書類作成で活躍!フォントや段落を変えるショートカットを紹介

ネオン
公開日時

 Wordで書類を作成をしているとき、テキストを大きくしたり、中央揃えにしたりと、書式設定を色々と変更しますが、それが手元ですぐ変えられたら便利ですよね!

 ということで、今回は、フォントや段落の書式変更を変更できるショートカットキーを紹介します!

“Ctrl+L、E、R”で段落を変更できる!

 テキストの位置を変える“段落”の書式変更をしたいときは、下記3つのショートカットを使いましょう!

 左揃えにしたいなら“Ctrl+L”。

 中央揃えにしたいなら、“Ctrl+E”。

 右揃えにするなら、“Ctrl+R”を押せば一発で変更できますよ!

フォントのサイズを変えるときは“Ctrl+[、]”

 フォントのサイズを変えるときは、変えたいテキストを選択してから、このショートカットキーを使います。

 “Ctrl+[”で、1ポイント小さくなり、“Ctrl+]”で1ポイント大きくなります。

太字、斜体、下線は“Ctrl+B、I、U”

 太字や斜体、下線の追加もショートカットキーでできますよ!

 テキストを選択した状態で“Ctrl+B”を押すと太字に変更!

 “Ctrl+I”を押すと斜体に変更されます。

 “Ctrl+U”を押すと、下線が引けますよ!

 ちなみにこの3つのショートカットは、Google ドキュメントでも使えるんです!

 ぜひ紹介したショートカットキーを使って、書類作成の効率をアップさせてくださいねー!


恩頼ネオン:電撃オンラインのライター。アニメ、ゲームが大好きです! Twitterでは4コマ漫画『ゲームライターもラクじゃない!』連載中♪


キャラクターデザイン:津路参汰(ニトロプラス)
© KADOKAWA Game Linkage Inc.

関連する記事一覧はこちら