ゲーム『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン(カゲマス)』レビュー。オリジナルストーリーやヒロインとの交流も楽しめる!【電撃秋アニメ×ゲーム】

セスタス原川
公開日時
最終更新

 KADOKAWAとAimingから、アニメ『陰の実力者になりたくて!』の完全新作3DアニメーションRPG『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン(カゲマス)』が11月29日より配信されます。

 本作は、アニメ『陰の実力者になりたくて!』のストーリーをなぞりながら育成やバトルを楽しめるオンラインRPGです。

 見どころは、七陰たちがシャドウの元を離れてからの2年間の様子が描かれたオリジナルエピソード。ほかにも新規カットやボイス、キャラクターとの交流など、ファン必見の要素が詰まった作品です。今回は、本作の先行プレイレビューをお届けします。

 なお、電撃オンラインではこの秋おすすめしたいアニメに関連するゲーム、ゲームに関連するアニメを特集する“秋だ! アニメだ! ゲームも遊ぼう(電撃秋アニメ×ゲーム)”を展開中。この記事もその企画の一環として、Twitterでのプレゼントキャンペーンを実施中ですので、ぜひご参加ください。

空白の2年を描くオリジナルストーリー

 本作のストーリーは、アニメでも描かれた主人公のシャドウこと、シド・カゲノーを中心としたメインストーリーと、七陰たちにスポットを当てた空白の2年間を描く“七陰列伝”の2つが用意されており、それぞれが独立しています。

 メインストーリーは、アニメのカットやムービーを交えながらストーリーを追体験できる内容。簡潔にまとまっているのでアニメを追いきれてない人には、この『カゲマス』でストーリーを楽しむことをオススメしたいですね。

 既にアニメを見ているファンにとってはお馴染みのエピソードですが、アニメでは描き切れなった心理描写も文字で描いており、感覚としてはアニメと原作の中間。これまでとはまたひと味違った楽しみ方ができるので、ストーリーを知っている方もゲームで改めて見ていただきたいです。

  • ▲名シーンはしっかりとアニメカットが入るので見ごたえも十分!

 一方“七陰列伝”では、七陰たちの活躍が本作オリジナルエピソードで描かれます。アルファたちがシャドウの元を離れている間、何をしていたのか明らかになります。

 中心人物が七陰なので、彼女たちの独特の絡みも存分に味わえるのがこの“七陰列伝”の嬉しいポイント。「アニメだけでは七陰の供給が足りない……!」と感じている方は、空白の2年間の真相と合わせ、ぜひゲームで彼女たちの活躍を味わっていただきたいです。

 ストーリーは、原作者の逢沢大介先生が完全監修。もちろん、“七陰列伝”には七陰だけでなくシャドウも登場。彼の活躍ぶりもしっかりと描かれるので、そこを楽しみにしている方もご安心を。

 外伝というよりは、原作ストーリーの追加に近い内容なので、作品ファンを名乗るのであれば『カゲマス』のオリジナルストーリーもしっかり抑えておきたいところです。

 本作はストーリーを進めながら道中のクエストを進めていく形式で、難易度の調整によりメインストーリーと“七陰列伝”を交互に進めていく想定がされています。

 好きな方を一気に進めるのも問題ありませんが、スムーズに進行したいのであれば、こだわらずにクリアできる部分をどんどん進めるのがベストと感じました。

 せっかくゲームをプレイするのですから、スムーズに進めて両方のストーリーを読めるプレイスタイルが一石二鳥でより楽しめそうです。

 もちろん、アニメストーリー(メインストーリー)は全編フルボイス。映像とボイスにより、アニメさながらの満足感で物語を読み進められました。

推しヒロインと二人きりの時間を楽しめる

 本作を作品のファンにオススメできるポイントは、オリジナルストーリーだけではありません。

 なんと、本作とはお気に入りのヒロインたちと交流を深められるのです。もちろん、彼女たちとの物語もゲームだけで楽しめる内容で、お気に入りのヒロインたちのことをもっと知れるファン必見の要素です。

 プレイヤーはまずお気に入りのキャラクターを指定。すると、ゲーム起動時にはそのキャラクターがお出迎えをしてくれます。これだけでゲームを起動する楽しみが生まれて、ついつい開いてしまう癖がつきそうです。

 メニュー画面からは、ヒロインたちとのトークが可能。シャドウガーデンの活動のことは一旦忘れて、彼女たちとの和やかな日常を楽しみましょう。選んだ話題に応じて会話の流れが変化するので、何度も話しかけて全パターンの会話を見たくなってしまいますね。


 交流を深めていくと、普段はみせない意外な一面が見られることも……? まるで恋愛シミュレーションのような楽しみ方もできるので、推しヒロインがいる方は、ぜひ交流を楽しんでもらいたいです。

 さらに、各キャラクターに用意された個別ストーリーもあります。これらも合わせると、キャラクターを深掘りするストーリーだけでもかなりのボリュームになります。読み応えという意味で、ゲームの満足感は十分すぎるほどと言ったところでしょうか。

好きなキャラ編成でバトルに挑める

 バトルシステムは、自動攻撃を中心に奥義の発動タイミングをプレイヤーが選択するスタイルです。自動進行なので見ているだけかと思いきや、しっかりとプレイヤーの判断が問われる要素が多くあるのがこのバトルシステムの良いところ。その要素を順番に紹介していきましょう。

