『妖怪ウォッチ4』に『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎と目玉おやじが登場。新システム“魂カツ”の情報も到着

電撃オンライン
公開日時

 レベルファイブは、6月20日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』と、『ゲゲゲの鬼太郎』とのコラボが決定しました。

 本作の舞台は、時空を超えた4つの世界。プレイヤーは、シリーズでおなじみの主人公・ケータだけでなく、各世界のさまざまなキャラクターを操作できます。不思議なカギを使ってトビラを開き、雰囲気の異なる4つの世界を自由に走り回りましょう。

 公式サイトでは最新情報の他、オープニング映像が公開されています。

目玉おやじが行方不明!? 鬼太郎とともに捜索だ!

 ゲーム内のクエストに、『ゲゲゲの鬼太郎』より鬼太郎と目玉おやじが登場します。

 公園で鬼太郎と出会ったナツメら妖怪探偵団。どうやら目玉おやじがいなくなってしまったようで、捜索を手伝うことに。妖怪から目撃証言を聞き、目玉おやじを探し出しましょう。

ゲーム最新情報

4つの世界にそれぞれの“ガシャ”がある

 舞台となる4つの世界には、見た目の違うガシャマシンがそれぞれ存在します。物語が進むと、妖魔界にある“ガシャランド”という施設でいつでも引けるようになります。宝箱や報酬などでコインを入手して、たくさんガシャを引きましょう。

  • ▲ガシャの種類。左から、現代(ケータの世界)、未来(ナツメの世界)、過去(シンの世界)、妖魔界。

6人の“ウォッチ使い”を自分好みに育成しよう

 バトルに参加できるウォッチ使いは6人。それぞれ異なる武器やひっさつわざを持っています。さらに、ウォッチスキルを強化することで、バトルを有利に進められるようになります。戦略的にポイントを割り振って育成していきましょう。

 各キャラクターのウォッチに“妖”、“体”、“技”、“心”、“愛”、“友”という6つの系統があります。強化に必要なポイントは、バトルでのレベルアップなどで入手できます。

  • ▲選ばれしウォッチ使いは、ケータ、フミちゃん、ナツメ、トウマ、アキノリ、シンの6人。

新システム“魂カツ”で妖怪とともだちになろう

 本作では、妖怪とともだちになる方法が一新されています。バトル中に敵妖怪から“魂(こん)スイトール”をすることで、“魂(こん)”を入手。妖怪のチカラの結晶である“魂”と引き換えに、“魂カツ”の総合コンサルタントである“魂サル”がステキなともだちを紹介してくれます。

  • ▲魂サル

(C)LEVEL-5 Inc.

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている

  • メーカー: レベルファイブ
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年6月20日
  • 希望小売価格: 5,980円+税

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている(ダウンロード版)

  • メーカー: レベルファイブ
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年6月20日
  • 価格: 5,980円+税