『シャニマス』アイドルからプロデューサーへの感謝でいっぱいだった“感謝祭”レポ

電撃オンライン
公開日時

 10月27日に松戸市文化会館・森のホール21にて開催されたイベント“283プロダクション プロデューサー感謝祭 ~1.5 Anniversary Festival!!~”の模様をレポートします。

 サービス開始から1.5周年を迎える『アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)』。このイベントは、その名の通り『シャニマス』のアイドルたちが、プロデューサーに日ごろの感謝を伝えるべく様々な企画とライブをお届けするというものです。

“283プロダクション プロデューサー感謝祭 ~1.5 Anniversary Festival!!~”出演者一覧(敬称略)

イルミネーションスターズ

関根瞳(櫻木真乃役)/近藤玲奈(風野灯織役)/峯田茉優(八宮めぐる役)

L'Antica(アンティーカ)

礒部花凜(月岡恋鐘役)/菅沼千紗(田中摩美々役)/八巻アンナ(白瀬咲耶役)/成海瑠奈(三峰結華役)/結名美月(幽谷霧子役)

放課後クライマックスガールズ

河野ひより(小宮果穂役)/白石晴香(園田智代子役)/永井真里子(西城樹里役)/丸岡和佳奈(杜野凛世役)/涼本あきほ(有栖川夏葉役)

アルストロメリア

黒木ほの香(大崎甘奈役)/前川涼子(大崎甜花役)/芝崎典子(桑山千雪役)

ストレイライト

田中有紀(芹沢あさひ役)/幸村恵理(黛冬優子役)/北原沙弥香(和泉愛依役)

 イベントはシャイニーカラーズ全員による『Ambitious Eve』でスタートしました。

 会場となった森のホール21は約1,500人ほどを収容するキャパシティで、直前のライブが東京ドームを舞台とした“バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル”だったこともあり、アイドルたちをかなり身近に感じられました。


 全員が並ぶのでいっぱいいっぱいなステージですが、後列に展開したアンティーカと放課後クライマックスガールズは1番から2番、3番と切り替わるごとにサイドチェンジして、客席に笑顔を振りまいていきます。

 会場の空気もすっかり温まったところで、「みんなが大好きなこの人をお呼びしましょう!」という関根さんの音頭によって制作プロデューサーの高山祐介さんが登場。本イベントはゲーム内のプロデュースシナリオ“283プロダクション ファン感謝祭~Thanks Flapping Day!!~”をモチーフにしていることが改めて触れられ、アイドルたちからは口々に感謝の言葉が伝えられました。


 最初のコーナー“#祝シャニマス 思い出エピソード紹介!!”では、事前に募集していたメッセージをピックアップして読み上げ。プロデューサーたちの思い出話を受け、トークも盛り上がりを見せていました。

 続いてのコーナー“インフォメーションレター 感謝祭特別編”では、シャニマスのゲームに関する最新情報をお届け。これまで展開してきた“1.5Anniversaryキャンペーン”の内容を振り返り、今後予定されている3点のアップデートについて発表されました。

 ひとつめは、ホーム画面にアイドルを3人まで並べられるようになる“ホームユニット拡張機能”。お気に入りのアイドルはもちろん、3人組ユニットを一緒に並べられることを瞬時に悟った客席からは歓声があがりました。

 2つめの“活動履歴確認機能”では、トゥルーエンド達成数やグレードフェス1位率などのデータが容易にチェックできるようになるとのこと。3つめに、以前から告知されていた“コラボフェス”がいよいよ近日リリース段階に入ったことが知らされ、会場には拍手が響き渡りました。

 ここからは、アイドルたちが全10問の4択クイズに挑戦し、1問正解するごとにフェザージュエル300個がプレゼントされる“プロデューサークイズ祭!!”に突入。客席が色めき立つ一方、「(クイズを)難しくしちゃって……」とバツが悪そうな高山さん。





 そんな難問に立ち向かうため、各ユニットが1回だけプロデューサーの力を借りられる3種の“プロデュースアイテム”が用意されていたのですが……。“恋鐘のカード名のうち【~ばい】がつくものは何枚?”“あさひのプロフィールに書かれた「特技」として正しいものは?”といった超難問に苦しめられる場面がありながらも、プロデューサーの助けを受けて8問を正解。合計2400個のフェザージュエルがプレゼントされることになりました。

 無事正解した質問ではありますが、霧子が“さん”を付けていたものと付けていないものを選ぶクイズでは、霧子独特の“さん”を付ける基準がありそうなこともうかがい知ることができました。

イベント後半は、朗読も素晴らしかったライブパート!