キャラの特性を活かした編成

 まずは、キャラクターの編成。キャラクターにはタンクやサポーターの概念があり、攻撃を受ける役、後ろからダメージを出す役、回復役などが決まっています。

 クエストの目標は時間内に敵を全て倒すこと。ただ耐えるだけでは時間切れになってしまいますし、攻撃だけではダメージが重なってやられてしまいます。キャラクターの属性によっての有利不利もあるので、敵の強さや特徴を考えて編成をすることが攻略の鍵です。

 組み合わせに応じて特定のキャラクター同士の掛け合いも楽しめます。原作では絡みの少ない組み合わせで戦えるのも本作の魅力の1つ。何も考えずに試したら、オリジナルの掛け合いが聞けた……ということもありそう。編成パターンの試し甲斐がありますね。

奥義発動はタイミングが重要

 もう1つは、スキルの使いどころ。魔力が溜まると奥義を発動できますが、相手によっては攻めるチャンスのタイミングがあり、そこを見計らってスキルを発動することで大ダメージを狙えます。

 奥義の発動もオートに設定できますが、堅実にクリアをしたいなら自分で適切なタイミングを見計らって攻略したいところです。

 本作のバトルの見どころとして、奥義発動時にはダイナミックなアニメーションが入ります。どれもキャラクターの特徴をしっかりと捉えており迫力も抜群。バトルを盛り上げてくれます。


コンボのつなぎ方で戦況が大きく変化

 そして、もう1つが付与効果をもった連続攻撃を行う“ストライクコンボ”。これもスキル攻撃の1種ですが、特徴として選択した攻撃順によって性能が変化する特徴があります。

 効果は、ダメージアップ、味方HP回復、味方被ダメージカットの3種類があり、順番を後に選んだものほど効力が高まります。この効果の変動率が思いのほか高く、順番の選択1つで大きく戦況が動きます。

 押している状況であればダメージをコンボの最後にして追い込み、相手の大技が来る前には被ダメージカットを仕込むなど、状況に応じた選択がクエスト成功への道になります。

 自動進行が中心でありながら、しっかりと操作介入の余地があるのは、RPGとしてプレイしたい方には嬉しいポイント。先行プレイではまだ序盤付近までしかプレイできませんでしたが、ゲームを進めていれば高難易度のクエストに挑む楽しみもありそうです。

  • ▲バトルはストーリーだけでなく、非同期対人バトルのコンテンツも用意されており、育てたキャラクターでの腕試しも可能です。

作品の魅力を引き立てるファン必見のゲーム

 『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン』は、ファンの「もっとストーリーを見たい!」という想いを叶えてくれるファン必見のタイトル。

 空白の期間を描くオリジナルストーリーの“七陰列伝”に、ヒロインたちと2人きりのニヤニヤしてしまうエピソードなど、その内容はまさに痒いところに手が届くといったもの。

 作品の魅力をさらに増幅するようなコンテンツの数々からは、制作陣の作品への愛と理解度が伝わってきます。

 今回の記事のプレイ画面を見て薄々察している方もいるかもしれませんが、筆者は超がつくほどのデルタ推し。七陰のメンバーということもあり、本作では彼女が登場するストーリーが盛りだくさん。

 それだけでなく、ゲームを起動するたびにデルタもモフモフの尻尾を振りながらお出迎えしてくれるなんて……。各キャラクターに同等のボリュームの物語と交流要素があるので、同じように推しを拝めて歓喜する人も少なくないのではないでしょうか?


 どうやらイベントでのストーリーも用意されているらしく、こちらもゲーム独自のストーリー展開に期待できますね。アニメを見て『陰の実力者になりたくて!』にハマった方は、ぜひ『カゲマス』も一緒に楽しんではいかがでしょうか?

ゲーム概要

タイトル:陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン
ジャンル:3DアニメーションRPG
プラットフォーム:スマートフォン(iOS/Android)/Windows
配信時期:2022年11月29日
価格:無料(コンテンツ内課金あり)

アマギフコードが当たる! 電撃秋アニメ×ゲーム特集を展開中!

 2022年12月10日(土)23:59までに、電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしたうえで、キャンペーン対象となる“#電撃秋アニメゲーム”のハッシュタグが付いた記事をRTしてくれた方の中から抽選で3名様にAmazonギフト券3,000円分をプレゼントいたします!

 対象ハッシュタグが付いた記事は順次公開され、キャンペーン対象となるツイートについては別記事にまとめております。当選者に対しては12月中にTwitterのDMで当選連絡を行い、Amazonギフト券のコード送付を行います。注意事項はこのページの下部を参照ください。

【Twitterキャンペーン注意事項】※あらかじめご了承のうえでご応募ください
・応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。
・電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしていることが参加条件となります。当選発表前にフォローを解除した場合、当選権はなくなりますので、ご了承ください。
・投稿に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
・投稿いただいた内容は、電撃オンラインなど、株式会社KADOKAWA Game Linkageの媒体で掲載させていただく場合があります。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
・当選通知日から1週間DMでの返信がなかった場合は当選無効となります。
・キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
・Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。

©逢沢大介・KADOKAWA刊/シャドウガーデン ©マスターオブガーデン製作委員会

関連する記事一覧はこちら