『Call of Duty:Warzone 2.0』レビュー。最新作クオリティでバトロワできる幸せ…新モードもスルメのように繰り返し楽しめる!

柏又
公開日時

 2022年11月17日よりサービス開始されたPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox one/Windows用ゲーム『Call of Duty®:Warzone™ 2.0(コール オブ デューティ ウォーゾーン 2.0)』

 本作は、人気ファーストパーソン・シューティング『Call of Duty®(コール オブ デューティ/以下、CoD)』シリーズ最新作『Call of Duty:Modern Warfare®II』の世界で最大150人のプレイヤーが争う、基本プレイ無料のバトルロイヤル(バトロワ)ゲームです。

■ローンチトレーラー|Call of Duty®: Warzone™ 2.0

 本作は、基本無料でプレイ可能。課金要素はコスチュームなどのゲームプレイにほとんど関係ない部分のみで、メインモードの“BATTLE ROYALE”と本作の新モード“DMZ”を制限なしで遊べます。

 今回は、サービス開始から1カ月を迎える本作のレビューをPS5版をもとにお届けします。

ミリタリーFPSシリーズの頂点のひとつ『CoD』でバトロワが遊べる!

 『CoD』シリーズ大好きな筆者としては、『Warzone™ 2.0』の第一の魅力は、それが『CoD』であることに尽きると思っています。

 『CoD』といえば、秒間60フレーム以上で滑らかに動く快適な操作感を維持しつつ、数あるゲームのなかで最高峰のグラフィック表現を誇るFPSの金字塔。走って楽しい、撃って気持ちいい、というクオリティそのままで最大150人が戦うバトロワが『Warzone™』でした。

 『Warzone™』が『2.0』へ新生するにあたり、グラフィックやUIはシリーズ最新作の『Call of Duty:Modern Warfare®II』のものに一新されました。まさに、今一番新しくておもしろいFPSのグラフィックとシステムでバトロワができるのが『Warzone™ 2.0』というわけなのです。

生き残りをかけて戦う“BATTLE ROYALE”はバトロワ独特の緊張感がたまらない

 本作のメインコンテンツともいえる“BATTLE ROYALE”は2~4名までのチームを組んで戦うものと、参加者全員が敵同士となるソロが存在します。

 プレイヤーは広大なマップ上を横断する輸送機からパラシュートで降下。拳銃1丁からのスタートでマップ内に堕ちている装備を集めつつ相手プレイヤーを排除し、すべての敵対者がいなくなるまで生き残るのが目的です。

 ゲーム開始から一定時間が経過するごとにマップの外周から毒ガスが押し寄せ、プレイヤーの行動可能な範囲が徐々に狭くなっていきます。

 操作が軽快でスピード感のあるプレイが特徴の『CoD』だけあって、マップを駆け回りケースやダッフルバッグを開けて装備を集めていくペースは早く、軽快に遊べるあたりは操作していて気持ちいいですね。

 それでいて、相手プレイヤーと対峙した時は建物やそのドア、窓越しに緊迫した相手との動きの読み合いとなります。このあたりのバトロワゲームならではの緊張感は、1回味わうとやみつきになるたまらなさがあります。

 また、“契約”と呼ばれるミッションを受けてクリア報酬を獲得できる要素も前作から引き続き存在します。

 BATTLE ROYALEモードでのキャッシュ(お金)の要素はそこまで強くはないのですが、契約遂行の過程でより防御力を高くできるアーマーベストが入手できたり、相手プレイヤーの位置が大まかにわかったりとゲームプレイで大きな役割をはたしていると思いました。

倒されても復帰できるチャンスがある!

 本作では、もし途中で倒されてしまってもそこでゲーム終了とはりません。まずは刑務所に送られて倒された者同士で2対2の対戦を行い、勝利した側の2名が1回だけ戦場へ復帰できるのです。

 刑務所のバトルでは、プレイヤーは拳銃やショットガンといった射程の短い武器を持たされ、狭いマップで勝敗を決することとなります。復帰がかかっていること狭い範囲でいかに有利に戦うかなど刑務所でのバトルは緊迫感が段違いですね。

 なお、『Warzone™ 2.0』では、開始から一定時間たつと重武装の看守が乱入。看守を倒せば参加者全員が復帰できますが、さすがにそううまくはいかないですね。

 乱入後は、看守の射線に身をさらさないよう相手を倒す、難しいバトルになると筆者は感じました。

 なお、刑務所で敗北しても味方がショップでお金を払えば復帰できるので、できれば味方を信じて待ちたいところです。

前作のカスタムロードアウトシステムも健在!

