『雀魂』が『咲-Saki-全国編』コラボでランキング1位に。日本のモバイル麻雀ゲームを牽引

電撃オンライン
公開日時

 マーケットデータを分析・提供するSensor Towerは、『雀魂 -じゃんたま-』に関するブログを公開しました。

『咲-Saki-全国編』コラボ開始で100ランク以上アップでランキングトップに

 Yostarより配信中の『雀魂 -じゃんたま-』は、2019年4月にブラウザ版、2019年11月にモバイル版がリリースされた麻雀ゲーム。

 3人打ち、4人打ち麻雀が楽しめる同作は、かわいいキャラとボイスが魅力の1つで、オンライン対局中のコミュニケーションツールとして、キャラの感情をかたどったスタンプが使用できることも特徴です。

 これらのボイスやスタンプは、好感度を高めることで、新たな内容が開放される仕組みなっています。

 Sensor Towerのストアインテリジェンスのデータによると、モバイル版『雀魂 -じゃんたま-』のリリースから2022年11月20日までの日本における累計収益は1億ドルを突破しているとのこと。

 また、11月16日から開始されたTVアニメ『咲-Saki-全国編』とのコラボ効果で、日本におけるApp StoreのTop Grossingランキングで前日の110位から一気に100ランク以上アップし、1位を獲得したそうです。

 全文は以下からご覧ください。


■雀魂 -じゃんたま-

2022 © Sensor Tower Inc.

関連する記事一覧はこちら