『三国烈覇』初のオフラインイベント開催! 『進撃の巨人』コラボ詳細も発表

セスタス原川
公開日時

 GAEは、好評配信中のシミュレーションRPG『三国烈覇(サンレツ)』の初となるオフラインイベントを、10月27日に実施しました。

 『サンレツ』はGAEが2019年7月にリリースした、三国志を題材としたiOS/Android用シミュレーションRPGです。高度な武力と知略が発揮するタクティカルな大軍勢バトルをオリジナルシステムとして搭載している他、さまざまなゲーム要素を搭載しています。

 イベントは“三国烈覇ユーザー限定のハロウィーンオフラインイベント ~イベント専用アイテムを大放出!!~”と銘打たれ、多くの『サンレツ』ユーザーが参加し盛り上がりを見せていました。

 イベントには特別ゲストとして、趙雲役の緑川光さん、祝融役のたかはし智秋さん、作曲家の伊藤賢治さんが登場。声優×作曲家という布陣でのトークショーが実施されました。

 その他にも、新情報として『進撃の巨人』コラボを始めとする今後のアップデート内容の告知や、新機能“九州争覇”発表&体験会など、イベントの内容は盛りだくさん。さっそくイベントの様子をお届けします。

ゲーム好き×機械音痴×作曲家の異色トークショー

 トークショーでは、ゲストの緑川光さん、たかはし智秋さん、伊藤賢治さんが登場。『サンレツ』に関する話をはじめ、それぞれが自身のゲーム歴やゲームミュージックに対する考え方について語りました。

  • ▲緑川光さんが演じる趙雲。三国志好きにはおなじみの武将ですね。
  • ▲たかはし智秋さんが演じる祝融は、孟獲の妻で飛刀の使い手です。

 冒頭では、まず11月のアップデートより実装される伊藤賢治さん作曲のBGMを組み込んだPVを放映。今回の依頼は3分という長い曲だったため、ただの繰り返しにならない物語性のある音楽を意識して作曲したとのことです。

 ゲーム好きとして知られている緑川さんは、多感な時期にプレイしたゲームはその音楽にも思い入れがあるそうで、伊藤さんが話す当時の音楽制作のエピソードに興味津々の様子。

 その後も、自身のゲーム歴やプレイスタイルを赤裸々に語り、自分が愛する“ロボットの脚線美”についても熱弁するなど、トークを聞いているだけでゲームや自身の出演した作品が大好きであることが伝わってきました。

 これまで合計400曲近くの曲を歌ってきたというたかはしさんは、歌を収録する際に気をつけていることなどについて語りました。ところが、ゲームそのものに関しては、自称機械音痴ということで、なかなか続けてプレイすることに慣れないとのこと。そんな中でも、イケメンたちが登場する恋愛ゲームは唯一ハマることができたジャンルだったそうです。

 その後も、緑川さんと伊藤さんの同年代トークや、たかはしさんらしい“胸”についてのトークなど、ここでは記載しづらいほど、色々な意味で濃厚、かつ聞いていて笑えてしまうようなトークが繰り広げられました。

ひと足先に新機能“九州争覇”でのリアルタイムPvPを体験

 トークショーを終えると、新機能“九州争覇”紹介のコーナーに。“九州争覇”は、これまで非同期対戦だった対戦をユーザー同士がリアルタイムPvPで楽しめるようになるモードです。対戦はサーバーごとに予選と本戦が行われ、最後まで勝ちぬき覇者となったプレイヤーは殿堂入りとして、ゲーム内で名前が記載されます。

 予選はプレイヤーレベル55に到達していれば誰でも何度でも参加可能。試合でポイントを稼いでいき、予選での上位64人が本戦に進出できます。本戦に進出できなかったプレイヤー向けに、本戦の対戦結果を予想するベット機能も用意されています。

 最初は1つの編成同士で戦う1vs1のみですが、一定のランクに到達することで3つの編成で戦う3vs3が解放されます。3vs3では、お互いの編成を確認し合ってから出し順を決め、勝利した編成から使用不可になるシステムであるため、相手の編成に対して自分のどの編成を当てるか……といった戦略的な要素がさらに色濃くなります。

 “九州争覇”では、対戦ごとに12名の特別武将がゲストとしてランダムで選出され、その対戦でのみ編成可能です。ここで選べる武将は、ステータスが天ランク、兵装+10の特殊ステータスの強力な武将で、所持していない武将も選出されます。

 そのため“九州争覇”で普段使えない武将をお試しで使ってみる……という、まだまだ武将が揃っていない人にとっても新鮮なプレイができるチャンスとなっています。

 開催期間終了後には、ランキングに応じた報酬も配布されます。また、対戦やベット報酬で入手できる“九州硬貨”も実装され、専用ショップにてアイテムと交換できます。

緑川さんとたはかしさんが日本最速で“九州争覇”を体験!

 説明が終わったところで、緑川さんとたかはしさんが日本最速で実際に“九州争覇”で対戦してみることに。

 今回は用意された全武将が揃っているデータを使い、2人が気に入ったキャラで固めた編成で対戦を行いました。さらに、試合はただ対戦するだけなく声優の2人がキャラクターに声を当てながら対戦するというなんとも豪華な内容になりました。

 ルールは2本先取となっており、お互いに1勝1敗で最終戦までもつれ込む大接戦に。相性ではたかはしさんの方に分がありましたが、最終戦では緑川さんがゲーム愛好家に恥じないゲームセンスを発揮し、相性不利を覆す見事な逆転勝利を果たしました。

“九州争覇”を使った大会を開催!

