お手頃かつ高性能な『PICO 4』知ってる? 無料コンテンツが用意されたアプリも魅力的【電撃ベストバイ2022】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 小型で軽量なオールインワンVRヘッドセット『PICO 4』のレビューをお届けします。

まずは開封! オールインワンだから初期設定もラクラク

 まずは使用前に開封の儀から!


 パッケージはこんな感じ。シュリンクがしっかりかけられていて、メタリックで高級感があります。

 そこそこ大きいですが、総重量は約550gとそれほど重くはないので持ち運びも簡単。

 開封すると、このように本体+コントローラーが収納されています。

 隙間なくピッタリと収納されているので、パッケージに収納して保存しておきたい場合は、上記写真の収納方法を覚えておくといいでしょう。


 内容物を取り出すとこんな感じです。

 本体+コントローラーのほか、ストラップ、サイドストラップ、USB-Cケーブルおよび充電器が同梱されています。


 本体の保護シールを剥がし、ノーズパッドおよび眼鏡スペーサーを装着すれば、あとは起動して遊ぶことができます。

 眼鏡スペーサーのおかげでスペースが空くので、眼鏡を装着しながらの使用も可能です。

 なお、JiNS公式サイトで専用レンズを購入すると、眼鏡をかけずにプレイすることができるので、より快適にプレイしたい場合は購入もアリ! また、耳にかけないタイプでヘッドホンの邪魔にならない眼鏡も購入できるので要チェックです。

 ちなみにコントローラーは単三電池2本を使用します。電池2本分とあって少々重いですが、手にフィットするので持ち心地は快適です。なお、初期から電池はセットされています。

 また、激しい動きをするゲームをするときなどは、ストラップを装着しておくと安心です。


 本体右に電源ボタン、左にUSB-C端子があります。USB-C端子からPCにつなくごとで、内部データの取り出しなどが可能。

 とはいえ基本的にはオールインワンで、PCなどとケーブルを接続しなくても使用可能なので、初期設定などもラクラクです!

専用ストアからは体感的なVRゲームやVRチャットなどが楽しめる!

 『PICO 4』は外部機器は必要ありませんが、Wi-Fi環境は必須。

 最初の起動時は、Wi-Fi設定およびアカウントの取得が必要になります。

 最初だけではありますが、ヘッドマウントディスプレイを被りながらパスワードを入力するだけは少々大変でした(笑)。可能であれば、友人や家族にパスワードを読み上げてもらって入力するとスムーズかもしれません。

 4K対応ですが、コンテンツ自体の解像度にもよるので画質はそれなりといった印象。一部ビデオなどでは高精細な映像が楽しめたので、今後のコンテンツ追加に期待といったところです。

 カラーパススルー機能に対応しているのも『PICO 4』の特徴。本体を被った状態でも、周囲の状況をカメラで確認できます。ちょっと周囲の状況を確認したいときに便利で、この機能を活用したARアプリなどにも使えます。

 設定画面から“クイックシースルーモード”をオンにしておくことで、本体右側面を2回タップするだけでカラーパススルー機能をオンにすることが可能です。

 ゲームや各種アプリはストアから購入できます。基本的なラインナップは、PC(Steam)やMeta Questで遊べるものが多いですね。

 主に大画面でYouTubeなどの動画を見たり、直感的なVRゲームが楽しめます。

 レスポンスはそこまでサクサクではないものの、ストレスを感じるほど遅くはないですね。

 ゲームはVRらしい体感的な楽しさが味わえるタイトルが多いです。ほとんどは有料ソフトですが、一部無料で楽しめるものもあります。

 ストアのソフトラインナップはPC VRなどと比べると比較的少な目ですが、PCと接続することでPC VR用のゲームをプレイすることも可能。ただしその場合はゲーミングPCが必要になるので、少々ハードルは高めです。

 ほかのVR機器(PS VRなど)と比べると視野角が広いのが特徴で、より没入感のあるプレイができます。重量も軽く、フィット感が素晴らしいので長時間のゲームプレイが快適なのが最大の魅力ですね。

手っ取り早くVRの魅力を体験したいなら『PICO VIDEO』がオススメ!

 もうひとつ『PICO 4』ならではの魅力といえば、専用アプリ『PICO VIDEO』の存在。

 無料で楽しめるアプリで、3D映画やVR動画を楽しむことができます。そのほか、VRチャットなども利用できます。

 3D映画は、ラインナップは少ないですが、購入後しばらく(30日)は無料で楽しむことができます。

 『アメイジング・スパイダーマン2』などの有名作品もあり、今後のランナップ追加が楽しみですね。




 なにより楽しいのが、さまざまなVR動画を無料で気楽に見られること!

 世界各地の世界遺産を巡ったり、動物のしぐさを至近距離で観察したり、ジェットコースターなどの刺激的な体験をしたりと、VRならではの動画を楽しむことができます。

 本体購入後、手っ取り早くVRらしい体験をしたいなら『PICO VIDEO』を利用するといいでしょう。

 とくに可能性を感じたのはホラー系の動画。

 現状ではそこまで種類は多くないですが、こっくりさんをきっかけに怪奇現象が起こる動画など、興味深いものが多かったです。

 ネタ自体はオーソドックスですが、やはりホラーとVRの相性はヤバいくらい良好で、かなり怖い! ワイヤレスヘッドホンなどでより臨場感を高めることで、より没入感を楽しめます。

 VR機器のなかでは比較的安価ながら、長時間でも使いやすい取り回しのよさが魅力的な『PICO 4』。まだまだ対応ソフトは少ない点は、今後の追加に期待ですね。

 VRデビューにもピッタリなので、まだVRを体験したことがない人もぜひ触れてみてください!

関連する記事一覧はこちら