『VAZZROCK』はファミリー! 12人が勢揃いした「VAZZROCK FES 2019」最終公演をレポート

ガルスタオンライン
公開日時

 ツキノ芸能プロダクションに所属するVAZZYとROCK DOWN、2つのユニットに所属する12人の宝石の原石たちの物語が展開される『VAZZROCK』シリーズ。その2つのユニットによる「VAZZROCK FES 2019」が、ヒューリックホール東京で10月22日から10月27日の期間に行われました。
 今回は10月27日に行われた夜公演、フェスの最終公演の様子をレポートします!

公演概要

■イベント名
VAZZROCK FES 2019

■会場
ヒューリックホール東京

■出演者
VAZZY
新垣樽助(眞宮孝明役)、小林裕介(吉良凰香役)、山中真尋(築一紗役)、白井悠介(築二葉役)、笹翼(大山直助役)

ROCK DOWN
菊池幸利(小野田翔役)、長谷川芳明(久慈川悠人役)、佐藤拓也(天羽 玲司役)、坂泰斗(立花歩役)、増元拓也(大黒岳役)、河本啓佑(名積ルカ役)

序盤からアクセル全開の2組

 VAZZYの「VAZZY」でイベントの幕が上がりました。フルメンバーではないものの、その穴を感じさせない熱いパフォーマンスで5人はステージを盛り上げます。間奏で新垣さんはお客さんに声を出すように要求。序盤とは思えないほどの大きなコールにステージの5人も満足そうな表情を見せていました。

 続いて登場したROCK DOWNは「ROCK DOWN」を熱唱。甘く激しい歌声でVAZZYで温まっていた会場の熱をさらに上昇させます。客席も一体となって拳を突き上げ、フェスのスタートを盛り上げました。

 VAZZYとROCK DOWNの全員がステージに揃うと、まずは笹さんの進行で自己紹介がスタート。最終公演にして今回のフェスに初参加の小林さんは、嬉しそうにしながらも意気込みをしっかりと語ります。
 “相方”の堀江さんが不在の笹さんは、自分の右側に堀江さんがいる体で肩を組み、イマジナリー堀江さんの声を聞いて笑いを誘います。するとその堀江さんからコメントが届いているということで、みんなでそのVTRを見ることに。
 まずはこの映像を見ている会場のお客さんへの感謝を伝えたあと、今度はステージにいるメンバーに労いの言葉をかける堀江さん。礼儀正しい堀江さんに、思わずメンバーもお辞儀を返していました。
 会場に行けないことへの悔しさや、笹さんへのメッセージを交えながら、堀江さんはいかにVAZZROCKが最高であるかについて語ります。VAZZROCKのメンバーを“ファミリー”にたとえ、12人で揃いたいと意気込む堀江さんに、ステージと客席から「かわいい!」という声が挙がっていました。

 ライブは長谷川さんの歌う「いろはに想ひ唄」を皮切りに、ソロ曲メドレーが始まります。2nd seasonのCDがリリース済みのキャラクターは、もちろん新曲を披露! 山中さんの「GAN GAN TRAVEL」や小林さんの「VACHI×VACHI」、さらにCDが発売前の佐藤さんや河本さんも新曲を披露してキャラクターの新たな一面を見せてくれました。もちろん笹さんの「ヒル・イナ・BABY」、菊池さんの「月影Innocent」など、既存の楽曲の盛り上がりも十分!


恒例の“ばずらじ”、その前に……

 VAZZROCKの面々が事前にファンから届いた質問に答えるコーナー“ばずらじ”。11本のマイクがずらりと並び、朗読劇スタイルで行われます。メインパーソナリティーは直助とルカ、各ユニットの喋り担当の2人です。
 まずはキャラクターが1人ずつ自己紹介。悠人がお客さんとの「バーズ!」「ロック!」のコール&レスポンスで盛り上げたり、岳はルカのお目付け役であることを公言して笑いが怒ったりと、和やかな雰囲気でコーナーはスタート。しかし、そんな雰囲気はこの後始まる真剣勝負によって打ち砕かれます。
 フェスではばずらじが毎回行われていたようですが、もう1つ恒例となっていたものが判明。その名も「君の心と僕の心に爪痕残す一発芸ゲーム」なる真剣勝負! ルールは簡単、ス

