乙女も注目! 恋とSFが融合したドラマチックアドベンチャー『十三機兵防衛圏』をチェック!!

電撃PlayStation
公開日時

 いよいよ11月28日の発売が迫るPS4向け用アドベンチャー『十三機兵防衛圏』。本作は、美しく幻想的なビジュアルやドラマチックなストーリーが魅力のタイトル『ドラゴンズクラウン』や『オーディンスフィア』を生み出したアトラスとヴァニラウェアのタックが新たに生み出す、本格SFアドベンチャー作品です。

 メインとなるのは、13人の個性豊かかつ、さまざまな事情を抱える登場人物たち。青春のさなかを生きる少年少女たちは全員が主人公であり、プレイヤーは謎多くの謎が練り上げられた物語を13人の主人公の目線から、多面的に体験することができます。

 10月30日から体験版も配信され、ますます盛り上がる本作。時を行き来し、さまざまな謎が絡み合う物語は、好奇心を刺激する本格SFと呼ぶにふさわしい要素が盛りだくさん! 真相解明への探求心を湧き起こされつつも、主人公たちの描き出す恋模様は、少女マンガのようなトキメキも秘めています。

 そんな一面から、今回は“キャラクター”をピックアップしてお届け! “恋や友情”が交差する人間模様から、本作の青春SF群像劇の世界を読み解いていきましょう!!



巨大ロボット“機兵”に搭乗できるのは選ばれた“適合者”だけ

 映画『宇宙戦争』の世界のように、街を蹂躙する強大な敵に対抗するのは、巨大ロボット“機兵”。それに搭乗できるのは、“適合”する少年少女たちだけです。13人の主人公たちは“滅びの運命”に抗うべく機兵に搭乗し、それぞれの想いを胸に地表に飛来した謎の敵・怪獣と命を懸けて戦う――。

 “なぜ”、“どうして”、“誰が”、などなど、物語の謎は進めば進むほどに深まるばかり。そんななか、彼らは1985年の昭和の時代を起点に、1945年の太平洋戦争のさなかから、はたまた2188年という宇宙進出を遂げた未来まで、“時を超えて”、はたまた次元を超えて(!?)さまざまな時代を行き来し、物語に隠された真相へ迫っていきます。

想いが力になる! 4人の主人公をピックアップ

 今回は13人の主人公の中から“鞍部十郎”、“薬師寺 恵”、“冬坂 五百里”、“関ヶ原 瑛”の4人を紹介します。なお、製品版の序盤約3時間をそのまままるごとプレイできる”序盤まるごと体験版”が配信中。その中で語られる疑惑や謎、考察も合わせて主人公たちの背景を紐解いていきましょう!

鞍部十郎(くらべ じゅうろう)
声優:下野紘

「その記憶は、本当に君のものか」

 咲良高等学校に通う16歳の男子高校生。特撮映画が大好きで、毎日何かしらの怪獣映画やドラマをビデオで観ている。日々の生活にどこか違和感を覚えていたなか、ある日意図せず巨大な謎のロボットを出現させてしまい……?


◆真相への糸口

 1985年。彼は幼なじみの“柴 久太”と特撮映画に夢中になっている、普通の男子高校生。けれど毎晩のように夢に見るのは、怪獣と戦うものばかり。それは、たんなる映画の影響なのか……?

 何か飲み込み切れないものを抱えていたある日、ひょんなことから保健室で彼が目にしたのは、“投薬”による経過観察が書かれた書類だった。その対象は、自分の写真でありながら“和泉十郎”という苗字違いの“誰か”のようだが……。

 帰り道、彼はいつもの商店街でふとある少年とすれ違う。それは1945年から時を越えてやってきた少年、三浦慶太郎だった。学帽で隠した額の傷に鞍部の手が触れた時、不思議な発光とともに“機兵”が街中に突如現れる。


◆キーキャラクター“柴 久太”

 幼なじみで、無二の親友だと思っていた友人がもし……。気さくで無邪気な鞍部の友人“柴 久太”もまた、不思議な力を持つ人物だった。機兵を呼び出した鞍部に「少し忘れてもらおうか」と言うが、彼の目的は一体……。


薬師寺 恵(やくしじ めぐみ)
声優:内田真礼

「恋する少女は“魔法の銃”を手に取る」

 成績がよく真面目で、あまり感情を表にださないため、「お高くとまっている」と思われがち。けれど、じつは白馬の王子さまの到来を夢みる純朴な少女だ。2024年に“和泉十郎”と出会い、恋に落ちる。彼女の十郎への愛は強く、十郎のためにと、強引に彼の家に居候するほど。料理が得意で、晩御飯やお弁当の用意をいつもしている。


◆真相への糸口

 2024年。友人の如月兎美と、いつものように下校していた薬師寺。そんな時、突如目の前に現れたのは、十郎の乗る機兵だった。薬師寺と十郎は惹かれ合うが、彼女と世界のために無理な戦闘を行った十郎は脳に損傷を負い、“人格と記憶を変えて”治療に当たることに。

 1985年へと時を超えた世界で、自分との思い出も忘れてしまった十郎を救いたいと願った時、ある“しゃべる猫”が語り掛けて来た。「自分と契約をすれば十郎を救う」という猫が求めて来たのは、“魔法の銃”で、“指示する人物”を撃つこと……。十郎を救うため、作用もわからないままに少女は銃を手に奔走する。


◆キーキャラクター“しっぽ”

 校内でよく目撃されているしっぽの先の白い、野良猫。“しっぽ”と薬師寺が名付けたその猫は、粗暴な言動で彼女に指示を出す。「魔法を使える」と語る猫は、世界滅亡の鍵となる古代文明の遺跡“ダイモスコード”を探し出すと言うが……。


関ヶ原 瑛(せきがはら えい)
声:浪川大輔

「記憶を失くした放浪者」

 関ヶ原が路地裏で目を覚ますと、かたわらには見知らぬ女性の死体が横たわっていた。女性は、咲良高校の養護教諭・森村千尋。

 自分自身のことさえも思い出せない関ヶ原は、謎の黒服の男たちに殺人の容疑で追われる身となる。わずかな手掛かりを頼りに彼は、覚えのない殺人の真相と、自分自身の正体を解明するために奔走する。


◆真相への糸口

 逃げ延びた先で出会った少女・鷹宮由貴に託されたのは、ある“映像”だった。「記憶を失くした自分に話しかけている」と言う記録映像の人物は、過去の自分と思われる。「そこはお前の世界じゃない。その世界から脱出しろ」というメッセージを残し消えたそれに関ヶ原は困惑しながらも、自分自身を取り戻すために謎を追う。


◆キーキャラクター“東雲諒子”

 ある事故以来、記憶が混濁気味で、薬で意識を保つ少女・東雲。そんな彼女は、情報特務機構の井田に深い想いを寄せ、脳を蝕まれながらも井田に協力していた。そんな彼女を救いたいという願いが、関ヶ原を戦場に駆り立たせた。


冬坂 五百里(ふゆさか いおり)
声:種﨑敦美

「一目惚れの彼を想う。たとえそれが、危険な恋だとわかっていても」

 鞍部と同じクラスに在籍している、明るい性格の普通の女子高生。いつも同じクラスの如月兎美や沢渡美和子の女子3人組で、何気ない会話や放課後の買い食いを楽しんでいる。最近は、不思議な夢に悩まされており、授業中も居眠りばかりしてしまっている。


◆真相への糸口

 毎晩のように繰り返される、燃える廃墟の不気味な夢。どうやら不思議なことに、鞍部や網口と共有するかのように同じ夢を見ているようだった。時系列がばらけていても、どこかつながっている不思議な夢。そんな夢に翻弄され、冬坂は寝不足の日々が続くのだった。


◆キーキャラクター“関ヶ原 瑛”

 いつものように寝坊して遅刻ギリギリの朝、校門で偶然ぶつかった少年・関ヶ原に冬坂は一目惚れをしてしまう。いつも頭を離れない彼の顔。彼と出会ってから、教室にいても、友達と買い食いをしていても、いつも彼の顔を思い出してはドキドキしてしまうようだ。


登場する人物すべてが真相のキーワードに

 本作で主人公を務める13人の主人公の他にも、物語の鍵を握る重要人物たちが多数登場! はたして、彼らの持つ秘密とは……!? 主人公の紹介に合わせ、今後も魅力的なキャラクターたちや、気になるバトルシステムを今後紹介していきますので、ご期待ください!!

電撃スペシャルパックも要チェック!

 電撃屋では、『十三機兵防衛圏』の通常版、限定版それぞれに、電撃ならではの限定アイテムをマシマシでお届けするスペシャルパックの予約を受付中です。本作の世界観をより深く味わいたい、という方はぜひご予約を!

【電撃スペシャルパック限定アイテム】
 ・描き下ろしB2タペストリー
 ・特製WロゴTシャツ
 ・“食べ物”じゃらじゃらメタルチャーム

【 先着購入特典(通常版/限定版(プレミアムボックス)共通)】
 ・ 『十三機兵防衛圏』デジタル・アートワークス

【限定版( プレミアムボックス)同梱アイテム】
 ・豪華スペシャルBOX
 ・『十三機兵防衛圏』シークレットファイル <132ページ>
 ・第二世代型13番機兵 ペーパークラフト・モデルキット
 ・DLCオリジナルテーマ&アバターセット

⇒『十三機兵防衛圏』電撃スペシャルパック【限定版】を予約する

⇒『十三機兵防衛圏』電撃スペシャルパック【通常版】を予約する

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

十三機兵防衛圏

  • メーカー: アトラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年11月28日
  • 希望小売価格: 8,980円+税

十三機兵防衛圏 プレミアムボックス

  • メーカー: アトラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2019年11月28日
  • 希望小売価格: 14,980円+税