20段階に画面を曲げられる? LG、新型42インチ有機ELテレビ

電撃オンライン
公開日時

 LGから、平面から最大900Rまで20段階で曲率調整が可能な42インチの有機ELテレビ『LG OLED Flex(42LX3QPJA)』が、2023年1月18日に発売します。

42インチの有機ELテレビ『LG OLED Flex(42LX3QPJA)』

価格:オープン価格(440,000円前後)

発売日:2023年1月18日(水)より発売
(2022年12月1日(木)予約開始)

曲率も高さも角度も画面サイズまで、意のままに最適な視聴スタイルを追求


■曲率調整が可能なテレビ
 バックライトのない有機ELテレビだから、平面から最大900Rの曲率まで20段階で曲率調整が可能。

 例えば、家族や仲間と楽しむときは、画面を平面にして視聴。画面から近距離でゲームを楽しむときは、最大曲率900Rで没入感を楽しむなど、視聴距離や設置場所、コンテンツにあわせて、最適な視聴環境で楽しめます。

高さや角度を調整可能

 視聴環境や姿勢にあわせて140mmの高さ調整ができます。チルト機能(前後角度調整)で前に10度、後ろに5度傾斜調整が可能です。

画面サイズも意のままに


 ゲームジャンルや好みによって画面サイズを27、32、42インチに変えながらプレイでき、FPSやRTSなど、全体画面を一目で見るのが良いゲームも楽しむことができます。

 さらにマルチビュー機能で2画面を同時に使用でき、ゲームをしながら他の作業も可能です。

本来の美しさを追求した、LG OLED evoを採用

■LG OLED evoとは
 OLED evoテクノロジーに搭載されたLG独自の映像エンジン“α9 Gen5 AI Processor 4K”と最先端の映像アルゴリズムとの組み合わせにより、従来の有機ELテレビに比べ、高輝度、高純度の色を再現。

 まさに体験しているかのような没入感を楽しめます。

ゲーミングテレビの最高峰。ゲーミング機能も充実

■ハイフレームレート(HFR)対応
 4KのHFRに対応し、通常の2倍にあたる最大秒間120フレーム(120Hz)での表示が可能。

 動きの多いコンテンツでも、通常なら表示できないフレームを表示可能なので、なめらかな動きを実現します。

■応答速度0.1msで高度な映像もくっきりあざやか
 レースゲームなど画面の切り替えが速いシーンでも残像感が少なく、スピード感あふれるゲーム映像が楽しめます。

■ゲームオプティマイザの手動設定でさらに自分好みに
 自分のプレイ環境やゲームジャンルに合わせて、画質・音質モードを自由に選択。臨場感も高速プレイも思いのまま。

■エコーキャンセリングマイクで、ヘッドセットなしでもボイスチャットが可能
 スピーカーから聞こえるゲーム背景音を小さくし、ボイスチャットの声を明瞭に伝えるエコーキャンセリングマイクを内蔵。

 ゲーム用ヘッドセットがなくてもボイスチャット ができ、チームメイトとの意思疎通もよりスムーズに行えます。

■LEDライティングで背面も自在にカスタマイズ
 背面にはカラフルな色再現が可能なLEDライトがあり、ゲームやインテリアに合わせた演出ができます。

■ゲームダッシュボードでプレイ中も設定が一目でわかる
 応答速度や画面サイズ等が一目で確認でき、ゲームジャンルによって簡単に設定変更できます。

※設定画面でゲームオプティマイザとゲームダッシュボードの両方をONにすると表示されます。

■クラウドゲーム“GeForce NOW”に対応
 LGは、NVIDIAとのパートナーシップによって、クラウドゲーム“GeForce NOW”のテレビ向けアプリを搭載しています。

 ゲーム機器を接続しなくても、90以上の無料ゲームタイトルを含む1,000以上の魅力的なゲームが利用可能です。

■スイッチングハブで1つのキーボードとマウスでテレビとPCを操作
 テレビとPCを接続した際に、スタンド横面にあるスイッチングハブボタンで、テレビのUSBポートに接続したキーボードやマウス、テレビ内蔵マイクを、PC でも使用でき るよう切換可能です。

関連する記事一覧はこちら