 バトロワゲームとしての『Warzone™ 2.0』の特徴は、事前にプレイヤーがカスタムした装備を入手して使える“カスタムロードアウト”の要素でしょうか。

 本作は『Call of Duty:Modern Warfare®II』と共通のランクシステムがあり、ゲームプレイを重ねてレベルアップするとカスタム可能な武器が開放されていきます。

 さらに武器を使い込んで武器レベルを上げると、サイトやストックなどのアタッチメントをカスタマイズ可能です。

 カスタマイズした武器のロードアウトを設定しておくと、ショップで設定したメインウェポンを購入できるほか、ゲーム中盤で上空から投下されるコンテナから全部の装備を取り出すことができます。

 前作『Wazone』ではキャッシュで全部の装備を入手できたこともあったのですが、今回の仕様は『Call of Duty:Modern Warfare®II』をやり込んだプレイヤーと、『Warzone™ 2.0』からゲームに入ったプレイヤーとの間をとった感じのバランスになったと感じました。

敵地でお宝さがしをする新モード“DMZ”はできることが盛りだくさん!

 もうひとつのモードDMZは、いわば“対戦もできる協力プレイモード”という趣のPvPvEモードというジャンルのゲームですね。プレイヤーは3人で1つのチームを組んでマップの外周からスタートします。

 マップ内にはBATTLE ROYALEモードと同様に装備の入ったケースや契約を受けられる携帯電話が配置されています。プレイヤーはAI兵士を排除しつつ装備やアイテム、キャッシュを集め、頃合いになったら脱出地点でヘリを呼んで回収してもらえばクリアとなります。

 制限時間が過ぎるとマップ内の放射能汚染地帯が拡大し、マップ全体が死のエリアに変化します。そうなる前に脱出するという参加者間の意思の疎通が重要ですね。

 PvPvEなので、もちろんほかのプレイヤーチームも同じマップで行動しています。合流して味方同士にもなれるようですが、基本的には敵と考えたほうがいいでしょう。

 相手を倒せば装備や収集品を強奪可能。逆に倒された場合は味方の蘇生を受けることができますが、全滅するとマップに持ち込んだものも含めて持ち物を全部失います。

 この基本的にはAI兵士との戦いだけど、ほかのプレイヤーと出会ったら殺り合わないといけない独特の緊張感がDMZの魅力でしょう。いい報酬が獲得しやすい施設や要塞などの周辺では、敵対プレイヤーとの遭遇を念頭に置いた行動が重要となります。

 また、マップ内でできることの豊富さも、DMZを繰り返しプレイしたくなるモードにしているおもしろさだと思います。

 鍵を見つけて隠し部屋を探したり、ボスを倒して武器ケースを回収するなど、DMZモードではプレイヤーにぼう大な“やること”が用意されています。

 出現位置や一緒に組んだメンバーなどに合わせて、そのゲームでの目的を決めてやり遂げる。筆者は1人でランダムなプレイヤーと組んで遊んでいるので、そんなアドリブ的なゲームプレイがとても気に入っています。

 ほかのプレイヤーにやられて装備をすべて失うのもまた一興。そこから次のマッチでいかに建て直していくかを考えるのも楽しいですね。

ゲームとしての遊びやすさは本家ゆずり。バトロワに抵抗がなければチェックすべし!

 ここまでレビューしてきた『Warzone™ 2.0』。『Call of Duty®:Modern Warfare®II』のときも思いましたが、『CoD』って操作していて引っ掛かるところがほとんどなく、非常に遊びやすいんです。バトロワとしての要素も前作からの運営実績を踏まえて、かなり洗練されている感じがあります。

 新モードのDMZは、いわゆる野良マッチングで遊んでいると毎回の異なるゲーム展開になって、いい感じのカオスなマッチとなるのが本当に楽しいです。規模が大きいので1プレイあたりの時間がかかるのは仕方がないところでしょうか。

 基本無料でゲーム部分は全部遊べるので、これまで『CoD』に触れたことがない人もぜひ挑戦してみてください!

『Call of Duty®:Warzone™ 2.0』概要

価格:基本プレイ無料(ダウンロード専売)
プラットフォーム:PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox one/Windows
配信開始日:2022年11月17日
メーカー:Activision Publishing, Inc.
ジャンル:FPS(ファーストパーソン・シューティング)


© 2022 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION、CALL OF DUTYおよびMODERN WARFAREはActivision Publishing, Inc.の商標です。その他の商標や製品名はその所有者に帰属します。

関連する記事一覧はこちら