『映画刀剣乱舞-黎明-』映像&ビジュアル解禁!公開日も23年3月31日に決定

電撃オンライン
公開日時

 『映画刀剣乱舞-黎明-』について、ティザービジュアルと初映像・特報映像が解禁公開。公開日が2023年3月31日に全国公開することが発表されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

公開日《2023年3月31日(金)》に決定! 特報映像&ティザービジュアルも同時解禁!!

 原案は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞 ONLINE」。

 全国に刀剣ブームを巻き起こし、2015年にミュージカル化、2016年に舞台化、さらにアニメ化が展開するなど、アプリゲームの枠を超え、社会現象にまで至った日本を代表する大人気コンテンツ。

 初の実写映画化となった前作は多くの熱いファンに支えられ、興行収入9.5億円のヒットを記録。本作の監督は前作に引き続き、耶雲哉治が務める。キャスト陣には、三日月宗近役の鈴木拡樹、山姥切国広役の荒牧慶彦、へし切長谷部役の和田雅成ら、前作から続投する主要キャストらに加え、舞台「刀剣乱舞」でも同役を演じる山姥切長義役の梅津瑞樹や、髭切役の佐藤たかみち、膝丸役の山本涼介といった新メンバーも顔を揃えた。

 さらに本日新たに解禁されたのが、藤原道長役を務めるベテラン俳優柄本明と、源頼光役に津田寛治の超実力派俳優陣の参戦。多くの作品であらゆる役柄を演じ分けてきたお二人が、物語の起点となる重要な役を演じて、本作に深みを与えている!

 解禁された特報映像は、約30秒という短尺ながら、刀剣男士の姿や見どころの一つでもある、ワイヤーアクションやドローンによる空撮を駆使したアクションシーンのカットなど、壮大な歴史スペクタクルを感じさせる仕上がり。

 物語の全貌はまだ明らかにされていないが、今作のロケは日本各地に及び、エキストラも数百人規模で、前作を大幅に上回るスケールの撮影となったというだけあり、そのクオリティの高さが既に伺える。

 また併せて解禁されたティザービジュアルは、特報同様、躍動感あふれたビジュアルとなっている。ますます続報が待ち遠しい。前作より大きくスケールアップし、予想を超える展開、最新技術が彩なすダイナミックな映像美、そして俳優たちの流麗なる殺陣と気迫に満ちたドラマが、新たな『映画刀剣乱舞』の歴史の“黎明”を告げる!

ストーリー

 西暦995年。京都。

 藤原道長(柄本明)が栄華を極めた平安期の都。道長と安倍晴明(竹財輝之助)の密談により、大江山に住まう鬼・酒呑童子の討伐を命じられた源頼光(津田寛治)たちは、見たこともない敵の軍勢に道を阻まれる。

 その正体は歴史改変を目論む“歴史修正主義者”が放った“時間遡行軍”。だが、異形の力に圧倒される頼光らを救ったのは、歴史を守るべく戦う“刀剣男士”たちだった。

 三日月宗近(鈴木拡樹)率いる部隊は次々と敵を斬り伏せ、頼光らに歴史通りの「鬼退治」を果たすよう促す。

 しかし、先へ向かった山姥切国広(荒牧慶彦)を追い鬼の根城へとたどり着いた三日月宗近が目にしたものは、酒呑童子と対峙する山姥切国広が光とともに消えゆくその瞬間だった――。

イントロダクション

 大ヒットを記録した前作から4年――刀剣男士、銀幕に再び現る! ハリウッド・スケールで描かれるアクション・エンタテインメント大作、ついに完成!

 “本能寺の変”にて、刀剣男士たちと織田信長や羽柴秀吉ら戦国武将が絡み合い、衝撃の結末を描き出し大ヒットを記録した『映画刀剣乱舞-継承-』(2019)から4年―― 第二弾となる『映画刀剣乱舞-黎明-』がついに完成!

 三日月宗近役・鈴木拡樹、山姥切国広役・荒牧慶彦、へし切長谷部役・和田雅成に加え、山姥切長義役・梅津瑞樹や、髭切役・佐藤たかみち、膝丸役・山本涼介ら新たなメンバーも顔を揃えた刀剣男士たち。さらに藤原道長役の柄本明、源頼光役の津田寛治ら実力派俳優陣も参戦。世界観とリアリティの融合を突き詰め、美術・装飾・衣裳・小道具などこだわり抜いた最高の技術が集結。

 ハリウッドVFXチームらによる最新技術が彩なすダイナミックな映像美の中を、俳優たちの流麗なる殺陣と気迫に満ちたドラマが、新たな歴史の“黎明”を告げる!

映画情報

タイトル:『映画刀剣乱舞-黎明-』
出演:鈴木拡樹、荒牧慶彦、和田雅成、梅津瑞樹、佐藤たかみち、山本涼介、定本楓馬、小西詠斗、本田礼生、玉城裕規、津田寛治、堀内正美、竹財輝之助/柄本明
原案:「刀剣乱舞 ONLINE」より(DMM GAMES/NITRO PLUS)
監督:耶雲哉治
脚本:小橋秀之、鋼屋ジン
制作プロダクション:東北新社
配給:東宝
公開表記:2023年3月31日(金)全国ロードショー


©2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC

関連する記事一覧はこちら