新生烏野が贈る『ハイステ』開幕! 烏野メンバーの公演にかける意気込みを写真と動画でお届け

ガルスタオンライン
公開日時

 大人気『ハイキュー!!』を舞台化したシリーズ8作目となり、11月1日にTOKYO DOME CITY HALLで幕を開けたハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”
 公演に先がけて行われたキャスト11名と演出家による囲み取材と、公開ゲネプロの様子をお届けします。

囲み会見登壇者

日向翔陽役:醍醐虎汰朗、影山飛雄役:赤名竜之輔、月島蛍役:山本涼介、山口忠役:織部典成、田中龍之介役:鐘ヶ江洸、西谷夕役:北澤優駿、縁下力役:中谷優心、木下久志役:長田翔恩、澤村大地役:日向野祥、菅原孝支役:一ノ瀬竜、東峰旭役:福田侑哉
演出家:ウォーリー木下

新生烏野メンバーがそろった囲み会見

 オレンジが目を引く烏野高校のユニフォームに身を包んだ11人の新生烏野メンバーが会見場所に登場すると、さっそくフォトセッションがスタート。まだ表情が固い面々には醍醐さんが積極的に声をかけ、盛り上げていました。

  • ▲演出家のウォーリー木下氏を加えての撮影も。

 まずはキャストが一新された新生烏野高校になったということで、1人ずつ自己紹介と公演への意気込みを言っていくことに。トップバッターの醍醐さんが「精一杯頑張りたいと思います! よろしくお願いします!」と笑顔を見せると、すぐに周りから「シンプルだな~」というツッコミが入ります。

 今回が芝居での初舞台という赤名さんは「いろいろな方に助けられていいものができました。早く見てほしいです。楽しみにしていてください!」と気合十分。山本さんの「シリーズ8作目ということで、これまで出演していたキャストの気持ちも背負ってがんばりたいと思います」というコメントに織部さんも続くのですが、「今のって携帯電話に書いてたやつ?」「楽屋で練習してたやつだ」とメンバーからツッコミが飛び、笑いが起こります。

 和やかになった空気をシリアスなものに戻したのは、木下さんの「新生烏野が一丸となって戦う姿をぜひご覧ください」の一言でした。キャプテンを演じる日向野さんは、「観てくださる方に、とにかく感動を持って帰ってもらえるように精一杯がんばります」と熱さを見せます。

 また、ちょうどこの日、原作の『ハイキュー!!』のコミックス最新刊の発売日だったのですが、福田さんが「表紙が東峰旭です!」とアピールし、場を盛り上げました。

 「早く初日(公演)始まればいいのになって思ってます」と言った醍醐さんに対し、赤名さんは「ゲネプロしたくないくらい初日(公演)したいです」と発言。「どういうこと!?」と他のメンバーからどよめきが起きるなか、醍醐さんは「俺は全然ゲネプロやりたいですけどね!」と反論。しどろもどろになる赤名さんに醍醐さんが裏拳でツッコミを入れ、笑いが起きます。

 とうとう醍醐さんが「彼(赤名さん)は早く観てもらいたいだけなんです」とフォローすると、赤名さんは「そうなんやねん」と謎の関西弁で返してしまい、ますます笑いが起こっていました。

 仲のよさを見せた2人は、先日の公開稽古でも言っていた醍醐さんと赤名さんが同居している話を披露。同居は日向と影山としての絆を深めるため……ではなく、醍醐さんの家の方が稽古場に近かったからという意外な理由が明かされました。居心地は良かったものの、寝心地は悪かったというクレームも……。

 最後にウォーリー木下氏が、「今までの『ハイキュー!!』の温故知新じゃないですけど、熱量は引き継ぎつつ新しいキャストが新しいドラマを作ってます。今回試合は少ないですけど、演劇として楽しめるところはたくさんあると思います」と改めてファンに向けてのメッセージで締めくくりました。

11人が“繋ぐ”想いと物語

 本公演の舞台は11月。春高バレーへ駒を進めた烏野高校バレー部に、2つのニュースが飛び込みます。1つ目は影山の全日本ユース強化合宿の参加、もう1つは有望な1年生のみが招集される疑似ユース合宿に月島が選ばれたこと。

 どちらにも呼ばれなかった日向は、月島のいる疑似ユース合宿に乱入! ボール拾いをしながら何かを掴んでいきます。一方の影山は自分のプレーに迷いが見え始め――。





公演概要

タイトル:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔

<公演期間・劇場>
東京:2019年11月1日〜11月4日TOKYO DOME CITY HALL
大阪:2019年11月9日〜16日大阪メルパルクホール
宮城:2019年11月22日〜24日多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋:2019年12月6日〜15日 日本青年館ホール

<チケット情報>
東京・東京凱旋公演  S席:9,000円 A席:7,000円(全席指定・税込)
大阪・宮城公演:9,000円(全席指定・税込)

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京
TEL:0570-00-3337(全日10:00〜18:00)

<公演に関するお問い合わせ>
ネルケプランニング
TEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)

<キャスト>
■烏野高校
日向翔陽 醍醐虎汰朗
影山飛雄 赤名竜之輔
月島 蛍 山本涼介
山口 忠 織部典成
田中龍之介 鐘ヶ江 洸
西谷 夕 北澤優駿
縁下 力 中谷優心
木下久志 長田翔恩
澤村大地 日向野 祥
菅原孝支 一ノ瀬 竜
東峰 旭 福田侑哉

■烏野高校 マネージャー
清水潔子 大久保聡美
谷地仁花 山本樹里

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄 鎌苅健太
烏養繋心 小笠原 健

■青葉城西高校
金田一勇太郎 坂本康太
国見 英 神田聖司

■白鳥沢学園高校
天童 覚 加藤 健
白布賢二郎 佐藤信長
五色 工  菊池修司
鷲匠鍛治 川下大洋

■伊達工業高校
青根高伸 新井 將
二口堅治  木村 敦
作並浩輔  廣野凌大
黄金川貫至  羽富琉偉

■井闥山学院高校
佐久早聖臣 つわぶき峻

■鴎台高校
星海光来 輝山 立

■稲荷崎高校
宮 侑 松島勇之介

■新山女子高校
天内叶歌 橋爪 愛

【主催】
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

Story

幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。
しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。

烏野高校排球部は、激戦の末に白鳥沢学園高校を倒し、春の高校バレー全国大会・宮城県代表の座を掴んだ。
春高が迫る中、烏野に思わぬ報せが届いた……。
影山に全日本ユース強化合宿、月島には宮城県1年生選抜強化合宿、それぞれに招集がかかる。焦る日向は宮城県 1年生選抜強化合宿に押しかけるも、ボール拾いをすることに!?
日向、影山、そして烏野は更なる成長を遂げ、春高全国大会を迎えることができるのか!?

バレーボール 排球
コート中央のネットを挟んで 2チームでボールを打ち合う
ボールを落としてはいけない 持ってもいけない
3度のボレーで攻撃へと〝繋ぐ〟球技である

飛べ、新生烏野!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」とは

 集英社「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の古舘春一氏による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。
 2015年11月の初演から、2018年10月の〝最強の〞では物語の主役校である烏野高校の全キャストが卒業。
 2019年4月の〝東京の陣〞ではライバルの音駒高校を主役校として上演し大盛況で終幕した。
 新作〝飛翔〞では、烏野高校に新キャストを迎え「新生烏野」が始動。
 新生演劇「ハイキュー!!」、更なる演劇の〝頂〟を目指す!!

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会