アニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編&無限列車編が1月20日よりABEMAで一挙配信!

電撃オンライン
公開日時

 アニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編&無限列車編が1月20日より2週連続で、ABEMAで一挙配信が行われます。

 以下、リリース原文を掲載します。

『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』公開記念!テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編&無限列車編1月20日(金)より2週連続一挙無料配信決定!〜新シリーズ開始前に炭治郎のこれまでの物語を振り返ろう〜

 新しい未来のテレビ「ABEMA」は、テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編、無限列車編を、2023年1月20日(金)より2週連続一挙無料配信いたします。

 テレビアニメ「鬼滅の刃」は、原作単行本全23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破した吾峠呼世晴による漫画作品を原作とする、ufotable制作によるアニメ作品です。

 ある日鬼に家族を皆殺しにされた少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹の禰󠄀豆子を人間に戻すため、“鬼狩り”の道を進む決意をすることから始まる本作は、2019年4月より『テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』の放送を開始し、2020年10月には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を公開。

 また、2021年10月から2022年2月には、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』も放送され、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となりました。

 2023年4月からは、新エピソードとなる刀鍛冶の里編の放送を予定しており、今後の展開に注目が集まっています。

 このたび、「ABEMAアニメ2チャンネル」にて、テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編、無限列車編の2週連続一挙無料配信が決定いたしました。

 本企画は、2023年2月3日(金)より日本のほか世界各地の映画館で順次公開される『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』を記念したもので、2023年1月20日(金)から1月22日(日)の3日間にわたり竈門炭治郎 立志編を、翌週の1月28日(土)、1月29日(日)に無限列車編を全話一挙無料配信いたします。

 また、期間限定無料配信も実施。1月20日(金)午前0時より竈門炭治郎 立志編を、1月27日(金)午前0時より無限列車編をそれぞれ1週間全話無料配信いたします。

 ぜひ、『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』と合わせて、「ABEMA」でテレビアニメ「鬼滅の刃」関連作品をご覧になり、刀鍛冶の里編の放送開始前に、炭治郎のこれまでの物語を振り返りましょう。

■『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』公開記念!テレビアニメ「鬼滅の刃」2週連続一挙無料配信 概要

『テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』一挙無料配信

<配信日時&番組ページ>
・前半(第一話〜第十四話)
配信日時:
2023年1月20日(金)昼12時30分〜、夜7時〜
2023年1月21日(土)昼12時〜
配信チャンネル:ABEMAアニメ2チャンネル
番組ページ:
昼12時30分の回
夜7時の回
昼12時の回

・後半(第十五話〜第二十六話)
配信日時:
2023年1月21日(土)夜6時30分〜
2023年1月22日(日)昼12時30分〜、夜6時〜
配信チャンネル:ABEMAアニメ2チャンネル
番組ページ:
夜6時30分の回
昼12時30分の回
夜6時の回

※2023年1月20日(金)午前0時から1月26日(木)夜11時59分までの1週間、『テレビアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』全話を無料でお楽しみいただけます。
番組ページ

『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』全話一挙無料配信

<配信日時&番組ページ>
配信日時:
2023年1月28日(土)夜9時〜
2023年1月29日(日)午後5時〜、夜8時30分〜
配信チャンネル:ABEMAアニメ2チャンネル
番組ページ:
夜9時の回
午後5時の回
夜8時30分の回

※2023年1月27日(金)午前0時から2月2日(木)夜11時59分までの1週間、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』全話を無料でお楽しみいただけます。
番組ページ

・『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』&スピンオフ作品『中高一貫!!キメツ学園物語』も全話配信中!「ABEMAプレミアム(※1)」ならいつでも見放題!

『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』

番組ページ

『中高一貫!!キメツ学園物語』

番組ページ

※1「ABEMAプレミアム」は月額960円で、「ABEMA」をより一層お楽しみいただけるプレミアムなプランです。


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

関連する記事一覧はこちら