 ライブの前には“ファン感謝祭”において、各ユニットの印象的だったシーンを生朗読する構成となっており、三峰と咲耶の会話をはじめ、鬼気迫るやりとりに息を呑む思いでした。

 曲後には、そんな受難を乗り越えたアイドルたちの希望に満ちた日常を感じられるオリジナルシナリオも披露されたので、まだ見ていない方はぜひ、ニコニコ生放送のタイムシフト視聴やYouTubeの876TV、Periscopeなどでチェックしてください!

 トップバッターのイルミネーションスターズは『We can go now!』を元気いっぱいにパフォーマンス! ステージせましと駆け回り、客席のテンションを一気にはね上げます。続くアンティーカは『NEO THEORY FANTASY』をクールに歌い上げ、会場の空気を引き締めながらもさらなる盛り上がりを演出しました。



 「超! 超! 本気モード!」のコールでドッカンドッカンと沸かせる『ビーチブレイバー』を歌った放課後クライマックスガールズは、表現力に磨きがかかったアクションを披露。アルストロメリアは『Bloomy!』で柔らかくも芯の強さを感じられる歌声を響かせ、プロデューサーが聴き入る様子が印象的でした。




 アンカーを任されたストレイライトは、東京ドームを揺らした『Wandering Dream Chaser』を力強く歌唱。去り際に「プロデューサーさん……、まだ終わりじゃないっすよ!」と告げた田中さんの声を皮切りに、怒涛の新発表ラッシュへと続いていきます。


 学園祭のステージイベントに臨むイルミネーションスターズをテーマとしたシナリオイベント“Star n dew by me”が10月31日からスタートすることや、同日より“期間限定 宵編みの明かり真乃・灯織スタンプガシャPlus”が開催となること、11月20日からは“ウィンターキャンペーン”に突入し、クリスマス衣装“ホーリーナイトケープ”の再販(※ストレイライトは新規登場)が行われることなど、まずはゲームにまつわる情報から知らされました。さらに、12月9日20時からは放課後クライマックスガールズの5人がゲストに登場する生配信も決定!

 続けて、シャイニーカラーズが歌う新曲『FUTURITY SMILE』と『Spread the Wings!! -19 colors-』が収録された『THE IDOLM@STER SHINY COLORS FUTURITY SMILE』が12月18日に発売と発表!

 さらに、2020年2月12日にもニューシングルの発売を予定しているほか、2020年3月21日から22日にかけてパシフィコ横浜にて「アソビストアpresents THE IDOLM@STER SHINY COLORS SPRING PARTY 2020」が開催されることも明らかに。なお『THE IDOLM@STER SHINY COLORS FUTURITY SMILE』初回生産限定盤には、CD先行応募チラシが封入されることも発表されました。

 最後にとっておきのニュースとして、2020年5月2・3日の2日間、幕張メッセイベントホールにてライブイベント“THE IDOLM@STER SHINY COLORS 2nd LIVE”の開催が決定したことが告げられると、客席からは割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こりました!

 改めて登壇したキャスト陣がそれぞれにステージの振り返りやライブパートの感想をコメントするなか、新たなイベントの開催が決定したことをプロデューサーと喜び合う場面も。「これからもアイマスですよ、アイマス!」と恒例の挨拶で締め、感謝の気持ちに満ちたステージの幕を下ろしました。




“アイドルマスター シャイニーカラーズ 283プロダクション プロデューサー感謝祭 ~1.5 Anniversary Festival!!~”セットリスト(敬称略)

1 Ambitious Eve(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)
2 We can go now!(関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優)
3 NEO THEORY FANTASY(礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月)
4 ビーチブレイバー(河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ)
5 Bloomy!(黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子)
6 Wandering Dream Chaser(田中有紀、幸村恵理、北原沙弥香)
7 Spread the Wings!!(THE IDOLM@STER SHINY COLORS)

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.