『スパロボDDコラム』エヴァ零号機&2号機参戦! プレイレポートはついに序章編が完結!!【#4】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

エヴァ零号機&2号機新パーツ追加! 待望の1章Part2も配信!!

 お待たせしました『スパロボDDコラム』第4回の更新です! 早速ですが、今回も新規ユニットパーツの紹介から行きましょう!!

SSR ガトリング砲

【ユニットパーツデータ】ガトリング砲

 まずはこちら。『エヴァンゲリヲン新劇場版』から、エヴァンゲリオン零号機用の必殺装備パーツ“ガトリング砲”。実はこの武器、本編で使用されていない武装です。『序』でガトリング砲を使ったのは初号機で、改でないほうの零号機は終始盾を構えていたので、武器を持ったことがないんですよね。零号機とガトリング砲は、フィギュアでセットになっていたことが多かったので、そのご縁でしょうか。それでは、攻略チームからのコメントです。

ガトリング砲の評価

 射程は1~4だが威力が低く、エヴァンゲリオン零号機が防御特化タイプということもあり、攻撃面はあまり期待できない。メインアビリティで被ダメージを10%軽減し、防御選択時には被ダメージを25%軽減できるので、防御性能自体は最高クラス。防御力の高い壁役のメインスロットに装備させるのもいい。

SSR サンダースピア

【ユニットパーツデータ】サンダースピア

 お次も『エヴァンゲリヲン新劇場版』から、エヴァンゲリオン2号機用の必殺装備パーツ“サンダースピア”! こちらは『新世紀エヴァンゲリオン』にはなかった、新劇場版ならではの装備です。

『スパロボDD』ではアスカが乗る2号機が使っていますが、原作『破』でサンダースピアによる強襲から、ゼロ距離でのニードル(ペンシルロック)射出という連携攻撃をやってのけたのはマリでした。では、電撃攻略チームのパーツ評価をご覧ください。

サンダースピアの評価

 必殺技の性能そのものは至って標準的。メインアビリティは与ダメージが10%増加と、HPが25%減少する毎に攻撃力4%増加だが、攻撃力の増加効果が扱いづらく、攻撃特化タイプとしての力不足感は否めない。サブスロットの攻撃力3.5%増加はまずまず優秀だ。

 とのこと。両機体を使っていきたいなら、ぜひGETしておきたいところです。レイもアスカも大人気キャラクターなので、これらのパーツがほしいプレイヤーは多いんじゃないでしょうか。このほか、シンジがレイとアスカを激励する支援専用パーツ“守るべき相手”と“シンジのバックアップ”も追加されています。さすが新劇場版のシンジさんはモテモテだな……。

  • ▲余談ですが、レアガシャが1日1回無料で回せるようになりました! これは嬉しい!! ……今のところSSRは1度も出ていませんが。

 いささか順番が前後してしまいましたが、ユニットパーツが追加されたということは、それを装備するユニットも当然追加されています。満を持して配信された1章Part2を進めることで、エヴァンゲリオン零号機とエヴァンゲリオン2号機を入手できます。

 Part2のストーリーでは、新キャラクターが続々登場! 筆者と因縁深い“あの男”も再び立ちはだかります(嬉)!! こちらも後日プレイの模様を紹介していく予定ですので、お楽しみに。

超回避率のランスロット相手に大苦戦! イベント“生死を定める者たち”経過報告

 続いては、イベント“生死を定める者たち”……は、まだもうちょっとだけ期間が残っているので経過報告です。前回の“強攻の一手”同様、クリア時のポイントがアップしているので、12万ポイントで目玉報酬の“デュアルセンサーSSR”を入手するのはそれほど難しくなかったです。照準値特化型のパーツで、これまでの目玉報酬シリーズと同様、かなりの高性能になっています。

 今回も1回で5000ポイントを獲得できる上級に挑んだのですが、ボスであるランスロットにかなりの苦戦を強いられてしまったため、オートでも楽勝な1回4000ポイントの中級にランクダウンし、回数を多くこなすという方針にシフトしました。今回も75回クリアでSSR確定チケットがもらえるのですが、執筆時点でそちらは未達成。もう目前なのでがんばります!

  • ▲HPが減ると“熱血”、“必中”、“ひらめき”、“集中”を使うランスロット。集中は毎ターン使ってくるので、手に負えない回避率になってしまうことも。

 ところで、シナリオがないのでやや気づきにくいのですが、このイベント、実は序章“ワールド3”の“黒の騎士団”と同じ“河口湖”が舞台となっています。“ワールド3”では、ランスロットが現れると同時に自軍が撤退するので戦闘することはないのですが、もし少し遅れていたら、イベントのシチュエーションが実現していたかもしれません。そんな“if”のシナリオを妄想して楽しむのもおもしろいかも?

序章プレイレポート完結! 『コードギアス』と『ガンダム00』の世界“ワールド3”後半戦に挑む

 最後は、前回から引き続き序章“ワールド3”のプレイレポートをお届け! 前述の通り“生死を定める者たち”の舞台となった河口湖でのエピソードも含まれているので、ちょうどいいタイミングですね(笑)。

 前回、地球連合とザフトがにらみ合う世界から、ディーダリオンが開いたゲートによって転移してしまったアークエンジェルがたどり着いたのは、“神聖ブリタニア帝国”が強権を振るう世界。世界間の移動が初めてではないメグは、平行世界の日本の様子を見に行くよう進言します。その旅路で出会ったのは、なんとキラのストライクと同じ名を冠する“ソレスタルビーイング”のガンダム!!

 “エリア11”こと、平行世界の日本に潜入したメグたち。アッシュフォード学園の一生徒に身をやつした元皇位継承者のルルーシュは、孤立無援のアークエンジェルを世界への反逆のために利用しようと考え、接触を試みます。

 ゼロ(ルルーシュ)率いる黒の騎士団と一時は共闘するも、異世界への干渉を最小限に留めるべく、袂を分かったアークエンジェルは、ナリタ攻防戦に武力介入してきたソレスタルビーイングの保護を受けて身を隠そうとします。

 そこに襲い来るアンギルオン&マービュオン。後はいつものトリニティ・ゲート発動で、“ワールド3”は終了です。どうやら、どのルートもラストはほぼ同じ結末を迎えるようですね。

 さて……“ワールド2”は先行テストプレイ時に紹介していますので、これにて序章のプレイレポートは完結! 次回以降は1章Part1をプレイしていく予定です。バラバラだった4つの世界の部隊が、ひとつの道をともに歩む時が来る!?

 なお、11月6日からは新イベントが開催されることも告知されています。次回は、そちらもあわせて紹介できたらと思っていますので、乞うご期待!!

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C) SUNRISE/VVV Committee, MBS
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C) サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガADP
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)ダイナミック企画・東映アニメーション
(C)東映
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金