テージ上の全員が一斉にじゃんけんをして、負けた2人が一発芸をしてみせるというもの。ちなみに一番最後に負けた人はばずらじが終わってから、次に負けた人はこの後すぐに一発芸をしなくてはならないという過酷なルールが敷かれていました。
 昼公演で一発芸をやった人は免除ということで、どうやら該当する孝明と二葉はホッとした様子。しかし二葉に巻き込まれたらしい一紗から物言いがつくと、「覚悟を決めよう!」という翔の一言で結局じゃんけんは11人でやることに。
 11人でのじゃんけんということで、しばらくは勝負がつきませんでしたが、結一番に負けたのは孝明、その次に負けたのは岳という結果となりました。さっそく一発芸を披露させられた岳は、某塩のCMソング風に自分の名前を歌い、大いにウケて大きな拍手が起こっていました。
 ようやくばずらじが始まり、「お風呂は湯船派かシャワー派か」「猫のバズとロックを飼い始めてから変わったことは?」というプライベートに関するものから、「専属のマネージャーがいる人は?」というユニット活動についての、さまざまな質問に答えてくれました。
 ちなみに個人マネージャーがいるのはVAZZYは孝明、凰香、ROCK DOWNは岳以外の5人だそう。一紗と二葉はの2人には1人のマネージャーがつき、岳もルカのマネージャーがついてくれているということで、直助と優馬だけが専属のマネージャーがいないとのこと。ユニット専属のマネージャーもいないようですが、孝明がそろそろ欲しいと言っていたので、もしかすると……?
 そしてお待ちかねの孝明による一発芸でのコーナーの締めくくりですが、孝明はVAZZYとROCK DOWN、そして客席も巻き込むことを宣言。VAZZY、ROCK DOWN、お客さんを順に指差し、それぞれから「イェーイ!」と言ってもらうと、「俺たちファミリー!」で孝明が締めて、拍手喝采が起こりました。

デュエットソングメドレーで奇跡が!

 続いては1st seasonにリリースされたbi-colorシリーズより、デュエット曲をメドレー形式で披露! もちろんどれも今回のフェスが初披露です。相方不在の笹さんが「Rose Gambler」を歌い始めると、優馬を演じる堀江さんのパートでなんと堀江さん本人が登場! 思いがけない人物の登場に、客席は大混乱。どよめきと歓声はしばらく続くなか、笹さんと堀江さんは笑顔で歌い続けていました。
 最後にはステージに全員が集合し、奇跡の12人の集合を喜び合うように誰もが笑顔を見せてくれました。笹さんは堀江さんとハグを交わし、誰よりも堀江さんの登場を喜んでいました。


 12人揃ってのエンディングでは、“バズロはファミリー”というのが合言葉となり、再び全員でステージに立ちたいという意気込みを聞かせてくれました。もちろん最後は「バーズ!」

「ロック!」「イェーイ!!」のコール&レスポンス。熱い空気のまま、全6公演にわたるフェスは幕を下ろしました。

「VAZZROCK FES 2019」千秋楽夜公演セットリスト

M1.「VAZZY」(VAZZY)
M2.「ROCK DOWN」(ROCK DOWN)
OPトーク
M3.「いろはに想ひ唄」(久慈川悠人・長谷川芳明)
M4.「ヒル・イナ・BABY」(大山直助・笹 翼)
M5.「In the World」」(名積ルカ・河本啓佑)
M6.「NOT A GAME」」(新垣樽助・眞宮孝明)
M7.「SHOOTING STAR!!」(立花 歩・坂 泰斗)
M8.「GAN GAN TRAVEL」(築 一紗・山中真尋)
M9.「Secret Spice」」(大黒 岳・増元拓也)
M10.「Sing for you」(築 二葉・白井悠介)
M11.「月影Innocent」(小野田 翔・菊池幸利)
M12.「VACHI×VACHI」(吉良凰香・小林裕介)
M13.「cRAZY night」(天羽玲司・佐藤拓也)
朗読
M14.「ZERO」(小野田 翔・菊池幸利&久慈川悠人・長谷川芳明)
M15.「TRICK TRAP TRICK」(新垣樽助・眞宮孝明&吉良凰香・小林裕介)
M16.「純情グラフィティ」(天羽玲司・佐藤拓也&立花 歩・坂 泰斗)
M17.「LET'S GO TO HEAVEN!」(築 一紗・山中真尋&築 二葉・白井悠介)
M18.「アルカナの旅路」(大黒 岳・増元拓也&名積ルカ・河本啓佑)
M19.「Rose Gambler」(大山直助・笹 翼&白瀬優馬・堀江 瞬)
EDトーク
M20.「激奏D.I.V.E」(VAZZY)
M21.「優しい世界」(ROCK DOWN)

BD発売情報

【BD】VAZZROCK FES 2019
発売:2020年5月29日
価格:18,000円+税

出演:新垣樽助、小林裕介、山中真尋、白井悠介、笹 翼、堀江 瞬、菊池幸利、長谷川芳明、佐藤拓也、坂 泰斗、増元拓也、河本啓佑

■内容
2019年10月22日~27日に開催された「VAZZROCK FES 2019」がBlu-rayDiscにて発売決定!
本編ディスク2枚+特典ディスク1枚の豪華3枚組です!

■特典
・特製ブックレット
・キャラクター複製サイン入りアクリルボード付き

■流通別特典
・アニメイト・ステラワース・ツキプロオフィシャルオンラインショップ共通特典
複製銀テープキーホルダー(VAZZY ver.)

・アマゾン特典
複製銀テープキーホルダー(ROCK DOWN ver.)

(C)TSUKIPRO