 続いて、イベント参加者が実際に“九州争覇”を体験。今回使用するデータはゲストの2人が使用したものと同じく、全武将が最大まで育成された状態のデータになっており、普段は使えない最強編成を用いて新機能で遊べるという、このイベントならではの体験プレイとなっていました。

 普段は非同期対戦ですが、この“九州争覇”はリアルタイムPvPのため、目の前に対戦相手が居るとなれば盛り上がりは必至! 体験している人たちからは「相手の人強すぎ!」「それは勝てない~」など、オフラインならではの声が挙がっていました。

 最後には、抽選で選ばれた16人による“九州争覇”のトーナメント戦が開催。大会ということで先ほどの体験会の雰囲気とはうって変わり、参加者の方々は時間をかけてじっくりと編成を考えていました。

 実際に使われた編成としては、プレイヤーの間で強力な武将と言われている“諸葛亮”や“呂布”が中心となる編成が多く、それらを使用しているプレイヤーはしっかりと勝ち進んでいました。

 レベルの高い試合が続く中、決勝戦にコマを進めたのは御津杏さんとあいうらさん。このトーナメントもルールは2本先取となっており、こちらも最終戦までもつれ込む激戦になるかと思いきや、あいうらさんが2‐0でストレート勝ちで優勝。あいうらさんには賞品として、今回のゲスト3名のサイン入り色紙がプレゼントされました。

  • ▲優勝したあいうらさんはプレイを最近始めたばかりで、まだプレイヤーレベルは11とのこと……! 客席と運営陣もこれには驚きを隠せずにいました。

『進撃の巨人』コラボや年内のアップデート内容を発表!

 体験会の後、気になる直近のアップデート情報の発表が行われました。まずは、すでに注目を集めている『進撃の巨人』とのコラボ企画の詳細が発表されました。

 今回のコラボでは『進撃の巨人』から10人ものキャラクターが登場。コラボキャラクターはエレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、ライナー・ブラウン、アニ・レオンハート、コニー・スプリンガー、サシャ・ブラウス、クリスタ・レンズ、ユミル、リヴァイとなっており、全員が★4キャラクターとして登場します。

 コラボイベントでは、初級から超級まで全4段階の難易度のクエストに挑戦できます。参加資格はプレイヤーレベル15からとなっており、クリアすることで“訓練バッジ”を入手可能。これを集めると“ミカサ・アッカーマン”が入手できる仕組みです。

 また、ランキングイベントも開催され、こちらで上位に入ると“リヴァイ”がプレゼントされます

 プレイヤーレベル20から参加できる“来襲無垢の巨人”では、巨人たちが世界マップを襲撃。巨人たちを討伐すると、難易度に応じてスナップブレードや立体起動装置などのコラボ装備の欠片が手に入ります。巨人討伐時には、コラボ装備が直接手に入るチャンスもあるとのことです。

 ミカサとリヴァイ以外の8人はコラボガチャにて獲得可能です。コラボガチャは、10回まとめて引いた際に1枚は確定でコラボキャラクターが出現するうれしい仕様。また、資質13の一部キャラクターについては、期間限定で将魂パックが販売されます。同期間には、コラボ装備の欠片の選択パックも販売予定です。

 そして、11月のアップデートにて、現在の最高レアリティよりもさらに上の装備“金色装備”が実装されます。こちらはより強力な効果やステータスを持った装備で、今回の『進撃の巨人』コラボのコラボ装備も“金色装備”となっています。

 伊藤賢治さんによる新BGMと新機能“九州争覇”も11月のアップデートで実装予定です。

 12月のアップデートでは、メインシナリオが開放。さらに、カードレアリティの★5の実装もこのアップデートにて行われます。

 また、ゲーム内で多く支持されているミニゲームに関しても、現在は“すごろく”のみとなっていますが、今後さらに新たなミニゲームの導入も予定しているとのことです。

 メインシナリオについては、すでに現状で進められる範囲までプレイを終えている方が多いということで、プレイヤーの中には待っていた方も多いのではないでしょうか。

 武器、キャラクターのレアリティレベルの解放についても、今後“九州争覇”で対戦が充実していくこともあり、発表された際には客席がざわつき、関心の高いアップデートだったことが伺えます。

 閉会式では、来場者にプレゼントが配布された他、9月から海外にて行われた賞金付きの大型大会の模様を映したPVも放映されました。海外ではすでに『三国烈覇』内でリアルタイムPvPが実装済みで各所でオフライン大会が複数開催されており、日本についても今後国内で大会を開催することを検討しているとのこと。

 『進撃の巨人』コラボに合わせて、大型アップデートが行われる『三国烈覇』。海外ではすでに本作は対戦ゲームとしてヒットしていることから、日本でも今回の“九州争覇”の実装により、プレイヤー同士の対戦が盛り上がる日々が訪れるのではないでしょうか。

 ゲームの中で戦略を競い合う、まさに三国時代のような波に乗り遅れないように、コラボイベントで強力な装備を集め、“九州争覇”に向けて腕を鍛えておきましょう。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)GAE Inc.

三国烈覇

  • メーカー: GAE
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SRPG
  • サービス開始日: 2019年7月11日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

三国烈覇

  • メーカー: GAE
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SRPG
  • サービス開始日: 2019年7月11日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金