伝説的ハクスラ『ディアブロ IV』がオープンワールド的に進化。3クラスのどれで遊ぶ?

そみん
公開日時
最終更新

 Blizzard Entertainment, Incは、『DIABLO IV(ディアブロ IV)』を発表しました。対応機種はWindows PC、PlayStation 4、Xbox Oneとなりますが、日本国内における対応機種は変更される場合があるとのこと。

 従来通り、ソロでもマルチでも楽しめるランダム生成ダンジョンの探索が魅力となりますが、シリーズで初めて、サンクチュアリ全体が途切れなく続いたシームレスな世界となるのがポイント。

●動画:シネマティックトレーラー | 深淵より…

 さらに、今回はみんなで1つの世界を共有し、そこでプレイヤーのグループ同士が遭遇することもあるとのこと。オンラインRPGとして、これまでとはまた違ったオープンワールド的な体験を楽しめそうです!

●動画:ゲームプレイトレーラー

 いやあもう、ゲームプレイ動画を見るだけでも、ざくざくざくざくダンジョン探索&ハクスラが楽しめそうで、早く遊びたくなっちゃいますね!

 クラス的にはひとまずバーバリアン、ソーサレス、ドルイドが発表されました。自分はソロプレイ中心で、わりと脳筋なファイター系が好きなので、バーバリアンで遊び始めることになるのかなと。

  • ▲バーバリアンのコンセプトアート。

  • ▲ソーサレスのコンセプトアート。

  • ▲ドルイドのコンセプトアート。

 今作は野良マルチもしやすそうな気がするので、久々に魔法使い系もいいかななんて思っちゃいますけど!

  • ▲騎乗もできる模様。愛馬とともに駆け抜けたい!

 以下、プレスリリース原文を掲載します。

シリーズ最新作『ディアブロ IV』発表

 カリフォルニア州アーバイン―2019年11月1日― Blizzard Entertainment, Inc.はアクションRPGの金字塔となるシリーズの最新タイトル、『ディアブロ IV』をアナハイムにて開催中のBlizzConR 2019にて発表いたしました。

 古代の邪悪の脅威によってサンクチュアリが闇に包まれようとする中、新たな英雄たちが召喚され、これまでに誰も経験したことがない試練に挑みます。

  • ▲コンセプトアート。

 『ディアブロ IV』の戦慄の新ストーリーでは、プレイヤーが自由に自らの道を進み探索することが可能です。希望を絶たれ、悪魔という艱難辛苦にさらされて荒廃した世界であるサンクチュアリが、過去最大の規模で帰ってきます。


 「サンクチュアリは20年以上も『ディアブロ』をプレイするプレイヤーの皆さまにとって故郷であり続けてきました。本シリーズに対する深い情熱とコミュニティへの感謝を込めて、本日、『ディアブロ IV』を発表します」とBlizzard EntertainmentのプレジデントであるJ.アレン・ブラックは話します。

 「プレイヤーが愛する『ディアブロ』ならではのダークなゲームプレイに立ち戻り、その世界やストーリーを新たな方法で拡充できることは、私たちにとってもとても嬉しいことです。皆さんにプレイしてもらうのが今から待ちきれません」

途切れることなく広がるサンクチュアリの世界

 シリーズのルーツに忠実に沿って作られた『ディアブロ IV』では、直感的な戦闘や恐ろしくも多彩なモンスター、レジェンダリーアイテムを探求する壮大な冒険、尽きることのないリプレイ性とやり込み要素をお楽しみいだだけます。

 それぞれに独自の生態系を持つ各地域には危険な新しい敵が跳梁跋扈し、一生かけても遊びきれないほどの冒険がプレイヤーを待ち受けています。

 ランダム生成されるダンジョンに踏み入れれば、予測不可能な敵に遭遇しながら想像を絶する宝物を発見することでしょう。

 これまで同様にソロやパーティを組んでのプレイも可能ですが、『ディアブロ IV』ではひとつの世界を共有し、そこでプレイヤーのグループ同士が遭遇することもできるようになります――協力して困難なチャレンジに挑むもよし、プレイヤー対プレイヤーで戦うのもよし、何をするかは自由です。

 『ディアブロ IV』では、プレイヤーは様々な姿で現れる悪を滅ぼし、世界に希望を取り戻そうとします。

 悪魔を崇拝して人肉を食らうカルト信者から、水際に現れ獲物を水中墓地へ引きずり込もうとする新登場の溺れるアンデッドまで、本作には様々な敵が登場します。



  • ▲コンセプトアート。

 また、シリーズで初めて、サンクチュアリ全体が途切れなく続いたシームレスな世界となり、燃える砂漠Kejhistanから、ワーウルフが棲む緑が生い茂る森のScosglen、過酷な荒涼とした原野が広がるDry Steppesまで、多彩な諸地域がひとつのまとまりを持つようになります。



  • ▲コンセプトアート。

伝説の英雄たちが甦る

バーバリアン

  • ▲バーバリアンのコンセプトアート。

 その比類なきパワーと荒々しい近接戦闘で知られていますが、新たに「Arsenal」と呼ばれる強力なシステムを戦闘で活用できるようになり、同時に4つの異なる武器を装備し、個別に攻撃に割り当てて、素早く切り替えながら戦うことができるようになります。

ソーサレス

  • ▲ソーサレスのコンセプトアート。

『ディアブロ II』時代から存在する人気クラスであり、エレメントを操って、尖った氷のつららで敵を貫き、電撃で感電させて、空から燃える隕石の雨を降らせて敵を消し去ります。

ドルイド

  • ▲ドルイドのコンセプトアート。

 獰猛なシェイプシフターであり、その新たなプレイスタイルではワーウルフ、ワーベア、人間の形態をスムーズに切り替えられるようになり、大自然の怒りの力を地獄の軍勢に解き放ちます。

幅広いキャラクターカスタマイズ

 カスタマイズ可能なタレントツリーとスキル、レジェンダリーアイテムやセットアイテムが豊富に用意された奥の深いアイテムドロップシステム、ルーンとルーンワードの組み合わせ、さらにはオープンワールドの移動に使えるプレイヤーカスタマイズのマウントなど、無数のキャラクタービルドを発見したり、試してみることが可能となっています。


新たなテクノロジー

 最新技術をもって開発された『ディアブロ IV』では、シリーズのダークな魅力がさらに深みを増しています。

 プレイヤーが見て、聞いて、感じるものすべてにこの技術が活用されており、リアリティーあふれ、夢中になれる体験を実現しています。

 ドルイドの変身の滑らかなキャラクターアニメーションから、希少なアイテムの眠る地下のダンジョンを求め、プレイヤーが遍歴するシームレスで広大な世界まで、本作により『ディアブロ』シリーズに無数の新たな可能性が開けます。

 『ディアブロ IV』では、これまで以上にリアルで危険な世界がプレイヤーを待っています。

(C)2019 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC.