『ミュータント・イヤー・ゼロ』パッケージ版発売。ゴリ押しじゃ通用しない頭脳戦がやみつきに!【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時
最終更新

 株式会社3gooより、2019年11月21日(木)に発売予定の戦術SLG『ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン デラックスエディション』

 PS4のダウンロード版はすでに配信済みの本作だが、今回PS4のパッケージ版のほか、Nintendo Switchのパッケージ&ダウンロード版が発売される。本作のゲーム性や見どころなどについて、プレイレポートをお届けしていきます。

 11月21日に発売されるPS4&Nintendo Switchのパッケージ版は、DLC"Seed of Evil"が収録されたフルコンテンツ版。本編のほかに、新ストーリー、新マップ、新ミュータントを収録。"エデン"の真実を知ったミュータントたちの新たなバトルと新たな冒険を楽しめます。

荒廃した世界でミュータントとして冒険する

 本作は核戦争によって人類がほとんど滅び、文明を失ったポストアポカリプスの世界が舞台。人間は放射線の影響でミュータント(突然変異体)になり、疫病などが蔓延する崩壊後の世界を細々と生きています。

 わずかな人類が身を寄せ合う拠点“アーク”の外には、崩壊前の文明を異常なほどに信仰している危険な敵“グール”が存在。

 操作することになるキャラクターは、イノシシのボーミンやアヒルのダックスなど、外見からしてかなり個性的なミュータントばかり。ボーミンたちは“ストーカー”と呼ばれる冒険者。各所にあるスクラップや装備品、前時代の遺物などの貴重な資源を収集しています。

 ストーリーは基本的にマップ(作中では“ゾーン”と呼ばれる)を探索することで進行。マップ上に落ちているアイテムにランダム性はなく、かつ有限なので、限られたリソースを取り逃さないようにしていく必要があります。

戦略性の高い戦闘システム

 戦闘は『XCOM』ライクな、戦略性の高いターン制ストラテジー。3人1組のユニット単位で行動し、ミューテーション(ミュータント固有のスキル)を生かしたバトルが楽しめます。マップ上では自由に動ける状態(ステルス)と、ターン制の戦闘状態が切り替わりながら進んでいきます。

 バトルにおいても、個性的なミュータントがその能力を発揮。ダックスのミューテーションの1つ“モスウィング”。少しだけ空を飛べます。

 ミューテーションにはボーミンの“猪突猛進”やダックスの“モスウィング”など、ミュータントの彼ららしいスキルに加えて、一度に2発撃てる“ツイッチショット”などの強力なスキルを所持しています。

 これらのスキル修得には、レベルアップ時に増加するミューテーションポイントが必要! スキルの修得やステータスの強化などは、ミュータントツリーの画面から行えます。

 非常に重要になるのが、リアルタイムのステルス要素。本作は基本的に敵集団の正面突破は、ほぼ不可能なバランス。そのため、戦闘前に敵の配置・地形等を把握し、有利な状況を作ることが求められます。

 敵の周りに表示されている円が感知される範囲。敵に見つかると相手のターンから行動が開始されるため、不利な状況に。そのため、こちらから“奇襲”していくことが基本となります。

 なお、敵のリスポーンがないため、ゲーム全編をとおして、いわゆる“稼ぎ”はできない仕様。つまり、一気にレベル上げをしてゴリ押しするといった戦法はとれません。

探索&戦闘! マップを攻略する楽しさ

 本作の魅力は、1つ1つのマップをまさに“攻略”している感覚が味わえる点。探索パート(ステルス)でアイテムを集めつつ、敵の配置を確認し、端からじわじわと敵の牙城を崩していく……。慎重に計画を立て、それがうまくいったときがすごく気持ちいい。リソース管理必須のゴリ押しできない仕様が緊張感を高め、同時に達成感も高めている要素になっています。

 1つのミスで大勢の敵に囲まれ、全滅することも! プレイ中、1回の攻撃で倒せず、仲間を呼ばれ、なすすべもなくやられてしまうことも多い本作の難易度は、手ごたえを感じさせられるもの。ちなみに、難易度変更は3段階あり、いつでも変更可能。一番下のノーマルでも、なかなかの歯ごたえを感じることができる難易度になっています。

 また、探索中に拾えるリソースの1つ“遺物”や、各種テキストも魅力の1つ。前文明の遺物が各地に散らばっているのですが、現文明の人物視点での説明テキストになっているため、非常におもしろいものになっています。こういった要素は本作の世界観に浸る上でとても興味深いところです。

  • ▲遺物についての知識は、今の人類のなかでほとんど失われています。ブームボックス(ラジカセ)も、なんか収納スペースがある……くらいにしか認識されていません。

 ひと味違う戦闘システム、世界観を求める方、もしくはレベル上げのような作業をあまりしたくないといった人は、ぜひ一度触れてみることをオススメします!

(C) 2018-2019 Cabinet Licensing LLC (“CL”). MUTANT: YEAR ZERO and related logos, characters, names, and distinctive likenesses thereof are trademarks or registered trademarks of CL. Used with permission. All rights reserved. Funcom(R) and Bearded Ladies™ are authorized users. (C) 2018 - 2019 Funcom Oslo A/S. All rights reserved. Funcom(R) is a registered trademark of Funcom Oslo AS. Maximum Games TM and the Maximum Games TM logo are trademarks of Maximum Games, Inc. Published and distributed by 3goo K.K.