの絆や、彼らを取り巻く大人たちの陰謀、圧倒的な力を持つ謎の敵の出現など、ヒーローの光と闇を描く骨太なドラマを楽しむことができます。

 プレイヤーはヒーローを導く指揮官となり、彼らの活動をサポートすることに!! ここでは第2章までのストーリーを振り返りつつ、指揮官として覚えておきたいキーワードを解説していきます。

ヒーローたちを取り巻く世界をおさらい

 まずは、世界にどうして喰核生命体“イーター”が出現し、高校生ヒーローの存在が必要になったのかを紐解いていきましょう。

あらすじ

 どこかの誰か、偉い人が予言した“終末”なんて起きなかった。その代わり、なんでもない日に“絶望”は訪れた――

 約1世紀前、隕石と共に現れた喰核生命体(しょっかくせいめいたい)“イーター”

 星の命を喰らう敵の侵攻によって、地球は大きな被害を受けた。地球はその絶望に対抗するため、特殊な“血性”を持つ少年たちを生んだ。

 誓いを胸にして、力を手に入れた少年たちは、やがて“ヒーロー”と呼ばれるようになった。政府と財閥“ALIVE”は、東成都の各エリアを守るため、都内にあるいくつかの学校に“ヒーロー活動”を推奨した。

 とくに“崖縁工業高校”、“白星第一学園”、“ラ・クロワ学苑”、“風雲児高校”、“愛教学院”の5校は、優秀なヒーローを有する学校として有名になってゆく。

 しかし、それぞれの学校は歴史や思想が違うために仲が悪く、互いが協力し合う関係ではなかった。“ALIVE”に所属する“指揮官”であるあなたは、地球の運命を脅かす敵と戦うため、対立する5校のヒーローをまとめ、導いていくことになる……。

覚えておきたいキーワード

喰核生命体“イーター”

 隕石と共に出現した地球外生命体で、“運命のエネルギー”を喰らい、星を破壊しては別の星へと移っていくという。

 ヒーローにしか見えない幼生体と、人々に大きな被害をもたらす中型、大型がいます。

ヒーロー

 地球の“運命”を守るために選ばれた少年たちのこと。特殊な“血性”を持ち、地球とリンクして喰核生命体“イーター”と対抗する力を使うことができます。

 しかし、地球とリンク中は強烈な酔いに襲われ、ヒーローは己を見失うと“魂のない肉体”になってしまうというリスクと隣り合わせで戦う宿命を背負っています。

リンクユニット

 地球とリンクするために使用する変身アイテム。“イーター”の出現と共に現れた結晶をもとに作られており、リンクユニットを割って血を取り込むことで変身することが可能です!

 長時間使うと貧血になるため、効果時間は短めに設定されています。

ALIVE

 “イーター”の侵攻に対抗すべく、政府と財閥によって創設された組織。“イーター”の調査やリンクユニットの研究開発など、ヒーロー活動のバックアップを担当しています。

 ヒーロー全体の管理、統率をする役割となる指揮官=プレイヤーも、“ALIVE”に所属しています。

神ヶ原衛(声優:野島健児)

 “ALIVE”の“イーター”対策部門の研究員で、自称・永遠の29歳。とても優秀ですが、書類をため込んで逃げだすことも……。

 崖縁工業高校のOBで、浅桐真大(声優:吉野裕行)の小学校時代の理科の先生(教育実習)。

バケッシュ(声優:杉田智和)

 神ヶ原と同僚によって生み出された、人工知能が搭載されたバケットタイプアンドロイドI種。取っ手を掴んでいいのは心を許した相手だけと、かなり人間味のある性格です。

 ヒーローたちのコミュニケーションツール“アライブチャット”で、バケッシュのスタンプが使われることもありますよ。

室媛安慈(声優:井上和彦)

 “ALIVE”の喰対本部本部長。コワモテの見た目に反してフランクでかわいらしい人物で、“ALIVEのヒメ”と部下たちに慕われています。とても優秀な人物ですが、大きい組織だけに敵も多いとか。


 
合宿施設

 ヒーローたちの連携を高めるために“ALIVE”が新設し、運営している場所。テストイーターと戦える訓練所や大きな食堂、運動場などがあります。

 指揮官はいつでも施設内の様子が見られ、“アクティブログ”でヒーローたちが何をしたか確認することができます。

第1章“認可試験”北地区の認可代表校を目指す崖縁工業高校の挑戦

 第1章はある事件がきっかけで名前通り崖っぷちに立たされている古豪“崖縁工業高校”と、名門“白星第一学園”と火花を散らす王道スポーツマンガのような物語が展開します。

 メインストーリーは指揮官レベルを上げることで解放されていきますが、2019年10月現在、第1章は全話解放中なので、ラストまで一気に読み進めることができますよ。

第1章の物語

 白星第一学園の透野光希(声優:緒方恵美)が落としたリンクユニットを拾ったことで、ヒーローになる“血性”があることが発覚した崖縁工業高校の三津木慎(声優:天﨑滉平)。

