ムフフシーンは30年たってもイイ。動いてしゃべる元祖アニメ的RPG『コズミック・ファンタジー 冒険少年ユウ』は今遊んでも楽しかった!【冬のレビュー祭】

カワチ
公開日時

 12月15日にNintendo Switchで発売予定の『コズミック・ファンタジーCOLLECTION』に収録された『コズミック・ファンタジー 冒険少年ユウ』のレビューをお届けします。

 なお、電撃オンラインではこの冬に遊びたい注目作に関する特別企画“電撃冬のレビュー祭”を展開中。発売前の新作タイトルや発売済みの名作タイトルなど、注目作品のレビューなら電撃オンラインにおまかせ!

 あわせて、Amazonギフト券1万円が当たる“冬の電撃オンライン祭(冬の電撃祭)”も実施中なので、ぜひご参加ください。

TVゲーム黎明期のアニメーションや時代を感じる声優陣で涙腺がヤバい

 主に1990年代前半にPCエンジンで発売された『コズミック・ファンタジー』シリーズ。当時のゲーム機はスーパーファミコンやメガドライブなどロムカートリッジが主体でしたが、いちはやくCDというメディアを採用していたPCエンジンはアニメ演出や音声演出を楽しむことができました。

 本作はそんなPCエンジンの中でも“テレビアニメみたいな演出”がすごく、濃いゲーマーに慕われていたシリーズです。1990年から1994年にかけて4作品(シリーズ最後の『4』はふたつに分かれていたので正確には5作品)も発売されていたので人気だったことが分かります。

 企画・シナリオ・監督を務めるのは『学園特捜ヒカルオン』などで知られるアニメーターの越智一裕さん。当時、『コズミック・ファンタジー』を手掛けた日本テレネットはCD-ROMを使ったビジュアル重視のゲームが特徴で、本作も越智さんの魅力が存分に詰まったアニメがビジュアルシーンとして収録。物語を盛り上げてくれました。
(今回の『コズミック・ファンタジーCOLLECTION』には収録されていませんが、特に『コズミック・ファンタジー3 冒険少年レイ』は主題歌が激熱&使い方がうまくて、まさにアニメ的RPGの真骨頂といった形に。時代を先どった作品として、一部の愛好家の間で熱く語られています)


 今回の『コズミック・ファンタジーCOLLECTION』は1作目の『冒険少年ユウ』と2作目の『冒険少年バン』を収録。ここでは『冒険少年ユウ』のレビューをお届けします。

 『冒険少年バン』を立ち上げて感動するのが主題歌。いい意味で時代を感じさせる西村知美さんが歌う“光の海の中へ”が一気に30年前の世界に引き戻されます。

 そして驚きなのが30年前でありながらこんなにも綺麗な歌付きのオープニングムービーが流れていたということ。当時プレイしていた人は懐かしいと思いますし、若い人には新鮮に映ると思うのでぜひ観てみてほしいですね。

 なお、本作は前回の復刻プロジェクト『夢幻戦士ヴァリス』と同様に当時の説明書も収録されており、こちらも懐かしさに浸れるポイント。なお、この説明書は魔法の効果を確認できるので実用性もあります。(ただし、『冒険少年バン』のほうは説明書に間違いも多いので気をつけましょう(苦笑)。とはいえ普通にプレイする分には問題ないです)


 ゲームは宇宙をパトロールするコズミック・ハンターのユウが惑星ノーグに降り立ち、復活した妖姫モルガンとの戦いに挑んでいくというもの。ユウはサイキックという魔法のようなものを覚えますが、このサイキックが使えるのは善良な人が殺されてしまったときなど、感情が高ぶったときのみ。

 使える範囲は限られていますが、ストーリーとシステムが噛み合っているので盛り上がります。ユウは高山みなみさんがボイスを担当していますが、正義感の強い少年の役がすごくピッタリでいいですね。




 ゲームのバランスは当時の作品らしく、ちょっと大味ですが、自分はこの大味がけっこう好きです。レベルがひとつ上がったり装備をひとつ変えただけで一気に強くなったり、橋をひとつ渡っただけで敵が一気に強くなるのは「そうそう、これこれ!」とおっさん世代の自分にはうれしくなります。


 戦闘もわかりやすいターン制でレベルを上げるだけで攻略できる仕様。スキルツリーなどの育成要素があるゲームもおもしろいですが、これぐらいシンプルなほうが気楽に遊べていいいですね。なお、戦闘で負けるとセーブ前に戻るので回復アイテムの“やくそう”や“どくけし”は多めに持っておくのがオススメです。

ヒロインの登場シーンにドキドキ

 ゲームの基本は町で情報を集めてイベントをこなしていくスタイル。各キャラクターはグラフィック付きなので感情移入しやすいです。なかでも、ぼったくり価格でアイテムを売ってくる星間商人のニャンは忘れられないキャラクター。なお、ニャンはシリーズすべてに登場しているので、『2』でも見かけることができます。




 ユウはバイク型ロボットの“もんも”と旅をしていますが、もんものコマンドで行ったことがある町へファストトラベルが可能でとても便利です。



 冒険を進めると高田由美さんがボイスを担当するサヤが登場して仲間に。なお、高田さんはもんもの声も担当しています。

 サヤの初登場は水浴びをしている彼女を覗いてしまうというムフフイベント。当時のグラフィックの感じもあいまって、このムフフシーンが見れたときはうれしくなってしまいました。何年経っても色あせないですし、むしろ今だからこそ観たいシーンです。











 ちなみにヒロインの登場シーンがムフフになっているのは『コズミック・ファンタジー』シリーズのお約束となっています。続く『2』にも登場するのでお楽しみに(笑)。

 サヤが仲間になると登場する敵の数も増えて戦略性が上がります。サヤは多彩な魔法を使うことができ、敵全体を攻撃する魔法も強いですが、オススメは味方全員の防御力を上げるイオ。この魔法を使うことでかなりダメージを減らせます。

 本作はユウ→サヤ→敵というように攻撃する順番が決まっているので、確実にバフをかけられるのもポイントです。

 また、魔法は“バドム2”“バドム3”などレベルアップしていくのも特徴。消費MPは変わらずにダメージや回復の数値が大きくなります。そのため、前半に覚えた魔法も使い道があるのがうれしいですね。

 ストーリーのほうもサヤが仲間になってからは敵の四天王も登場するなど展開も盛り上がっていきます。この古き良きRPGを体験してみて欲しいです。


 余談ですが、オリジナル版はバトルに入る際の読み込みがちょっと……いや、場合によってはかなり長かったのですが、今回のSwitch版はとても快適になっています。読み込み時間は当時のゲームならではの味の1つではありましたが、快適に遊べるのはやっぱりうれしいですね。

© Edia Co., Ltd. / ©KAZUHIRO OCHI

関連する記事一覧はこちら