男性声優×ゾンビ×EDM新感覚プロジェクト『HANDEAD ANTHEM』各チーム曲が4枚連続リリース決定

ガルスタオンライン
公開日時

 昨日11月10日AGF2019の噴水広場ステージにて、男性声優×ゾンビ×EDMプロジェクト『HANDEAD ANTHEM』(ハンデッドアンセム)が、2020年1月より「広島、高知、福岡、沖縄」各チーム曲を4枚連続リリースすることが発表されました。

 第1弾は広島が本部のB.U.H(ビーユーエイチ)の『fLeEk』(フリーク)に決定。楽曲はDanceDanceRevolutionシリーズオリジナル楽曲の大半をプロデュースしている人物として有名なNAOKI氏が担当します。

2020年1月より4枚連続リリース

 広島「B.U.H」、高知「夜鳴」、福岡「deva」、沖縄「HIGH-TIDE」がEDMに乗せ、それぞれアンセムソング(代表歌)を歌います。

第1弾:B.U.H
第2弾:夜鳴
第3弾:deva
第4弾:HIGH-TIDE

第1弾楽曲情報

タイトル:fLeEk
歌:三次利狂(声優: 増元拓也)、比作天外(声優:益山武明)、白島溺(声優:濱健人)、嘉間良眩(声優: 小松昌平)
発売日:2020年1月29日
収録曲/ドラマ
1. fLeEk
作詞・作曲・編曲 : NAOKI
2. fLeEk (inst)
3.Drama Track [未定]
4.Drama Track [未定]
※ドラマパートではB.U.Hの結成秘話が知れるストーリーとなっています。

『HANDEAD ANTHEM』(ハンデッドアンセム)とは

 若手男性声優4名(小松昌平、益山武明、増元拓也、濱健人)がビッグな大企業を目指すサクセスストーリー番組「K4カンパニー」が贈る、新キャラクター音楽プロジェクト。
 人気イラストレーターのカズアキ氏、さらちよみ氏、中原氏、ホームラン・拳氏がキャラクターデザインを務め、総勢16キャラクターのCVはすべて「K4カンパニー」の4名のみで担当しています。
 本作が提唱するゾンビの新解釈“ハンデッド”なる半死半生の人間を主役に、彼らが人気音楽ジャンル“EDM”を駆使しハンデッド布教活動に邁進していく姿を描きます。
 

『HANDEAD ANTHEM(ハンデッドアンセム)』あらすじ

 かつて、独裁者の洗脳により1日15時間労働を義務付けられ心が死んだ人間、通称<アライバー>は日常に夢も希望も見いだせないでいた。
 21xx年。
 アライバーの心を生き返らせることができる唯一の存在<ハンデッド>と呼ばれる半死半生のパッションゾンビが誕生。彼らは言った
―――「半分死んで幸せになろう!」
 のちに優秀なハンデッドだけを集めた組織「デッド&アライヴ(通称DAA)」が設立され、全人類ハンデッド化を目指し、洗脳されたアライバーに有効な音楽ジャンル「EDM」を駆使した布教活動を開始していく。
 特にカリスマ的魅力を発揮する広島本部・福岡支部・高知支部・沖縄支部はD4(ディーフォー)と呼ばれ、全ハンデッドの憧れの存在となった。
 彼らは今日も新たなハンデッド獲得に向け、邁進していく。

公式配信チャンネル『HANDEAD ANTHEM -ハンデッドアンセム-』

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCsf-F8FU21Rm1wmxyfMNs7w
ニコニコ動画: https://ch.nicovideo.jp/handead

『HANDEAD ANTHEM(ハンデッドアンセム)』登場人物

●B.U.H (ビーユーエイチ) (左から)
・三次利狂(みよし・りきょう/声優: 増元拓也)
・比作天外(ひっつくり・てんがい/声優: 益山武明)
・白島溺(はくしま・でき/声優: 濱健人)
・嘉間良眩(かまら・くらむ/声優: 小松昌平)

©NIZISTA, INC. All Rights Reserved.