「守るための剣、今必要ならばこれを取れ」カガリは父が残した黄金のアカツキに乗り…ユウナを国家反逆罪で拘束【ガンダムSEED DESTINY再放送】

電撃オンライン
公開日時

 11月29日(火)0:00よりチバテレビで再放送されるアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の第40話“黄金の意志”のあらすじを紹介します。

  • ▲『機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 3』。

第40話“黄金の意志”あらすじ

 デュランダルは、シンとレイにフェイスの徽章と勲章を授与。レイによって巧みに誘導されながら、シンは次第にデュランダルの指し示す未来を盲信し始める。

 そんな中、ジブリールの行方がついに判明。彼は、オーブのセイラン家へ身を寄せていたのだ。ザフトはオーブへジブリールの身柄引き渡しを要求するが、ユウナはいないと返答。当然納得できるはずもなく、ザフトは武力によるオーブ制圧を開始する。

 オーブの危機を知ったカガリだが、アークエンジェルは修理が完了しておらずキラも留守、アスランも未だ回復していない。それでも祖国を救おうと、ムラサメ隊と共に決死の覚悟で出撃しようとするカガリ。そこに現れたキサカとエリカ・シモンズは、カガリの亡き父ウズミ・ナラ・アスハが遺したMS、アカツキを彼女へ与えるのだった。

 「力はただ力。多くを望むのも愚かなれど、むやみと厭うのも又愚か。」…父の遺言を胸に刻んだカガリは、ムラサメ隊と共にオーブ軍の中枢を掌握すると、ユウナを拘束させて全軍を指揮し、一時はザフトを押し戻す。

 が、そこにシンのデスティニーとミネルバが到着し、形勢は再び逆転。カガリのアカツキとシンのデスティニーが、相反する祖国への思いを胸に、オーブの空の下で激突する。



(C)創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら