“eBASEBALL”を応援する“12球団パワプロ女子”メンバーのキャラクター性とルーツに迫る

アツゴロウ
公開日時

 人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球(パワプロ)』を使用した、日本野球機構(NPB)とKONAMI共催のプロ野球eスポーツリーグ“eBASEBALL プロリーグ”。このプロリーグの応援キャラクター“12球団パワプロ女子”について紹介します。

 『パワプロ』シリーズに収録されている、主人公を優秀な選手に育てていく選手育成モード・サクセス。この人気モードに登場する女性キャラクターを、プロ12球団がドラフトで指名するという形式で選出したのが“12球団パワプロ女子”です。

 本記事ではそのメンバーを紹介するとともに、各キャラクターの登場作品や人となりについても触れていきます。

個性派ぞろいの“12球団パワプロ女子”メンバーをまとめて紹介!

横浜DeNAベイスターズ アンヌ

主な登場作品
 『パワプロクンポケット3』
 『実況パワフルプロ野球10超決定版』
 『実況パワフルプロ野球2013』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 本名はアンヌ=安生=アズナブル。携帯機で発売された『パワプロクンポケット(パワポケ)』シリーズの名物キャラクター・アルベルトの妹で、140Km/hを越える速球と多彩な変化球を操るサウスポーです。野手としての能力も、並みの選手以上!

 初出の『パワポケ3』では、社会人野球チーム“火星オクトパス”のエースとして活躍しました。性格は勝ち気で男勝り。クセモノな兄とは似ても似つかないほどの常識人で、頭もいい。さらに“サクセス”史上初の、選手兼彼女候補でした。

広島東洋カープ 木場 静火(きば しずか)

主な登場作品
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 アプリ版『パワプロ』に登場する覇堂高校のエース・木場嵐士の妹で、学年は兄より1つ下。マネージャーとして覇堂高校野球部をサポートします。性格は明るく元気な女の子。周囲からも慕われていますが、ややイタズラっ子な面も。

 彼女候補の1人で、主人公にはことあるごとにイタズラをして気を引こうとします。静火とのデートにはシスコン気味の兄がよく乱入しますが、体よくあしらうのはお手のもの。また好戦的な面もあり、ネックハンギングツリーが得意技です。

読売ジャイアンツ 十六夜 瑠菜(いざよい るな)

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球2016』
 『実況パワフルプロ野球2018』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 初出は『パワプロ2016』の“独立リーグ編”に登場するチーム・アマゾネス所属の女性選手です。野球の実力も容姿もバツグンのスターでしたが、一身上の都合で引退。同じアマゾネス所属の主人公とは恋人関係で、最終的にプロポーズまでされるのですが、「1年以内にプロ野球選手になれればOK」という条件を出し、主人公の奮起と成長を促しました。

 『パワプロ2018』などでは、投手と野手の両方を高いレベルでこなす“二刀流”の選手として活躍します!

中日ドラゴンズ 冴木 創(さえき はじめ)

主な登場作品
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』
 『実況パワフルプロ野球2018』

 アプリ版『パワプロ』の大筒高校野球部に所属する女性選手。俊足巧打の二塁手で守備も得意です。野球への想いは強く、技術の向上にも余念がありません。何事にもストイックですが、男性より劣りがちな女性としての身体能力に悩んでおり、弱音を吐いてしまうことも。

 ゲーム内にて主人公の育成効率を上げるキャラとしては、とにかく優秀。ユーザーから人気が高かったため、のちに“王子バージョン”も登場しました。

阪神タイガース 木村 美香(きむら みか)

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球2013』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 初出は『実況パワフルプロ野球2013』に登場した彼女候補の1人。実業家の両親のもとに生まれたセレブで、学業優秀、容姿端麗、スポーツ万能と、非の打ちどころがないアイドル的存在です。

 つねに注目される彼女のゴシップを狙って“パパラッチが現れる”イベントもありました。そんな自分にも普通に接してくれる主人公に興味を持ち、徐々に恋心を抱いていきます。ちなみに、なんでもそつなくこなす美香ですが、歌うことだけは苦手。

東京ヤクルトスワローズ 川星(かわほし) ほむら

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球ポータブル3』
 『実況パワフルプロ野球2013』
 『実況パワフルプロ野球2016』
 『実況パワフルプロ野球2018』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 初出はPSP『実況パワフルプロ野球ポータブル3』の彼女候補の1人で、「~ッス」という語尾が特徴の女の子。竹ノ子高校シナリオではマネージャーも務めます。実家はバッティングセンターで、自身も野球が大好き。野球知識も並々ならぬものがあります。

 野球愛が強すぎたためか、『パワプロ2013』以降は選手として登場。選手能力はそこそこですが、確かな走塁技術と意外性のある打撃でチームに貢献します。アプリ版では“サンタバージョン”でも登場しました。

埼玉西武ライオンズ 早川(はやかわ) あおい

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球7』以降、多くのシリーズ作品

 『パワプロ』シリーズでもっとも登場回数の多い女性投手。おさげ髪と、右のアンダースローから繰り出されるオリジナル変化球“マリンボール”がトレードマークです。強気で怒らせると怖い性格ですが、やや落ち込みやすい面も。

 『パワプロ7』では“初の女性プロ野球選手”という触れ込みで客寄せパンダにされ、『パワプロ9』では女性という理由で甲子園への出場停止処分を食らうなど、さまざまな逆境に立たされますが、主人公たちと協力して乗り越えてきました。

福岡ソフトバンクホークス 橘(たちばな) みずき

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球10』以降、多くのシリーズ作品

 あおいに続く女性投手として登場。左のサイドスローから繰り出されるオリジナル変化球“クレッセントムーン”がウイニングショットです。あおいのことは先駆者として尊敬しています。また、あおいに外見がよく似た姉がおり、かなりのお姉ちゃん子でもあります。

 性格はワガママでおてんば。小悪魔的な振る舞いをすることもあります。さらに『パワプロ13』では祖父が理事長を務める聖タチバナ学園に入り、“とある理由”で主人公をフィアンセ扱いするシーンも描かれました。

北海道日本ハムファイターズ 八尺 巫女子(はっしゃく ふみこ)

主な登場作品
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』
 『実況パワフルプロ野球2018』

 現役メジャーリーガー・田中将大投手がプロデュースしたアプリ版のシナリオ“北雪高校”に登場する、4人の女性選手兼彼女候補の1人。愛称はハッチ。優れたアスリートでバツグンの運動神経を持つものの、それを生かす頭脳を持っていないという、ちょっと残念な女の子でした。

 シナリオ開始時は俊足しか見どころのない外野手ですが、主人公のレッスンを受けることで徐々に成長していきます。ぶっきらぼうでカワイげがないように見えて、将来の夢はお嫁さんになることです。

オリックス・バファローズ 新島 早紀(にいじま さき)

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球2016』
 『実況パワフルプロ野球2018』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 初登場は『パワプロ2016』の“独立リーグ編”で、アマゾネスのキャプテンでした。アマゾネスではメガネをしていましたが、外すとものすごい美人。守備の得意な頭脳派選手で、捕手や外野手をこなします。アネゴ肌で、自他ともに厳しくあたる性格の持ち主。一方で、ヘンテコなトレーニングで周囲を困らせることも。

 アプリ版ではメガネなしの姿で登場し、もちろん彼女にすることができます。男性避けのために“彼氏のフリ”を主人公にしてもらううち、徐々に恋心を抱いていきます。

東北楽天ゴールデンイーグルス 太刀川 広巳(たちかわ ひろみ)

主な登場作品
 『実況パワフルプロ野球2013』
 『実況パワフルプロ野球2016』
 『実況パワフルプロ野球2018』
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 初出は『パワプロ2013』に登場した、女性のみのチームで戦うシナリオ“聖ジャスミン学園”。先発をこなせるスタミナを持ち、他の能力も総じて高い、本格派のサウスポーです。

 野球が大好きで、野球をしている時は活発ですが、本来は大人しい性格。野球以外のことに疎く、コンプレックスを感じてしまうこともあります。彼女候補ではないのですが、バレンタインのイベントでチョコをくれるなど、主人公への好意を見せるシーンも!