 彼はヒーローの役目やリスクなどを全て受け入れ、“人体強化”によって能力を伸ばす“崖縁工業高校”の4人目のヒーローとして活動することを決めるのでした。

 三津木たちが暮らす東成都にある22区は、防衛ラインによって4つの地区に分かれ、各地域をまとめる認可代表校が指定されています。

 “崖縁工業高校”は現在空席となっている北地区の認可代表校を目指していますが、北と南を統合して中央地区にしようとする政治的な思惑によってなかなか活躍が認められない苦渋の日々を過ごしていました。そんな中、新たな指揮官候補(プレイヤー)が、“認可試験”の査定を担当することになります。

 認可代表校となるため“崖縁工業高校”は、ラストチャンスである大型“イーター”討伐に全てをかけます。しかし出現する場所は、南地区の代表校“白星第一学園”の活動エリアで……。

第1章で覚えておきたいキーワード

崖縁工業高校

 “人体強化”によって優れたヒーローをたくさん世に送り出してきた伝統校ですが、ある出来事がきっかけで現在は定員割れになるほど衰退しています。
 強化技師は2年生の浅桐が担当。彼はほかの学校の生徒から“崖縁の悪魔”と呼ばれていますが、腕は超一流です。浅桐のおこなった“人体強化”によって、三津木が通信、佐海良輔(声優:内山昂輝)が感知など、個性的な能力を持ったヒーローたちがそろっています。

認可試験

 空席になっている北地区の認可代表校を決めるための試験。“イーター”を倒す、住人を避難させるなど、ヒーローの活躍によってポイントが加算され、好成績を残すと代表校に認められます。

 ヒーロー同士の戦いは減点対象となっており、白星第一学園と因縁のある崖縁工業高校を苦しめることに……。

白星第一学園

 スカウト入学が主体で、各分野の天才ばかりが通っている人気と実力を兼ね備えた南地域の代表校。崖縁工業高校の戸上宗一郎(声優:日野聡)も、かつては白星に在籍していました。

 創立者は星乃一族という政治家の家系で、レギュラーとして活躍するヒーローは分家や縁のある人物ばかりです。

 星乃一族は“ALIVE”にも強い影響力を持っており、中央地区の計画にも関わりがあるとか……。

第2章“5つめの学校”ヒーロー襲撃事件が発生

 第2章からは、新たな学校“ラ・クロワ学苑”、“風雲児高校”、“愛教学院”のヒーローたちが登場。

 “イーター”の大量発生の予兆が現れ、各地域の認可代表校のメンバーは協力して戦うことになります。認可試験を終えて新たなステージへと進んだ彼らの活躍を、ぜひ見守ってあげてください!

第2章の物語

 認可試験が終わり、各地区の認可代表校が決定。予兆が出ている大量の“イーター”出現には、代表校4つが初の協力戦線を結んで対抗することになりました。

 しかしときを同じくして、“ヒーローの襲撃事件”が発生。しかも容疑者として、認可代表校のヒーローの名前が挙がって……。

第2章で覚えておきたいキーワード

ヒーロー襲撃事件

 パトロール中のヒーローが何者かに襲われた事件で、怪我の状況から犯人もヒーローだと考えられています。

 浅桐は認可代表校に選ばれなかった学校や、制度そのものに疑問を持っている者の犯行ではないかと推理。

TYY旅客機事故

 1年前に起こった大きな事故で、生存者は透野のみ。彼はそれ以前の記憶をすべて失っており、住所があった場所にも何も残されていなかったそうです。
 現在は、同じ学校のヒーロー・御鷹寿史(声優:鈴木拡樹)の家で暮らしています。

ラ・クロワ学苑

 西地区の代表校。新設校ですが全てにおいてNO.1を目指しており、校内の設備も豪華です。

 所属ヒーローは最新医療技術“ミュータント化手術”によって“血性”を高め、その副作用によって目が金色になっているのが特徴。白星第一学園のように純粋な才能ではなく、崖縁工業高校のように歴史ある技術でもないため、否定的な意見もあるようです。

風雲児高校

 超人学園の異名を持つ東地区の代表校。有名な不良校で学力や適正試験もない代わりに一芸入学が認められており、一点突破の超人が在籍しています。

 ラ・クロワ学苑は風雲児高校と折り合いが悪く、校舎の壁に落書きされたり、像を改造されたり、たびたび被害を受けているとのこと。

愛教学院

 ヒーロー襲撃事件の被害者・北村倫理(声優:岡本信彦)が通っている学校。新興宗教が母体の穏やかでつつましい校風で、問題児と呼ばれる生徒たちも積極的に受け入れています。

 愛教学院のホームタウンである羽澄市には、5つの不思議な場所があるとか!?

 第1章の認可試験の行方や第2章のヒーロー襲撃事件の真相など、各章読み応えバツグン! また読み返すことで新たな発見があったり、考察の幅が広がったりするのも本作の物語の魅力です。ぜひ、みなさんも物語を隅々まで味わってみてくださいね。

 第3章のストーリーを含めたキーワード解説【上級編】は、11月に公開予定。現在物語を読み込み、鋭意制作中ですのでそちらもお楽しみに。

© 2018, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金