千葉ロッテマリーンズ 氷上 聡里(ひかみ さとり)

主な登場作品
 アプリ版『実況パワフルプロ野球』

 アプリ版『パワプロ』に登場するSG高校野球部のマネージャー兼彼女候補。民間の警備会社が運営するこの高校で学び、SP(セキュリティポリス)になることを目指しています。無口なクールビューティですが根は優しく、細やかな気遣いは完璧。実家は合気道の道場をしており、武術の腕前もかなりのものです。

 誰かを守ることに喜びを感じるタイプで、「俺を守ってくれ」という、普通は言わないような告白セリフで彼女にすることが可能。そんな独特な感性も彼女の魅力と言えます。

パワプロ女子が盛り上げる“eBASEBALL プロリーグ”の魅力とは!?

 上記12人が応援キャラクターを務める“eBASEBALL プロリーグ”の今シーズン開幕は11月3日。概要を軽く説明すると、オンライン&オフライン対戦によるプロテストや、プロ12球団による“eドラフト会議”を経て選ばれたプロのeスポーツプレイヤーが、『パワプロ2018』の対戦モードによる熱い戦いを繰り広げるeスポーツです。

 プロプレイヤーはプロ12球団を代表し、各球団の看板を背負ってセ・パ両リーグに分かれてのeペナントレース(リーグ戦)に参戦。e交流戦やeクライマックスシリーズ、e日本シリーズなど、実際のプロ野球と同じような流れで戦っていき、真の日本一を目指します。

 まさに“もう1つのプロ野球”ともいうべき熱い戦いが繰り広げられる“eBASEBALL プロリーグ”。スタートは2018年で、2年目となる今年は球団ごとの選手枠が3人から4人に拡大。また、プロ野球史に名を残す伝説のOB選手の使用が解禁されるなど、多彩なルール改訂によりさらなる盛り上がりを見せています。

 『パワプロ』ファンのみならず、プロ野球ファンも熱狂の渦に巻き込むようなバトルが展開。興味がわいた人はぜひ見届けてください。対戦の日程や視聴案内などの詳細は公式サイトをチェック!

応援にも適した公式グッズを販売中

 “eBASEBALL プロリーグ”や“12球団パワプロ女子”では、魅力的な公式グッズを多数販売。コナミスタイルや楽天市場、HMV&BOOKS ONLINEなどで販売しています。応援用のグッズもあるので、対戦を観戦する際にはぜひ持っていきましょう!

  • ▲『eBASEBALL プロリーグ Tシャツ』 3,500円(税込)
  • ▲『eBASEBALL プロリーグ マフラータオル(球団別12種類)』 各2,200円(税込)
  • ▲『12球団パワプロ女子 Tシャツ』 4,200円(税込)
  • ▲『12球団パワプロ女子 マフラータオル』 2,200円(税込)

(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment
“eBASEBALL プロリーグ”は、NPBとKONAMIのオフィシャルリーグです。
一般社団法人日本野球機構承認 データ提供:共同通信デジタル
データは(株)共同通信デジタルが独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。提供情報は集団を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行うことを固く禁じます。
株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、eBASEBALLに関する商標登録をしています。

実況パワフルプロ野球 2018

  • メーカー: KONAMI
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: スポーツ
  • 発売日: 2018年4月26日
  • 希望小売価格: 7,980円+税

実況パワフルプロ野球 2018(ダウンロード版)

  • メーカー: KONAMI
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: スポーツ
  • 配信日: 2018年4月26日
  • 価格: 7,980円+税